青林書院



憲法II 〔第21条〜第40条〕


注解法律学全集


憲法II 〔第21条〜第40条〕
 
編・著者樋口陽一/佐藤幸治/中村睦男/浦部法穂 共著
判 型A5
ページ数410
税込価格5,616円(本体価格:5,200円)
発行年月1997年08月
ISBN978-4-417-01040-1 (4-417-01040-4)
在庫品切れ
  
 品切れです

■解説
好評「注釈日本国憲法 上巻」を本巻と「憲法1(注解法律学全集1)」の二分冊にしてリニューアル。新憲法世代を代表する4名の学者による最新で最高の理論水準を誇る注解書。本巻は人権の主要条文の学説・判例を解説する。[注解法律学全集2]

■書籍内容
主要目次

第21条〔集会・結社・表現の自由、通信の秘密〕
第22条〔居住・移転・職業選択の自由、外国移住・国籍離脱の自由〕
第23条〔学問の自由〕
第24条〔家族生活における個人の尊厳・両性の平等〕
第25条〔国民の生存権、国の社会保障的義務〕
第26条〔教育を受ける権利、教育を受けさせる義務〕
第27条〔勤労の権利義務、勤労条件の基準、児童酷使の禁止〕
第28条〔勤労者の団結権・団体交渉権その他団体行動権〕
第29条〔財産権〕
第30条〔納税の義務〕
第31条〔適正法定手続の保障〕
第32条〔裁判を受ける権利〕
第33条〔逮捕の要件〕
第34条〔抑留・拘禁の要件、不法拘禁に対する保障〕
第35条〔住居の不可侵〕
第36条〔拷問および残虐刑の禁止〕
第37条〔刑事被告人の権利〕
第38条〔自己の不利益な供述、自白の証拠能力〕
第39条〔遡及処罰の禁止・一事不再理〕
第40条〔刑事補償〕

判例索引

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.