青林書院



知的財産権重要判決要約集−侵害訴訟編−


知的財産権重要判決要約集−侵害訴訟編−
 
編・著者荒垣恒輝 著
判 型A5
ページ数684
税込価格7,020円(本体価格:6,500円)
発行年月2003年11月
ISBN978-4-417-01346-4 (4-417-01346-2)
在庫有り
  
在庫があります

■解説
昭和50年代以降の知財重要判決(侵害訴訟)のエッセンスをまとめた要約集。著者自らが全文を精読し,各判決のポイントを解説する。各判決の内容が即座にわかる。知財実務のみならず弁理士試験対策にも有効。

■書籍内容
主要目次

■第A編 特許・実用新案

大阪地判昭53・12・19〈昭和43年(ワ)第3091号〉(ビニールレール事件)
東京高判昭53・12・20〈昭和51年(ネ)第783号〉(ボールベアリング組立装置事件)
大阪地決昭54・1・10〈昭和53年(ヨ)第4589号〉(ジピリダモール事件)
大阪地判昭54・2・16〈昭和52年(ワ)第3654号〉(間接侵害事件)
大阪地判昭54・2・28〈昭和52年(ワ)第2236号・第3461号〉(人工植毛事件)
東京地判昭54・3・23〈昭和48年(ワ)第4882号〉(ジピリダモール事件)
名古屋高判昭54・4・25〈昭和51年(ネ)第505号〉
〔原審・名古屋地裁昭和47年(ワ)第1550号〕(海苔原料自動調合方法及びその装置)
東京高判昭54・5・9〈昭和53年(ネ)第1009号・第3317号〉
〔原審・静岡地裁浜松支部昭和49年(ワ)第271号〕(通常実施権の登録請求事件)
大阪地判昭54・10・17〈昭和52年(ワ)第6183号〉(ビタミンEニコチン酸エステル事件)
大阪地判昭54・12・14〈昭和52年(ワ)第4423号,昭和53年(ワ)第1909号〉
(椅子枠事件)
大阪地判昭55・2・29〈昭和53年(ワ)第952号〉(加熱造形機事件)
東京地判昭55・4・23〈昭和53年(ワ)第9231号〉(セメント生瓦事件)
東京地判昭55・5・9〈昭和52年(ワ)第7998号〉(生検針事件)
大阪地決昭55・5・20〈昭和54年(ヨ)第202号〉(スルピリド事件)
大阪地判昭55・7・18〈昭和53年(ワ)第1760号〉
(侵害不成立と停止条件付実施料返還条項)
大阪地判昭55・7・25〈昭和52年(ワ)第5768号〉(モルタルコーナー事件)
東京高判昭55・9・25〈昭和50年(ネ)第1972号〉
〔原審・東京地裁昭和40年(ワ)第11018号〕(高温高圧装置事件)
大阪地判昭55・10・31〈昭和50年(ワ)第3925号・第4016号,昭和54年(ワ)第4824号〉
(タイヤの製法事件)
大阪地決昭55・12・15〈昭和55年(モ)第9280号〉(スルピリド事件)
東京地判昭56・2・25〈昭和50年(ワ)第9647号〉(交換レンズ事件)
東京地判昭56・3・30〈昭和53年(ワ)第6942号〉(貼紙防止カバー事件)
大阪地決昭56・4・9〈昭和56年(ヨ)第52号〉(合成樹脂製水仕事用靴事件)
東京地判昭56・5・18〈昭和52年(ワ)第5875号〉(牛乳パック事件)
最〔3小〕判昭56・6・30〈昭和54年(オ)第336号〉
(考案の技術的範囲と製造方法の相違)
大阪地判昭56・10・16〈昭和54年(ワ)第7850号〉(自動保温容器事件)
大阪地判昭57・3・26〈昭和55年(ワ)第830号〉(ポータブルトイレ事件)
東京高判昭57・5・20〈昭和56年(ネ)第1681号〉
〔原審・横浜地裁川崎支部昭和53年(ワ)第144号〕(均等が認められた事件)
大阪地判昭57・5・28〈昭和52年(ワ)第3958号〉(黒板筆記用インキ事件)
東京地判昭57・5・31〈昭和53年(ワ)第8800号〉(ガソリン機関事件)
東京高判昭57・6・30〈昭和54年(ネ)第825号〉
〔原審・東京地裁昭和48年(ワ)第4882号〕(ジピリダモール事件〔控訴審〕)
東京高判昭57・7・20〈昭和56年(ネ)第609号〉
〔原審・水戸地裁昭和53年(ヨ)第11号〕(あぜ成型装置事件)
大阪地判昭57・8・31〈昭和55年(ワ)第427号〉(蚊取線香事件)
東京地判昭57・9・29〈昭和56年(ワ)第4733号〉(プレキャスト事件)
大阪地判昭57・10・5〈昭和52年(ワ)第4979号〉(石油ストーブ用芯事件)
東京地判昭57・11・29〈昭和51年(ワ)第5417号〉(静電塗装事件)
東京地判昭57・11・29〈昭和55年(ワ)第2981号〉(実施料の不返還条項)
大阪地判昭57・11・30〈昭和52年(ワ)第2708号〉(選穀機事件)
大阪地判昭57・11・30〈昭和52年(ワ)第4153号〉(樋受金具事件)
大阪地判昭58・2・16〈昭和53年(ワ)第6613号〉(選穀機事件)
大阪地判昭58・5・27〈昭和52年(ワ)第5686号,昭和56年(ワ)第6457号〉
(ゴルフバッグ用モノレール事件)
東京地判昭58・5・30〈昭和52年(ワ)第12448号〉
(フラッシュランプ用トリガコイル事件)
東京地判昭58・9・28〈昭和51年(ワ)第10585号〉(ポンプ装置事件)
東京地判昭58・9・28〈昭和50年(ワ)第4671号〉
(商行為によって生じた債権の消滅時効)
大阪地判昭59・4・26〈昭和58年(ワ)第3453号〉(取付金具事件)
福島地郡山支判昭59・4・26〈昭和57年(ワ)第166号〉(断熱材事件)
東京高判昭59・7・17〈昭和54年(ネ)第2813号〉
〔原審・東京地裁昭和47年(ワ)第4205号〕(耐衝撃性ポリスチレン事件)
名古屋地判昭59・8・31〈昭和56年(ワ)第558号〉(筆入れ事件)
大阪地判昭59・9・20〈昭和59年(モ)第2907号〉(コンベアー付き自走車事件)
東京地判昭59・10・26〈昭和55年(ワ)第429号〉(人工ダイアモンド事件)
東京地判昭60・4・26〈昭和58年(ワ)第1689号〉(患者移動機事件)
大阪地判昭60・5・31〈昭和56年(ワ)第5287号〉(改装窓枠事件)
大阪地判昭60・7・26〈昭和58年(ワ)第785号〉(遊星歯車装置事件)
大阪地判昭60・7・26〈昭和58年(ワ)第1713号〉(ドリルねじ事件)
東京地判昭60・10・30〈昭和58年(ワ)第10654号〉(プラスチックエレメント事件)
東京地判昭61・2・26〈昭和56年(ワ)第2886号〉(パチンコ遊技機事件)
大阪地判昭61・3・14〈昭和59年(ワ)第8943号〉(電気かみそり事件)
大阪地判昭61・5・23〈昭和60年(ワ)第3515号〉(繊維分離装置事件)
最〔2小〕判昭61・10・3〈昭和61年(オ)第454号〉(加熱炉事件)
名古屋地判昭62・4・27〈昭和56年(ワ)第1360号〉(石油ストーブ事件)
東京地判昭62・7・10〈昭和60年(ワ)第7463号・第6428号,昭和61年(ワ)第671号〉
(除草剤事件)
大阪地判昭62・11・25〈昭和59年(ワ)第7127号〉(寄木模様建材事件)
名古屋地判昭62・12・21〈昭和60年(ワ)第3026号〉(木質耐火壁組込工法)
東京地判昭63・2・29〈昭和59年(ワ)第2996号〉
(コンタクト・レンズ洗浄用錠剤事件−間接侵害の成否)
大阪地判昭63・3・17〈昭和59年(ワ)第3876号(甲事件),
昭和60年(ワ)第1726号(乙事件)〉(芯地事件)
東京地判昭63・9・28〈昭和59年(ワ)第7200号・第7202号・第7205号〉(陳列棚車事件)
東京地判平元・2・10〈昭和61年(ワ)第3891号,昭和63年(ワ)第14700号〉
(専用実施権設定契約の解除と賠償責任)
大阪地判平元・3・13〈昭和62年(ワ)第5849号〉(かいわれ大根事件)
大阪地判平元・4・24〈昭和60年(ワ)第6851号〉(打撃板事件―間接侵害の成否)
東京地判平元・9・27〈昭和63年(ワ)第2295号〉(なす鐶事件)
名古屋地判平元・10・20〈昭和57年(ワ)第2303号〉(ユニオン接手事件)
東京地判平2・7・20〈昭和62年(ワ)第6520号〉(ウィンドサーフィン事件)
東京地判平2・11・28〈平成元年(ワ)第4033号〉(イオン歯ブラシ事件)
大阪地判平3・2・27〈平成元年(ワ)第7139号〉(使い捨てカイロ事件)
大阪地判平3・5・29〈平成元年(ワ)第10099号〉(玉貸機事件)
大阪地判平3・10・30〈昭和62年(ワ)第7956号〉(血栓溶解剤「t-PA」事件)
大阪地判平3・12・25〈昭和63年(ワ)第8040号(第1事件),
平成2年(ワ)第6068号(第2事件)〉(ピペミド酸3水和物事件)
大阪高判平4・1・31〈平成2年(ネ)第2325号〉(電子晴雨計事件)
東京地判平4・9・25〈平成3年(ワ)第5306号〉(患者用移動介助装置)
東京地判平4・10・23〈平成2年(ワ)第12094号〉(ケトチフェン事件)
東京地判平5・1・22〈平成元年(ワ)第1986号〉(双眼鏡事件)
東京地判平5・4・16〈平成3年(モ)第6187号・第6188号・第6189号〉
(エルカトニン事件)
大阪地判平5・4・20〈平成4年(ワ)第472号〉(アーチ形防音壁事件)
大阪地判平5・5・25〈昭和62年(ワ)第12465号〉(特許権侵害差止等請求事件)
東京地判平5・5・28〈平成元年(ワ)第2937号〉(ルツボ事件)
東京高判平6・2・3〈平成3年(ネ)第1627号〉
〔原審・東京地裁昭和58年(ワ)第12677号〕
(ボールスプライン軸受事件)
大阪高判平6・2・25〈平成3年(ネ)第2485号〉
〔原審・大阪地判平3・10・30昭和62年(ワ)第7956号〕
(血栓溶解剤「t-PA」事件〔控訴審〕)
静岡地判平6・3・25〈平成2年(ワ)第360号,平成4年(ワ)第524号〉
(アルファカルシドール事件 製法1(静岡版))
東京地判平6・7・22〈平成4年(ワ)第16565号〉(BBS事件)
大阪地判平6・10・27〈平成元年(ワ)第7961号〉(245-Met-t-PA事件)
東京高判平7・3・23〈平成6年(ネ)第3272号〉
〔原審・東京地裁平成4年(ワ)第16565号〕
(BBS事件〔控訴審〕)
大阪地判平7・4・13〈平成5年(ワ)第2996号〉(コンクリート型枠事件)
大阪地判平7・5・30〈平成5年(ワ)第7332号〉(配線用引出棒事件)
東京地判平8・2・23〈平成元年(ワ)第16274号〉(輪転印刷機事件)
大阪地判平8・2・29〈(本訴)平成6年(ワ)第4263号,(反訴)平成7年
(ワ)第3893号〉(ガスセンサ事件)
大阪地判平8・3・26〈平成6年(ワ)第884号〉(ラベル事件)
大阪高判平8・3・29〈平成6年(ネ)第3292号〉
〔原審・大阪地裁平成元年(ワ)第7961号〕
(245-Met-t-PA事件〔控訴審〕)
東京地判平8・4・19〈平成6年(ワ)第23360号,平成7年(ワ)第810号〉
(ロキソプロフェン事件)
大阪地判平8・4・30〈平成6年(ワ)第12744号〉(ケレン機事件)
大阪地判平8・6・27〈平成7年(ワ)第3436号〉(パイプ事件)
東京地判平8・10・18〈平成6年(ワ)第16290号〉(鉄筋コンクリート事件)
東京地判平8・12・20〈平成5年(ワ)第11242号〉(ヒンジ事件)
東京地判平9・4・11〈平成7年(ワ)第12291号・第13704号・第17792号,
平成8年(ワ)第14945号・第16944号〉(ノルフロキサシン事件)
最〔3小〕判平9・7・1〈平成7年(オ)第1988号〉(BBS事件〔上告審〕)
東京地判平9・7・18〈平成8年(ワ)第7430号〉(塩酸プロカテロール事件)
東京高判平9・9・10〈平成6年(ネ)第3790号〉
〔原審・東京地裁平成3年(ワ)第9782号〕(キルビー275特許事件)
神戸地判平9・11・19〈平成7年(ワ)第290号〉(杭打工法事件)
東京地判平9・11・28〈平成7年(ワ)第23005号〉(ミコナゾール事件)
最〔3小〕判平10・2・24〈平成6年(オ)第1083号〉
(ボールスプライン軸受事件〔上告審〕)
東京地判平10・3・30〈平成7年(ワ)第10353号〉(整形外科用ギプス事件)
東京地判平10・7・24〈平成5年(ワ)第20005号,平成9年(ワ)第982号〉
(ライター事件)
東京地判平10・10・12〈平成5年(ワ)第11876号〉(シメチジン侵害事件)
東京地判平10・10・23〈平成8年(ワ)第3969号〉(医療用袋事件)
東京地判平11・1・28〈平成8年(ワ)第14828号・第14833号〉
(ジクロフェナク徐放性製剤事件)
和歌山地判平11・3・10〈平成7年(ワ)第464号〉(再帰反射シート事件)
最〔2小〕判平11・4・16〈平成10年(受)第153号〉
〔原審・大阪高裁平成9年(ネ)第1476号,
平成10年5月13日判決〕(臨床試験特許権侵害事件)
東京地判平11・4・22〈平成9年(ワ)第23109号〉(カードリーダー事件)
大阪地判平11・5・27〈平成8年(ワ)第12220号〉(注射方法事件)
東京地判平11・7・16〈平成8年(ワ)第6636号〉(悪路脱出器事件)
東京地判平11・10・6〈平成8年(ワ)第21841号〉(ゴルフクラブ事件)
大阪地判平11・10・7〈平成10年(ワ)第520号〉(油圧式フォーク事件)
東京地判平11・12・14〈平成8年(ワ)第19970号〉(カテーテル事件)
東京地判平11・12・21〈平成10年(ワ)第8345号・第17998号〉(帆立貝事件)
東京地判平11・12・24〈平成11年(行ウ)第216号〉(実用新案技術評価取消請求事件)
東京地判平12・1・28〈平成9年(ワ)第24711号〉(気体エッチング事件)
東京地判平12・1・31〈平成7年(ワ)第4566号,平成9年(ワ)第24447号〉
(酪酸菌培養物整腸剤事件)
東京地判平12・2・29〈平成6年(ワ)第22487号〉(立方晶型窒化硼素焼結体事件)
東京地判平12・3・23〈平成10年(ワ)第11453号〉(海苔異物除去機事件)
東京地判平12・3・27〈平成2年(ワ)第5678号・第14203号,
平成9年(ワ)第11653号・第20755号〉(N-置換アントラニル酸誘導体事件)
最〔3小〕判平12・4・11〈平成10年(オ)第364号〉(キルビー275特許事件〔上告審〕)
東京地判平12・4・27〈平成10年(ワ)第10545号〉(ポリカーボネート先使用事件)
大阪地判平12・5・23〈(本訴)平成7年(ワ)第1110号,(反訴)同年(ワ)第4251号〉
(マジックヒンジ事件)
大阪地判平12・6・8〈平成10年(ワ)第4498号〉(メカニカルインピーダンス事件)
東京地判平12・7・26〈平成11年(ワ)第24280号〉(テレホンカード事件)
東京地判平12・8・31〈平成8年(ワ)第16782号〉(使い捨てカメラ事件)
東京地判平12・8・31〈平成10年(ワ)第13754号〉(発光ダイオード事件)
大阪地判平12・9・5〈平成12年(ワ)第1064号〉(足場台事件)
大阪地判平12・9・19〈平成9年(ワ)第4084号〉(門扉事件)
大阪地判平12・9・26〈平成8年(ワ)第5189号〉(自動麻雀卓事件)
大阪地判平12・10・24〈平成8年(ワ)第12109号〉(製パン器事件)
東京地判平12・11・30〈平成8年(ワ)第15406号〉(発光ダイオード事件)
東京地決平12・12・12〈平成12年(ヨ)第22138号〉
(インターネット利用の課金システム事件)
東京地判平12・12・19〈平成11年(ワ)第10959号〉(平滑回路事件)
大阪地判平12・12・19〈平成11年(ワ)第12876号〉(殺虫方法事件)
大阪地判平12・12・21〈平成10年(ワ)第12875号〉(ポリオレフィン用透明剤事件)
東京地判平12・12・26〈平成9年(ワ)第2927号〉(釣具事件)
東京地判平13・1・18〈平成11年(ワ)第27944号〉(アシクロビル事件)
大阪地判平14・1・29〈平成11年(ワ)第13512号〉(プラスチック袋事件)
東京地判平13・1・30〈平成11年(ワ)第9226号〉(写真付ハガキ事件)
東京地判平13・2・8〈平成9年(ワ)第5741号〉(玩具銃事件)
東京高判平13・2・27〈平成11年(ネ)第855号・第4565号〉
〔原審・東京地裁平成5年(ワ)第8012号〕(テープレコーダ事件)
東京地判平13・5・14〈平成11年(ワ)第16175号〉(眼圧降下剤事件)
東京地判平13・5・22〈平成12年(ワ)第3157号〉(電話用配線盤事件)
最〔3小〕判平13・6・12〈平成9年(オ)第1918号〉
〔原審・福岡高裁那覇支部平成9年(ネ)第48号〕(生ゴミ処理装置事件)
東京地判平13・7・17〈平成11年(ワ)第23013号〉(記録紙事件)
東京地判平13・7・27〈平成11年(ワ)第21974号〉(耐食鋼材事件)
大阪地判平13・11・8〈平成12年(ワ)第12837号〉(工事灯事件)
東京地判平13・11・30〈平成13年(ワ)第6000号〉(遠赤乾燥機事件)
東京地判平13・12・21〈平成12年(ワ)第6714号〉(帯鋼巻取装置事件)
東京高判平14・3・14〈平成13年(ネ)第3667号〉
〔原審・東京地裁平成10年(ワ)第19115号〕(ガス圧力調整器事件)
東京地判平14・3・19〈平成11年(ワ)第23945号〉(パチスロ機事件)
大阪地判平14・4・16〈平成12年(ワ)第6322号〉(こんにゃく事件)
東京地判平14・4・25〈平成13年(ワ)第14954号〉(生のり事件)
大阪地判平14・7・4〈平成13年(ワ)第8214号〉(プレス成形事件)
東京地判平14・10・9〈平成13年(ワ)第16820号〉(カード台紙事件)
東京地判平15・1・20〈平成14年(ワ)第5502号〉(資産別貸借対照表事件)
東京地判平15・1・30〈平成13年(ワ)第26513号〉(自然石金網事件)
東京地判平15・2・26〈平成14年(ワ)第6241号〉(冷凍枝豆事件)
東京地判平15・3・12〈平成13年(ワ)第15276号〉(エアフィルタ事件)
東京地判平15・3・26〈平成13年(ワ)第3485号〉(マッサージ機事件)
東京地判平15・3・27〈平成13年(ワ)第23830号〉(無線タクシー事件)
大阪地判平15・7・17〈平成14年(ワ)第4565号〉(鋼管の拡管装置事件)

■第B編 職務発明

東京地判昭58・9・28〈昭和56年(ワ)第7986号〉(実績補償金の算定)
東京地判昭58・12・23〈昭和54年(ワ)第11717号〉(職務発明の対価請求権)
大阪地判昭59・4・26〈昭和58年(ワ)第5209号〉(職務発明と相当の対価)
東京地判昭60・2・22〈昭和55年(ワ)第9922号〉(発馬機事件)
大阪地判昭61・9・25〈昭和60年(ワ)第6253号〉
(一眼レフ・オートフォーカスカメラの発明)
大阪地判昭61・9・25〈昭和61年(ワ)第365号〉
(一眼レフ・オートフォーカスカメラの発明)
大阪地判昭62・1・26〈昭和60年(ワ)第6782号〉(ドリル事件)
東京地判平4・9・30〈平成元年(ワ)第6758号〉(職務発明者の受ける「相当の対価」)
名古屋地判平4・12・21〈昭和57年(ワ)第1474号〉(立体駐車場事件)
大阪地判平5・3・4〈平成3年(ワ)第292号〉(「相当の対価」の算定方法)
東京地判平11・4・16〈平成7年(ワ)第3841号〉(光ピックアップ事件)
東京高判平13・5・22〈平成11年(ネ)第3208号〉
〔原審・東京地裁平成7年(ワ)第3841号〕(光ピックアップ事件〔控訴審〕)
大阪地判平14・5・23〈平成11年(ワ)第12699号〉(希土類金属事件)
東京地判平14・9・19〈平成13年(ワ)第17772号〉(青色LED事件)
東京地判平14・11・29〈平成10年(ワ)第16832号,平成12年(ワ)第5572号〉
(日立職務発明事件)
最〔3小〕判平15・4・22〈平成13年(受)第1256号〉
〔原審・東京高裁平成11年(ネ)第3208号〕(光ピックアップ事件〔上告審〕)

■第C編 意   匠

大阪地判昭58・7・29〈昭和56年(ワ)第2050号〉(エレキバン事件)
大阪地判昭58・12・9〈昭和54年(ワ)第528号〉(スノーポール事件)
大阪地判昭59・12・20〈昭和57年(ワ)第7035号〉(ヘアーブラシ事件)
名古屋地判昭60・7・29〈昭和54年(ワ)第3310号〉(ブランコ事件)
名古屋地決昭61・3・31〈昭和60年(ヨ)第682号〉(浄水器事件)
大阪地判昭62・1・26〈昭和60年(ワ)第1944号〉(ホイールナット事件)
大阪地判平7・10・31〈平成6年(ワ)第60号〉(ブーゲンビリア事件)
大阪地判平8・12・24〈平成6年(ワ)第6969号〉(取っ手事件)
東京地判平9・1・24〈平成5年(ワ)第3966号〉(クレーン事件)
東京地判平9・4・25〈平成5年(ワ)第17437号〉(ゴム紐事件)
東京高判平10・3・25〈平成9年(ネ)第2248号〉
〔原審・東京地裁平成5年(ワ)第17437号〕(ゴム紐事件〔控訴審〕)
東京高判平10・6・18〈平成9年(ネ)第404号〉
〔原審・東京地裁平成5年(ワ)第3966号〕(クレーン事件〔控訴審〕)
東京地判平11・5・31〈平成10年(ワ)第12425号〉(擁壁用ブロック事件)
東京地判平11・10・29〈平成10年(ワ)第15700号〉(ワゴンテーブル事件)
東京地判平13・11・30〈平成13年(ワ)第5737号〉(掛金事件)

■第D編 商   標

大阪地判昭54・3・23〈昭和43年(ワ)第5721号〉(「ポールセフティ」事件)
大阪地判昭54・9・14〈昭和53年(ワ)第2295号〉(「ダイケン」事件)
大阪地判昭54・11・28〈昭和53年(ワ)第1898号〉(洋服ブラシ事件)
大阪地判昭56・4・8〈昭和53年(ワ)第35号〉(商標「フエルタッチ」事件)
大阪地判昭57・1・19〈昭和55年(ワ)第7933号〉(商標「曽呂利」事件)
東京地判昭57・10・22〈昭和54年(ワ)第11817号〉(登録商標「制糖」事件)
東京地判昭59・5・30〈昭和52年(ワ)第9427号,昭和56年(ワ)第14163号〉
(トロイ事件)
大阪地判昭60・6・28〈昭和58年(ワ)第9110号〉(「エチケット」事件)
大阪地判昭61・12・25〈昭和59年(ワ)第5703号〉(「中納言」事件)
東京地判昭62・4・27〈昭和59年(ワ)第7791号〉(セリーヌ事件)
東京地判(刑事第25部)昭62・5・29〈昭和62年特(わ)第165号〉
(ファミコンカセット事件)
大阪地判昭62・10・14〈昭和59年(ワ)第6210号〉(竒應丸事件)
東京地判昭62・10・23〈昭和61年(ワ)第1322号・第7998号〉(商標「特選街」事件)
東京地判昭63・4・27〈昭和61年(ワ)第6408号〉(商標「ルイ・ヴィトン」事件)
東京地判昭63・6・29〈昭和56年(ワ)第10034号・第14279号〉
(商標「チェレーザ」事件)
東京地判平4・5・27〈昭和63年(ワ)第1607号〉(テレビゲーム機事件)
最〔3小〕判平4・9・22〈平成3年(オ)第1805号〉
〔原審・東京高裁平成2年(ネ)第2408号〕(大林森事件)
大阪地判平5・2・25〈平成2年(ワ)第3599号〉(「JIMMY'Z」事件)
東京地判平5・6・23〈平成3年(ワ)第6944号〉(「POWER STATION」事件)
大阪地判平5・7・20〈平成3年(ワ)第8439号〉(シャンパンワイン事件)
東京高判平5・7・22〈平成3年(ネ)第4601号〉
〔原審・東京地裁平成元年(ワ)第11631号〕(ゼルダ標章事件)
東京地判平6・6・29〈平成5年(ワ)第6949号〉(モノグラム商標事件)
東京地判平7・2・22〈平成6年(ワ)第6280号〉(商標「UNDER THE SUN」事件)
千葉地判平8・4・17〈平成3年(ワ)第1746号〉(ウォークマン事件)
大阪地判平8・5・30〈平成5年(ワ)第7078号〉(クロコダイル商標事件)
東京地判平9・10・20〈平成7年(ワ)第23440号〉(登録商標「BIO」事件)
東京地判平10・12・25〈平成6年(ワ)第5563号〉(商標「キャラウェイ」事件)
東京地判平11・1・28〈(甲事件)平成8年(ワ)第8625号,
(乙事件)平成8年(ワ)第12105号,(丙事件)平成8年(ワ)第15011号〉
(ポロシャツ事件)
東京地判平11・4・28〈平成9年(ワ)第16468号〉(商標「ウィルスバスター」事件)
東京地判平11・5・31〈平成9年(ワ)第5505号〉(キングコブラ商標事件)
東京地判平11・7・23〈平成10年(ワ)第26638号〉(商標「Cutie」事件)
大阪地判平12・2・8〈平成8年(ワ)第9425号,平成10年(ワ)第6907号〉
(商標「セラール」事件)
東京地判平12・2・25〈平成11年(ワ)第19607号〉(標章「遊食市場」事件)
東京地判平12・3・23〈平成8年(ワ)第5748号〉(商標「ユベントス」事件)
東京高判平12・4・19〈平成11年(ネ)第1464号〉
〔原審・東京地裁平成8年(ワ)第8625号・第15011号〕
(中国製ポロシャツ事件〔控訴審〕)
東京地判平12・8・30〈平成11年(ワ)第13926号〉(商標「ベークノズル」事件)
東京地判平13・1・22〈平成10年(ワ)第10438号〉(タカラ本みりん事件)
東京地判平13・2・15〈平成12年(ワ)第15732号〉(商標「カンショウ乳酸」事件)
大阪地判平14・12・12〈平成13年(ワ)第9153号〉(商標「巨峰」事件)
大阪地判平15・4・22〈平成14年(ワ)第3309号〉(商標「スーパーベース」事件)

■第E編 不正競争防止法

大阪地判昭54・6・29〈昭和52年(ワ)第4683号〉(階段用辷り止め事件)
東京地判昭55・1・28〈昭和53年(ワ)第10316号〉(香りのタイプ事件)
大阪地判昭56・1・30〈昭和54年(ワ)第692号〉(ロンシャン図柄事件)
東京地判昭56・10・26〈昭和52年(ワ)第11872号〉(商号「ヨドバシカメラ」事件)
東京地判昭56・12・21〈昭和54年(ワ)第1658号〉(タクシー用社名表示灯事件)
大阪地判昭57・2・26〈昭和55年(ワ)第4304号ないし同年第4307号併合〉
(輸入ウィスキー著名標章事件)
東京地判昭57・9・27〈昭和54年(ワ)第8223号〉(インベーダー事件)
東京高判昭57・10・28〈昭和56年(ネ)第2813号〉
〔原審・東京地裁昭和52年(ワ)第11872号〕(商号「ヨドバシカメラ」事件〔控訴審〕)
東京地判昭58・4・25〈昭和55年(ワ)第4863号〉(「ホワイトホース」事件)
大阪地判昭58・4・27〈昭和56年(ワ)第3587号〉(加圧式ニーダー事件)
大阪地判昭58・11・16〈昭和54年(ワ)第5291号〉(バタフライバルブ事件)
東京地判昭59・1・18〈昭和58年(ワ)第8056号〉(ディズニー事件)
大阪地判昭60・1・30〈昭和57年(ワ)第7223号〉(ルイ・ヴィトン事件)
大阪地判昭60・5・29〈昭和58年(ワ)第7338号・第8570号〉(アルバム台紙事件)
大阪地判昭61・10・21〈昭和56年(ワ)第5976号,昭和59年(ワ)第1061号〉
(ルービック・キューブ事件)
大阪地判昭62・5・27〈昭和56年(ワ)第9093号〉(かに看板事件)
福岡地判平3・7・19〈平成2年(ワ)第1732号〉(DISNEY事件)
大阪地判平4・2・27〈平成元年(ワ)第6032号〉(魚卵採取装置事件)
大阪地判平4・5・28〈昭和61年(ワ)第10261号,昭和62年(ワ)第10985号〉
(田辺屋事件)
大阪地判平5・7・27〈平成4年(ワ)第793号〉(商号「阪急電機」事件)
東京地判平6・1・28〈平成4年(ワ)第10232号〉(商標「マグネティ マレリ」事件)
東京地判平6・10・28〈平成5年(ワ)第665号〉(都営地下鉄「泉岳寺」事件)
大阪地判平7・2・28〈平成3年(ワ)第3669号〉(フランジガスケット事件)
大阪地判平7・8・31〈平成2年(ワ)第8704号,平成3年(ワ)第9321号〉
(ゴリラのぬいぐるみ事件)
東京高判平8・1・25〈平成6年(ネ)第1470号〉
〔原審・東京地裁平成4年(ワ)第9311号〕(Asahi/AsaX事件)
大阪地判平8・9・26〈平成7年(ワ)第501号〉(ヘアピン事件)
大阪地判平8・11・28〈平成6年(ワ)第12186号〉(ドレンホース事件)
東京地判平8・12・25〈平成7年(ワ)第11102号〉
(キーホルダー「ドラゴン・ソード」事件)
大阪地判平9・1・30〈平成7年(ワ)第3920号〉(ROYAL MILK TEA事件)
東京地判平9・3・7〈平成6年(ワ)第22885号〉(ピアス事件)
東京地判平10・2・25〈平成9年(ワ)第8416号〉(たまごっち事件)
東京地判平10・3・13〈平成9年(ワ)第3024号〉(高知東急事件)
大阪高判平10・5・22〈平成9年(ネ)第2178号〉
〔原審・神戸地裁平成4年(ワ)第2175号〕(ワンカップ大関事件)
東京地決平11・9・20〈平成11年(ヨ)第22125号〉(iMac事件)
東京地判平14・7・18〈平成14年(ワ)第8104号〉(三菱ホーム事件)

■第F編 著 作 権

最〔3小〕判昭55・3・28〈昭和51年(オ)第923号〉
〔原審・東京高裁昭和47年(ネ)第2816号〕(写真著作権事件=山岳写真パロディ事件)
東京高判昭58・2・23〈昭和55年(ネ)第911号〉
〔原審・東京地裁昭和46年(ワ)第8643号〕(山岳写真パロディ事件)
東京高判昭58・4・26〈昭和54年(ネ)第590号〉
〔原審・東京地裁昭和49年(ワ)第1959号〕(タイプ・フェイスの著作物性)
大阪地判昭59・1・26〈昭和57年(ワ)第4419号〉
(テレビゲームのソフトウェア・プログラム)
大阪地判昭59・2・28〈昭和58年(ワ)第27号〉(商標「POPEYE」事件)
名古屋地判昭61・2・28〈昭和59年(ワ)第2636号〉(スヌーピー事件)
東京地判昭63・3・23〈昭和62年刑(わ)第2642号〉(パソコン用ソフト無断複製事件)
東京地判昭63・7・22〈昭和62年(ワ)第3869号〉(行政書士法違反事件)
東京地判平2・7・20〈昭和60年(ワ)第1527号〉(木目化粧紙事件)
東京高判平3・12・17〈平成2年(ネ)第2733号〉(木目化粧紙事件〔控訴審〕)
東京地判平8・8・30〈平成7年(ワ)第6276号〉(シンボルマーク事件)
大阪地判平9・7・17〈(本訴)平成5年(ワ)第12306号,
(反訴)平成6年(ワ)第1130号〉(テレビゲーム機事件)
大阪地判平10・11・17〈平成8年(ワ)第2575号〉(図面の著作物性)
東京地判平11・2・25〈平成9年(ワ)19444号〉
(漫画「キャンディ・キャンディ」事件)

キーワード索引
参照条文索引

================================================================================
■著者略歴

荒垣 恒輝(あらがき・つねてる)

1953年 東京大学工学部卒業
1954年 特許庁入庁。審査官,審判官,審査長,審判長を歴任。その間,裁判所調査官と
    して東京地方裁判所民事第29部(現 知的財産部)に勤務
1979年 退官
1980年 弁理士登録,現在に至る

著 書
・中山信弘編著「注解 特許法」上下〔第3版〕(分担執筆)青林書院
・青木康共著「新版特許手続法」弘文堂

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.