青林書院



民事証拠法大系 第3巻 各論I 人 証



民事証拠法大系 第3巻 各論I 人 証
 
編・著者編集代表 門口正人
判 型A5
ページ数336
税込価格3,564円(本体価格:3,300円)
発行年月2003年03月
ISBN978-4-417-01332-7 (4-417-01332-2)
在庫有り
  
在庫があります

■解説
民事裁判における「証拠」及び「証拠調べ手続」について,実務に蓄積された成果を〔全5巻〕に体系化し,今後のプラクティスのあり方を展望する。シリーズ第1回配本となる本巻は,各論分野の第1分冊として人証に関する論点を取り扱う。[民事証拠法大系3]

■書籍内容
主要目次

1 証人義務

 〔1〕 証人義務の性質,内容等
 〔2〕 不出頭に対する過料,罰金及び勾引
 〔3〕 出頭確保のための実務上の工夫
 〔4〕 宣誓義務,宣誓の方法等

2 公務員の尋問

 〔1〕 現行法191条の改正の経緯
 〔2〕 「職務上の秘密」の意義
 〔3〕 承認の要件
 〔4〕 「職務上の秘密」ないしは「公共の利益を害し,又は公務の遂行に著しい支障を
     生ずるおそれがある場合」に該当するか否かの判断権者
 〔5〕 承認を得る手続

3 証言拒絶権

 〔1〕 はじめに
 〔2〕 民訴法改正による改正点
 〔3〕 証言拒絶権の趣旨等
 〔4〕 196条の証言拒絶権について
 〔5〕 医師その他の守秘義務を負う者の証言拒絶権
 〔6〕 技術又は職業の秘密についての証言拒絶権
 〔7〕 証人尋問手続の運用と証言拒絶権
 〔8〕 おわりに

4 証人尋問の手続

 〔1〕 証人尋問の申出,採否及び呼出し
 〔2〕 尋問の主体,順序
 〔3〕 尋問の規制
 〔4〕 証人尋問の工夫等

5 当事者尋問

 〔1〕 当事者尋問の意義及びその証拠上の位置付け
 〔2〕 出頭・宣誓・供述義務等についての証人との異同

6 人証の特別な取調べ方法

 〔1〕 書面尋問
 〔2〕 テレビ会議の方法による尋問
 〔3〕 少額訴訟における電話会議の方法による証人尋問

7 受命裁判官・受託裁判官による人証の取調べ

 〔1〕 口頭弁論及び審理方式に関する原則
 〔2〕 証拠調べの原則
 〔3〕 裁判所外における証拠調べ
 〔4〕 受命裁判官又は受託裁判官による証拠調べ
 〔5〕 大規模訴訟における特則

8 人証の取調べの充実・合理化

 〔1〕 争点中心主義の審理
 〔2〕 陳述書の活用
 〔3〕 尋問の方法の工夫

9 集中証拠調べ

 〔1〕 はじめに
 〔2〕 事前準備
 〔3〕 尋問期日の運営
 〔4〕 集中証拠調べの実施の実情──弁護士実務の実情を踏まえて

10 人証取調べの結果の記録

 〔1〕 証人等調書の作成──供述の記録化の方法
 〔2〕 要領調書
 〔3〕 逐語的調書
 〔4〕 調書の省略と調書の記載に代わる録音テープ等への記録

索  引
判例索引
事項索引

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.