青林書院



独占禁止法の法律相談


青林法律相談〔全29巻+別冊〕


独占禁止法の法律相談
 
編・著者小林覚ほか著
判 型A5
ページ数426
税込価格4,320円(本体価格:4,000円)
発行年月2000年08月
ISBN978-4-417-01259-7 (4-417-01259-8)
在庫品切れ
  
 品切れです

■解説
独禁法体系のキーワードから具体的事例までをQ&A形式で実践的に示しつつ難解な法律の正
確な法律知識と対処法を提供する。[青林法律相談26]
最新版は[新・青林法律相談16]として刊行中

■書籍内容
主要目次

第I部 独占禁止法のキーワード
1 独禁法とは
2 事業者
3 競争
4 競争の実質的制限と公正競争阻害性
5 一定の取引分野
6 ガイドライン
7 「事業者団体ガイドライン」
8 「入札ガイドライン」
9 「流通・取引慣行ガイドライン」
10「特許ノウハウライセンス契約ガイドライン」
11「共同研究開発ガイドライン」
12「企業結合ガイドライン」
13 下請法
14 景表法
15 公正取引協議会と公正競争規約

第II部 独占禁止法の体系
16 私的独占の禁止
17 不当な取引制限の禁止(カルテルの規制)
18 不公正な取引方法の禁止
19 企業結合の規制(1)
20 企業結合の規制(2)
21 持株会社
22 適用除外制度
23 国際契約
24 公正取引委員会の手続(1)-組織と権限
25 公正取引委員会の手続(2)-違反事件の処理
26 公正取引委員会の手続(3)-審査・審判手続・審決取消訴訟
27 公正取引委員会の手続(4)-刑事告発・行政罰
28 公正取引委員会の手続(5)-課徴金制度
29 行政指導と独占禁止法
30 民事的救済(1)-損害賠償請求訴訟
31 民事的救済(2)-株主代表訴訟
32 民事的救済(3)-私法上の効力と私訴
33 知的財産と独占禁止法
34 海外の独占禁止法(1)-アメリカ合衆国の独占禁止法
35 海外の独占禁止法(2)-EUの独占禁止法
36 海外の独占禁止法(3)-独占禁止法の域外適用

第III部 独占禁止法のケース・スタディ
37 価格カルテル
38 入札談合
39 合 併
40 共同事業
41 事業者団体(1)-価格カルテル
42 事業者団体(2)-情報交換
43 事業者団体(3)-参入規制
44 事業者団体(4)-自主規格
45 取引拒絶
46 差別対価
47 差別的取扱い
49 顧客誘因
50 抱き合わせ販売
51 排他条件付取引-専売制
52 再販売価格の拘束(1)
53 再販売価格の拘束(2)
54 再販売価格の拘束(3)
55 再販売価格の拘束(4)
56 拘束条件付取引(1)-販売先制限(帳合取引)
57 拘束条件付取引(2)-競争品の取扱制限
58 拘束条件付取引(3)-販売地域制限
59 拘束条件付取引(4)-販売方法制限
60 優越的地位の濫用(1)−押し付け販売・協賛金の強要
61 優越的地位の濫用(2)−歩積両建預金
62 取引妨害
63 リベート
64 総代理店(1)
65 総代理店(2)
66 並行輸入の妨害(1)
67 並行輸入の妨害(2)
68 フランチャイズ契約(1)-契約の終了
69 フランチャイズ契約(2)-ブランドイメージの保護
70 継続的取引の打ち切り
71 景品の規制
72 表示の規制(1)−有利誤認
73 表示の規制(2)−比較広告
74 特許ノウハウライセンス(1)
75 特許ノウハウライセンス(2)
76 特許ノウハウライセンス(3)
77 特許ノウハウライセンス(4)
78 特許ノウハウライセンス(5)
79 商標ライセンス
80 共同研究開発(1)
81 共同研究開発(2)
82 共同研究開発(3)
83 共同研究開発(4)
84 違反事件の申告方法
85 立入調査への対応

文献表

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.