青林書院



大コンメンタール刑法〔第二版〕第8巻第148条〜第173条


大コンメンタール刑法【第二版】〔全13巻〕


大コンメンタール刑法〔第二版〕第8巻第148条〜第173条
 
編・著者大塚仁/河上和雄/佐藤文哉/古田佑紀 編
判 型A5
ページ数400
税込価格6,156円(本体価格:5,700円)
発行年月2001年06月
ISBN978-4-417-01208-5 (4-417-01208-3)
在庫有り
  
在庫があります

■解説
口語化された刑法典の新規定に対応したコンメンタール。最新判例,学説を増補・修訂。[大コンメンタール刑法〔第二版〕8]

新 ISBN978-4-417-01208-5

■書籍内容
主要目次

■第16章 通貨偽造の罪
 [前注]
 第148条(通貨偽造及び行使等)
 第149条(外国通貨偽造及び行使等)
 第150条(偽造通貨等収得)
 第151条(未遂罪)
 第152条(収得後知情行使等)
 第153条(通貨偽造等準備)

■第17章 文書偽造の罪
 [前注]
  I 文書偽造の罪の性格・類別
  II 文書の概念
  III偽造の概念
  IV 変造の概念
  V 虚偽文書の作成の概念
  VI 行使の概念
  VII行使の目的
  VIII文書偽造の罪の罪数を定める標準
  IX 国外犯
 第154条(詔書偽造等)
 第155条(公文書偽造等)
 第156条(虚偽公文書作成等)
 第157条(公正証書原本不実記載等)
 第158条(偽造公文書行使等)
 第159条(私文書偽造等)
 第160条(虚偽診断書等作成)
 第161条(偽造私文書等行使)
 第161条の2(電磁的記録不正作出及び供用)

■第18章 有価証券偽造の罪
 [前注]
 第162条(有価証券偽造等)
 第163条(偽造有価証券行使等)

■第19章 印章偽造の罪
 [前注]
 第164条(御璽偽造及び不正使用等)
 第165条(公印偽造及び不正使用等)
 第166条(公記号偽造及び不正使用等)
 第167条(私印偽造及び不正使用等)
 第168条(未遂罪)

■第20章 偽証の罪
 [前注]
 第169条(偽証)
 第170条(自白による刑の減免)
 第171条(虚偽鑑定等)

■第21章 虚偽告訴の罪
 [前注]
 第172条(虚偽告訴等)
 第173条(自白による刑の減免)

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.