青林書院



交通損害訴訟法


新・裁判実務大系〔全30巻〕


交通損害訴訟法
 
編・著者塩崎勤/園部秀穗 編
判 型A5
ページ数480
税込価格5,292円(本体価格:4,900円)
発行年月2003年03月
ISBN978-4-417-01220-7 (4-417-01220-2)
在庫品切れ
  
 品切れです

■解説
交通事故に関する訴訟の現代的諸論点を,問題を例示しながら理論と実務との両面から解説する。[新・裁判実務大系5]

■書籍内容
主要目次

I 総  論

1 不法行為責任と医療過誤
2 自賠法三条の運行供用者責任と製造物責任
3 自賠法三条と道路管理者責任
4 損害賠償請求権の時効と中断

II 責  任

5 未成年者と親の責任
6 共同運行供用者と自賠法三条の他人性
7 好意同乗
8 事故の競合
9 免  責

III 損  害

10 被害者の事故後の自殺
11 植物人間
12 後遺障害と逸失利益
13 幼児、外国人、高齢者の逸失利益
14 間接被害者の損害
15 サラリーマンの逸失利益
 16 車両障害
17 素因減額
18 慰謝料
19 損益相殺
20 治療関係費

IV 保  険

21 政府の自動車損害保障事業
22 被害者の直接請求
23 免  責

V 訴訟関係

24 審理の特色
25 民事交通事件の処理と弁護士の役割
26 ADR
27 債務不存在確認訴訟
28 保全処分
29 損害賠償算定基準等の意義

判例索引


=================================================================================

【編 者】

 塩崎   勤(桐蔭横浜大学教授・弁護士)
  園部  秀穗(千葉地方裁判所判事)

【執筆者】

南   敏文(徳島地方・家庭裁判所判事)
  塩崎   勤(桐蔭横浜大学教授・弁護士)
  北河  隆之(弁護士)
  古笛  恵子(弁護士)
  杉田  雅彦(弁護士)
  三浦   潤(大阪地方裁判所判事)
  大須賀 寛之(総務省総合通信基盤局電気通信利用環境整備室課長補佐)
  滝澤  孝臣(東京地方裁判所判事)
  藤村  和夫(国士舘大学教授)
  児玉  康夫(弁護士)
  影浦  直人(大分地方・家庭裁判所判事)
  波多江久美子(弁護士)
  松谷  佳樹(徳島地方・家庭裁判所判事)
  中村   心(宮崎地方裁判所判事補)
  夏目  明次別掌轍庵亙・枷十衄住・
  見米   正(千葉地方裁判所判事)
  田島  純藏(弁護士)
  小賀野 晶一(千葉大学教授)
  馬場  純夫(山形地方裁判所酒田支部判事)
  田原 美奈子(元東京家庭裁判所判事補)
  堺   充廣(弁護士)
  伊藤  文夫(損害保険料率算出機構特別職)
  木ノ元 直樹(弁護士)
  高野  真人(弁護士)
  園部  秀穗(千葉地方裁判所判事)
  山添  春樹(千葉家庭裁判所少年訟廷管理官)
  佐々木 一彦(弁護士)
  栗宇  一樹(弁護士)
  山崎  秀尚(名古屋地方裁判所一宮支部判事)
  若林  弘樹(弁護士)
  村山  浩昭(福島地方裁判所いわき支部判事)

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.