青林書院



民法V (契約総論)〔第521条〜第548条〕


注解法律学全集


民法V (契約総論)〔第521条〜第548条〕
 
編・著者遠藤浩 編
判 型A5
ページ数414
税込価格5,872円(本体価格:5,437円)
発行年月1997年02月
ISBN978-4-417-01000-5 (4-417-01000-5)
在庫有り
  
在庫があります

■解説
実務家が使用するのにも十分耐えうる最も詳細な類書に匹敵する最新コンメンタール。特に,約款論,信義則とのかかわりあいを綜合的に論じた序説が充実。「事実的契約関係」という新しい問題,危険負担,契約の解除など議論の多い問題点を,気鋭の学者や実務家が論ずる。[注解法律学全集14]

■書籍内容
主要目次

第3編 債権
 序説
  I  契約の意義と機能
  II  契約自由の原則
  III 約款
  IV  契約と信義誠実の原則
  V  契約の種類・類型
第2章 契約
 第1節 総則
  第1款 契約ノ成立
  〔第521条―第532条 前注〕
   I  本款(第一款)の内容
   II  契約成立の要件
   III 特殊な態様の契約の成立
  第521条〔承諾期間の定めある申込〕
  第522条〔承諾の延着と延着通知義務〕
  第523条〔遅延した承諾の効力〕
  第524条〔承諾期間の定めのない申込の拘束力〕
  第525条〔申込者の死亡・能力喪失と申込みの効力〕
  第526条〔隔地者間の契約の成立時期,意思の実現による契約の成立〕
  第527条〔申込取消の延着と通知〕
  第528条〔変更を加えた承諾〕
  第529条〔懸賞広告〕
  第530条〔懸賞広告の撤回〕
  第531条〔懸賞の報酬受領権者〕
  第532条〔優等懸賞広告〕
  第2款 契約ノ効力
  〔第533条―第539条 前注〕
   I  序説
   II  双務契約の特殊の能力
   III 原始的不能・後発的不能
   IV  契約の第三者に対する効力
  第533条〔同時履行の抗弁権〕
  〔第534条―第536条 前注〕
   I  危険負担の意義
   II  危険負担の成立要件
   III 危険負担に関する諸主義
   IV  瑕疵担保責任(570条)との関係
   V  任意規定
  第534条〔危険負担における債権者主義〕
  第535条〔同前〕
  第536条〔危険負担における債務者主義〕
  第537条〔第三者のためにする契約〕
  第538条〔第三者の権利の確定〕
  第539条〔債務者の抗弁権〕
  第3款 契約ノ解除
  〔第540条―第548条 前注〕
   I  解除の意義
   II  解除の類似の制度
   III 解除可能な契約の範囲
   IV  解除権の消滅時効または除斥期間
  第540条〔解除権の行使〕
  第541条〔履行遅滞による解除権〕
  第542条〔定期行為の解除権〕
  第543条〔履行不能による解除権〕
  第544条〔解除権の不可分性〕
  第545条〔解除の効果〕
  第546条〔解除の効果〕
  第547条〔催告による解除権の消滅〕
  第548条〔解除権者の行為等による解除権の消滅〕

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.