青林書院



仮差押・仮処分の法律相談


青林法律相談〔全29巻+別冊〕


仮差押・仮処分の法律相談
 
編・著者羽成守 編
判 型A5
ページ数312
税込価格3,186円(本体価格:2,950円)
発行年月1996年02月
ISBN978-4-417-00956-6 (4-417-00956-2)
在庫品切れ
  
 品切れです

■解説
手続の充実,迅速化を図ることはもちろん,執行方法や効力を明確化した民事保全法(平成3年施行)。この民事保全手続で通常予想される手続の諸問題を60項目建て,理論と手続の実務に熟達した弁護士が解説する。その手続の高度なノーハウが凝縮された当事者必携の内容。[青林法律相談11]]
最新版は[新・青林法律相談10]として刊行中

■書籍内容
主要目次

第1章 総論
  民事保全法
   1民事保全法の特長
   2旧法との関係
  民事保全申立手続
   3管轄
   4保全命令申立書
   5審尋期日
   6事件記録の閲覧

第2章 仮差押命令
  仮差押命令の申立て
   7仮差押命令の申立手続
   8仮差押命令の対象
  各種仮差押命令
   9不動産仮差押命令
  10動産仮差押命令
  11債権等の仮差押命令
  12仮差押命令と審理
  13仮差押解放金

第3章 仮処分命令
  総則
  14仮処分の性質・手続
  15係争物に関する仮処分
  16仮の地位を定める仮処分
  17仮処分解放金
  登記請求権保全の仮処分
  18処分禁止仮処分の種類と申立て
  19処分禁止仮処分の効力
  20民事保全法53条1項の処分禁止仮処分登記の効力
  21保全仮登記の効力(1)
  22保全仮登記の効力(2)
  23保全仮登記の更正
  占有移転禁止の仮処分
  24占有移転禁止の仮処分の種類と申立て
  25占有移転禁止仮処分の効力
  26占有移転禁止の仮処分の執行と第三者の法的手段
  建物収去土地明渡請求権保全の仮処分
  27建物収去土地明渡請求権を保全する仮処分
  詐害行為取消権保全の仮処分
  28詐害行為取消権保全の仮処分の担保金額と解放金額
  29詐害行為取消権保全の仮処分の仮処分解放金に対する権利行使方法
  立担保と担保取消・取戻
  30仮差押えの担保の種類と金額
  31仮処分の担保の種類と金額
  32担保取消し

第4章 不服申立
  総則
  33不服申立の手続
  保全異議の裁判
  34保全異議手続
  35保全異議と執行停止
  36保全異議の審理
  37保全命令取消決定
  38現状回復の裁判
  保全取消し
  39保全取消しの方法
  40本案の訴え不提起・家事調停の場合
  41事情変更による保全取消し
  42保全抗告

第5章 保全命令の執行
  総則
  43保全命令の執行申立
  44保全執行手続
  45保全執行の取消し
  46第三者異議の訴え
  47執行停止書面
  48破産宣告との関係
  仮差押えの執行方法
  49不動産に対する執行
  50動産に対する執行
  51債権に対する執行
  52自動車に対する執行
  53仮差押解放金に対する執行
  54仮差押えから本執行への移行
  仮処分の執行方法
  55仮処分の執行
  56作為・不作為を命じる仮処分の執行
  57職務執行停止の仮処分の執行
  58動産、船舶、自動車に対する仮処分執行
  59債権に対する仮処分の執行
  60仮処分による仮登記と強制執行

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.