青林書院



内田文昭先生古稀祝賀論文集


内田文昭先生古稀祝賀論文集
 
編・著者論文集編集委員会 編
判 型A5
ページ数604
税込価格12,960円(本体価格:12,000円)
発行年月2002年12月
ISBN978-4-417-01318-1 (4-417-01318-7)
在庫僅少
  
在庫僅少です

■解説
刑法の碩学内田文昭先生の古稀を記念して編んだ論文集。刑法学者30余名の書き下ろし論文を収録する。

■書籍内容
主要目次

・規範的危険概念への道程 北野 通世

・わが国の客観的帰属論   曽根 威彦

・臓器移植における「提供意思」について   城下 裕二

・スポーツ傷害の刑事責任 西村 秀二

・誤想過剰防衛に関する覚書
  ―とくに最高裁昭和62年3月26日決定に関連して― 岡本  勝

・予防防衛について
  ―人によって惹起された危険に対する防衛的緊急避難―        大嶋 一泰

・強要による行為について                       大沼 邦弘

・責任,統合予防そして行為者―被害者―仲介・和解の刑法理論的
  位置価値―責任主義再論―   吉田 敏雄

・「精神障害」と刑事責任能力:再考・再論 町野  朔

・「原因において自由な行為」小論 丸山  治

・原因において自由な行為の仮称問題と現実問題             長井  圓

・意識の明瞭性の欠落と未必の故意   小野寺一浩

・間接正犯の錯誤と刑法38条   川端  博

・過失犯の共同正犯    大越 義久

・続「身分と共犯」再論   西田 典之

・牽連犯 山火 正則

・傷害概念の再検討   河上 和雄

・個人的法益としての「名誉」概念
  ―団体に対する名誉侵害を手がかりとして―         丸山 雅夫

・親族間の財産犯罪 林 美月子

・多衆不解散罪の本質   中村  勉

・国会議員の職務権限―その準備的考察   堀内 捷三

・ / 「犯罪の歴史」について 武田 紀夫

・刑法犯と秩序違反の違いについての一考察
  ―ドイツの動物保護法の場合―        伊藤  司

・人クローン個体産生罪について   長井 長信

・診療の補助行為と刑事規制 福山 道義

・麻薬特例法における「不法収益」の没収・追徴 山本 輝之

・捜査官の欺罔による「承諾」と手続の適正    白取 祐司

・軽微犯罪の逮捕・拘留と事件単位の原則 渡辺 咲子

・わが国の刑訴法は実質的真実主義を採用していない
  ―日本の刑事裁判における事実認定論についての疑問― 小野坂 弘

・精神的に問題のある被告人等のための特別法廷
  ―ワシントン州キング郡裁判所のあたらしい試み―  島  伸一

・児童虐待への社会的対応システムの構築に向けて 岩井 宣子

=================================================================================

■執筆者紹介〔敬称略・掲載順〕

北野 通世 (山形大学教授)
曽根 威彦 (早稲田大学教授)
城下 裕二 (明治学院大学教授)
西村 秀二 (富山大学教授)
岡本  勝 (東北大学教授)
大嶋 一泰 (関東学園大学教授)
大沼 邦弘 (成城大学教授)
吉田 敏雄 (北海学園大学教授)
町野  朔 (上智大学教授)
丸山  治 (北海学園大学教授)
長井  圓 (神奈川大学教授)
小野寺一浩 (福岡大学教授)
川端  博 (明治大学教授)
大越 義久 (東京大学教授)
西田 典之 (東京大学教授)
山火 正則 (神奈川大学教授)
河上 和雄 (駿河台大学教授・弁護士)
丸山 雅夫 (南山大学教授)
林 美月子 (神奈川大学教授)
中村  勉 (帝京大学教授)
堀内 捷三 (法政大学教授)
武田 紀夫 (東北学院大学教授)
伊藤  司 (九州大学教授)
長井 長信 (北海道大学教授)
福山 道義 (福岡大学教授)
山本 輝之 (帝京大学教授)
白取 祐司 (北海道大学教授)
渡辺 咲子 (東京高等検察庁検事)
小野坂 弘 (新潟大学教授)
島  伸一 (駿河台大学教授・弁護士)
岩井 宣子 (専修大学教授)

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.