青林書院



大コンメンタール刑法〔第二版〕第1巻序論・第1条〜第34条の2


大コンメンタール刑法【第二版】〔全13巻〕


大コンメンタール刑法〔第二版〕第1巻序論・第1条〜第34条の2
 
編・著者大塚仁/河上和雄/佐藤文哉/古田佑紀 編
判 型A5
ページ数760
税込価格10,260円(本体価格:9,500円)
発行年月2004年10月
ISBN978-4-417-01201-6 (4-417-01201-6)
在庫有り
  
在庫があります

■解説
口語化された刑法典の新規定に対応したコンメンタール。最新判例,学説を増補・修訂。[大コンメンタール刑法〔第二版〕1]

ISBN978-4-417-01201-6

■書籍内容
主要目次

序 論
 刑法一般
 罪刑法定主義

第1編 総則

■第1章 通 則
 [前注]
 第1条(国内犯)
 第2条(すべての者の国外犯)
 第3条(国民の国外犯)
 第3条の2(国民以外の者の国外犯)
 第4条(公務員の国外犯)
 第4条の2(条約による国外犯)
 第5条(外国判決の効力)
 第6条(刑の変更)
 第7条(定義)
 第7条の2(定義)
 第8条(他の法令の罪に対する適用)

■第2章 刑
 [前注]
 第9条(刑の種類)
 第10条(刑の軽重)
 第11条(死刑)
 第12条(懲役)
 第13条(禁錮)
 第14条(有期の懲役及び禁錮の加減の限度)
 第15条(罰金)
 第16条(拘留)
 第17条(科料)
 第18条(労役場留置)
 第19条(没収)
 第19条の2(追徴)
 第20条(没収の制限)
 第21条(未決勾留日数の本刑算入)

■第3章 期間計算
 第22条(期間の計算)
 第23条(刑期の計算)
 第24条(受刑等の初日及び釈放)

■第4章 刑の執行猶予
 [前注]
 第25条(執行猶予)
 第25条の2(保護観察)
 第26条(執行猶予の必要的取消し)
 第26条の2(執行猶予の裁量的取消し)
 第26条の3(他の刑の執行猶予の取消し)
 第27条(猶予期間経過の効果)

■第5章 仮出獄
 [前注]
 第28条(仮出獄)
 第29条(仮出獄の取消し)
 第30条(仮出場)

■第6章 刑の時効及び刑の消滅
 [前注]
 第31条(刑の時効)
 第32条(時効の期間)
 第33条(時効の停止)
 第34条(時効の中断)
 第34条の2(刑の消滅)

判例索引

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.