青林書院



知的財産法最高裁判例評釈大系[I] 特許・実用新案法


知的財産法最高裁判例評釈大系[I] 特許・実用新案法
 
編・著者小野昌延先生喜寿記念刊行事務局編
判 型A4
ページ数874
税込価格12,960円(本体価格:12,000円)
発行年月2009年10月
ISBN978-4-417-01494-2
在庫有り
  
在庫があります

■解説
ISBN978-4-417-01494-2

知的財産法最高裁判例評釈大系 全3巻

〔II〕:[意匠法・商標法・不正競争防止法] 2009年10月刊行
〔III〕:[著作権法・総合判例索引] 2009年10月刊行

■書籍内容
目   次(第鬼)

序   文…………………………………………………………〔フランシス ガリ〕/ 〓
  〃  ………………………………………………〔ゲルハルト シュリッカー〕/ 〓
凡   例

┌──────────────────────────────────────┐
│ 第1編 特許・実用新案法 │
└──────────────────────────────────────┘
[特―1]自然法則の利用の意義――欧文字単一電報隠語作成方法事件・発明者性
     (最高裁〔一小〕昭和28年4月30日判決)
     …………………………………………………………………〔村林 隆一〕/ 3
[特―2]特許審判における唯一の証拠方法の却下
     (最高裁〔二小〕昭和28年7月24日判決)
     …………………………………………………………………〔下村 眞美〕/ 8
[特―3]作用効果に対する判断の要否,証拠調べの不実施に対する異議
     (最高裁〔三小〕昭和31年4月24日判決)
     …………………………………………………………………〔田邊  誠〕/ 15
[特―4]徽章の枠体と裏蓋板とを固着する手段として両者を螺合する考案の新規性
     の有無
     (最高裁〔一小〕昭和39年7月16日判決)
     ………………………………………………………………〔清水 知恵子〕/ 21
[特―5]公知部分の除外――液体燃料燃焼装置事件
     (最高裁〔三小〕昭和39年8月4日判決)
     ………………………………………………………………〔東海林  保〕/ 27
[特―6]旧特許法による特許出願拒絶査定を不服とする抗告審判の審決と特許法171条
の適用の有無
     (最高裁〔三小〕昭和42年10月17日判決)
     …………………………………………………………………〔澁谷 勝海〕/ 39
[特―7]審決取消訴訟の審理範囲
     (最高裁〔一小〕昭和43年4月4日判決)
     …………………………………………………………………〔三村 量一〕/ 47
[特―8]判定の性質と争訟対象性
     (最高裁〔一小〕昭和43年4月18日判決)
     …………………………………………………………………〔斎藤  誠〕/ 53
[特―9]数値限定――生産物を瓦斯体で処理する装置事件
     (最高裁〔一小〕昭和43年5月2日判決)
     …………………………………………………………………〔小柴 昌也〕/ 60
[特―10]実用新案の類否と目的,作用効果
     (最高裁〔一小〕昭和43年6月20日判決)
     …………………………………………………………………〔滝井 朋子〕/ 69
[特―11]新規性喪失の例外(旧特許法6条1項)・国際見本市への出品
     (最高裁〔二小〕昭和43年11月1日判決)
     …………………………………………………………………〔本多 知成〕/ 76
[特―12]職務発明の成立要件としての職務該当性
     (最高裁〔二小〕昭和43年12月13日判決)
     …………………………………………………………………〔茶園 成樹〕/ 82
[特―13]危険の防止と発明の完成――原子力エネルギー発生装置事件
     (最高裁〔三小〕昭和44年1月28日判決)
     …………………………………………………………………〔西迫 文夫〕/ 91
[特―14]存続期間満了と特許権侵害の差止めを求める訴えの利益――
製材用送材車の進退装置事件
     (最高裁〔三小〕昭和45年9月22日判決)
     …………………………………………………………………〔富岡 英次〕/ 97
[特―15]実用新案法違反事件(親告罪)の告訴期間の起算日
     (最高裁〔二小〕昭和45年12月17日決定)
     ………………………………………………………………〔忠海 弘一〕/ 102
[特―16]誤記訂正の意義
     (最高裁〔一小〕昭和47年12月14日判決)
     ………………………………………………………………〔伊原 友己〕/ 112
[特―17]通常実施許諾者の登録義務――埋設ヒューム管分割推進工法事件
     (最高裁〔二小〕昭和48年4月20日判決)
     ………………………………………………………………〔斉藤  博〕/ 124
[特―18]実用新案の技術的範囲
     (最高裁〔三小〕昭和50年5月27日判決)
     ………………………………………………………………〔小島 庸和〕/ 131
[特―19]公然実施
     (最高裁〔一小〕昭和50年6月12日判決)
     ………………………………………………………………〔田中 秀幸〕/ 139
[特―20]実用新案登録請求の範囲の解説――耕耘機トレラー事件
     (最高裁〔一小〕昭和50年10月9日判決)
     ………………………………………………………………〔田中 孝一〕/ 145
[特―21]特許訴訟と自白
     (最高裁〔一小〕昭和50年12月18日判決)
     ………………………………………………………………〔下村 眞美〕/ 152
[特―22]審決取消訴訟の審理範囲――メリヤス編機事件
     (最高裁〔大〕昭和51年3月10日判決)
     ………………………………………………………………〔岩坪  哲〕/ 161
[特―23]進歩性の判断資料(出願後の刊行物による技術水準の認定――
訴訟段階での新たな証拠提出の可否)
     (最高裁〔二小〕昭和51年4月30日判決)
     ……………………………………………………………〔寒河江 孝允〕/ 170
[特―24]相互主義による外国人の権利享有と未承認国家――
東ドイツ法人による審決取消請求事件
     (最高裁〔二小〕昭和52年2月14日判決)
     ………………………………………………………………〔木棚 照一〕/ 177
[特―25]出願にかかる発明が特許法上の発明として未完成であることを理由とする拒絶
     ――獣医用組成物事件
     (最高裁〔一小〕昭和52年10月13日判決)
     ………………………………………………………………〔松居 祥二〕/ 188
[特―26]共同出願人の一人の提起した訴えの適法性
     (最高裁〔二小〕昭和55年1月18日判決)
     ………………………………………………………………〔梅本 吉彦〕/ 200
[特―27]審決取消訴訟と新証拠の提出――食品包装容器事件
     (最高裁〔一小〕昭和55年1月24日判決)
     ………………………………………………………………〔吉原 省三〕/ 211
[特―28]訂正審判請求における複数箇所の訂正事項に対する一部訂正審判の可否
     (最高裁〔一小〕昭和55年5月1日判決)
     ………………………………………………………………〔池下 利男〕/ 219
[特―29]刊行物の意味
     (最高裁〔二小〕昭和55年7月4日判決)
     ……………………………………………………………〔木村 圭二郎〕/ 229
[特―30]特許請求の範囲に記載のない発明を目的とする分割出願の適否――
半サイズ映画フィルム録音装置事件
     (最高裁〔一小〕昭和55年12月18日判決)
     ………………………………………………………………〔中島  敏〕/ 237
[特―31]特許無効審判の審判請求人が被告となっている審決取消訴訟において被告が
死亡した場合における訴訟の帰趨
     (最高裁〔一小〕昭和55年12月18日判決)
     ………………………………………………………………〔重冨 貴光〕/ 248
[特―32]出願の分割をなしうる範囲
     (最高裁〔二小〕昭和56年3月13日判決)
     ……………………………………………………………〔布井 要太郎〕/ 253
[特―33]製造方法の相違と登録実用新案の技術的範囲
     (最高裁〔三小〕昭和56年6月30日判決)
     ……………………………………………………………〔大瀬戸 豪志〕/ 259
[特―34]上告審と裁判所に顕著な事実
     (最高裁〔三小〕昭和57年3月30日判決)
     ………………………………………………………………〔谷口 安平〕/ 265
[特―35]訂正審判確定の可能性と取消訴訟の上告理由
     (最高裁〔一小〕昭和58年3月3日判決)
     ………………………………………………………………〔田邊  誠〕/ 272
[特―36]審判書における理由記載の程度
     (最高裁〔三小〕昭和59年3月13日判決)
     ………………………………………………………………〔西田 美昭〕/ 278
[特―37]無効審決の確定と訂正審判――無効審決取消訴訟の帰趨
     (最高裁〔三小〕昭和59年4月24日判決)
     ………………………………………………………………〔宮坂 昌利〕/ 290
[特―38]実施例の追加と補正の要旨変更――いか釣針事件
     (最高裁〔二小〕昭和59年12月21日判決)
     ………………………………………………………………〔山本 忠雄〕/ 295
[特―39]間接侵害――一眼レフカメラ交換レンズ事件
     (最高裁〔三小〕昭和60年3月12日判決)
     ………………………………………………………………〔諏訪野 大〕/ 301
[特―40]審決取消訴訟上告審係属中の特許出願放棄と訴えの利益
     (最高裁〔一小〕昭和60年3月28日判決)
     ………………………………………………………………〔堤  龍弥〕/ 316
[特―41]引用例の技術的分野の相違
     (最高裁〔二小〕昭和60年6月21日判決)
     ………………………………………………………………〔室谷 和彦〕/ 325
[特―42]技術的思想の相違
     (最高裁〔三小〕昭和61年1月21日判決)
     ………………………………………………………………〔平野 和宏〕/ 336
[特―43]出願審査請求期間徒過と訴訟行為の追完規定の準用――除草組成物事件
     (最高裁〔二小〕昭和61年4月25日判決)
     ………………………………………………………………〔小池  豊〕/ 345
[特―44]刊行物の意義――第2次箱尺事件
     (最高裁〔一小〕昭和61年7月17日判決)
     ……………………………………………………………〔塩田 千恵子〕/ 352
[特―45]先使用権の成立範囲と要件――ウォーキングビーム式加熱炉事件
     (最高裁〔二小〕昭和61年10月3日判決)
     ………………………………………………………………〔美勢 克彦〕/ 366
[特―46]均等の適用――皮はぎ機事件上告審
     (最高裁〔二小〕昭和62年5月29日判決)
     ………………………………………………………………〔角田 政芳〕/ 375
[特―47]無効審判請求人と補助参加
     (最高裁〔三小〕昭和62年10月20日判決)
     ………………………………………………………………〔池田 辰夫〕/ 385
[特―48]補償金支払請求のための警告
     (最高裁〔三小〕昭和63年7月19日判決)
     ………………………………………………………………〔森  義之〕/ 389
[特―49]選択発明
     (最高裁〔一小〕平成元年2月2日判決)
     ………………………………………………………………〔清水  節〕/ 398
[特―50]特許法36条(実施可能要件)
     (最高裁〔二小〕平成元年3月24日判決)
     ………………………………………………………………〔阿部 正幸〕/ 404
[特―51]特許法30条1項にいう刊行物への発表
     (最高裁〔二小〕平成元年11月10日判決)
     ………………………………………………………………〔渋谷 達紀〕/ 410
[特―52]発明の同一性(方法・目的の相違)
     (最高裁〔一小〕平成2年3月15日判決)
     ………………………………………………………………〔熊谷 健一〕/ 416
[特―53]特許無効審判請求と請求人適格・信義則――掘削装置事件
     (最高裁〔一小〕平成2年4月19日判決)
     ……………………………………………………………〔小松 陽一郎〕/ 421
[特―54]進歩性についての具体的判断――二軸配向したびん事件
     (最高裁〔三小〕平成2年12月18日判決)
     ………………………………………………〔田中 昌利=古川 裕実〕/ 438
[特―55]発明の要旨認定とクレームの記載――リパーゼ事件
     (最高裁〔二小〕平成3年3月8日判決)
     ………………………………………………………………〔竹田  稔〕/ 446
[特―56]クレーム以外の訂正によるクレームの減縮――クリップ事件
     (最高裁〔三小〕平成3年3月19日判決)
     ………………………………………………………………〔吉原 省三〕/ 456
[特―57]平成6年改正前特許法における「出願公告後の補正」の対象
     (最高裁〔三小〕平成3年9月17日判決)
     ……………………………………………………………〔白波瀬 文夫〕/ 465
[特―58]審決取消判決の拘束力の及ぶ範囲――高速旋回式バレル研磨法事件
     (最高裁〔三小〕平成4年4月28日判決)
     ………………………………………………………………〔塩月 秀平〕/ 470
[特―59]技術的範囲と発明の要旨認定――ユニバーサルジョイント事件
     (最高裁〔二小〕平成4年12月4日判決)
     ………………………………………………………………〔近藤 惠嗣〕/ 483
[特―60]先願発明との同一性
     (最高裁〔三小〕平成5年3月30日判決)
     ………………………………………………………………〔相田 義明〕/ 494
[特―61]出願後の減縮補正と出願前の実施契約による不作為義務の対象
     (最高裁〔三小〕平成5年10月19日判決)
     ………………………………………………………………〔城山 康文〕/ 500
[特―62]実施料相当額
     (最高裁〔三小〕平成6年10月25日判決)
     ………………………………………………………………〔飯田 秀郷〕/ 507
[特―63]職務発明(黙示の合意による譲渡)
     (最高裁〔三小〕平成7年1月24日判決)
     ………………………………………………………………〔高倉 成男〕/ 518
[特―64]拒絶審決取消訴訟と固有必要的共同訴訟
     (最高裁〔三小〕平成7年3月7日判決)
     ………………………………………………………………〔横山 久芳〕/ 528
[特―65]特許法70条2項と限定解釈
     (最高裁〔三小〕平成9年6月10日判決)
     ………………………………………………………………〔藤川 義人〕/ 542
[特―66]専用実施権設定契約と解約
     (最高裁〔一小〕平成9年6月19日判決)
     ………………………………………………………………〔平野 惠稔〕/ 548
[特―67]並行輸入と特許権――BBS並行輸入事件
     (最高裁〔三小〕平成9年7月1日判決)
     ………………………………………………………………〔紋谷 暢男〕/ 555
[特―68]化学物質の発明の成立
     (最高裁〔三小〕平成9年10月14日判決)
     ………………………………………………………………〔鈴木 將文〕/ 569
[特―69]進歩性判断における技術分野の問題――冷凍コンテナ事件
     (最高裁〔三小〕平成9年10月14日判決)
     ……………………………………………………………〔長谷川 芳樹〕/ 576
[特―70]均等の要件――ボールスプライン事件
     (最高裁〔三小〕平成10年2月24日判決)
     ……………………………………………………………〔高部 眞規子〕/ 584
[特―71]特許法70条の解釈――燻し瓦事件
     (最高裁〔三小〕平成10年4月28日判決)
     ………………………………………………………………〔榎戸 道也〕/ 591
[特―72]作図法が記載されている物の発明の技術的範囲
     (最高裁〔三小〕平成10年11月10日判決)
     ………………………………………………………………〔釜田 佳孝〕/ 600
[特―73]訂正審決の確定と無効審決取消訴訟の帰趨――大径角形鋼管事件
     (最高裁〔三小〕平成11年3月9日判決)
     ………………………………………………………………〔松本  司〕/ 613
[特―74]後発医薬品と試験・研究――膵臓疾患治療剤事件
     (最高裁〔二小〕平成11年4月16日判決)
     ………………………………………………………………〔片山 英二〕/ 622
[特―75]方法の発明に関する特許権の効力の範囲――生理活性物質測定法事件
     (最高裁〔二小〕平成11年7月16日判決)
     ………………………………………………………………〔小橋  馨〕/ 628
[特―76]存続期間の延長制度
     (最高裁〔二小〕平成11年10月22日判決)
     ………………………………………………………………〔松本 好史〕/ 636
[特―77]法167条の効力の及ぶ範囲――クロム酸鉛顔料およびその製法事件
     (最高裁〔一小〕平成12年1月27日判決)
     ………………………………………………………………〔牧野 利秋〕/ 641
[特―78]共同無効審判請求人の一部の者が提起する審決取消訴訟の許否
     (最高裁〔二小〕平成12年2月18日判決)
     ………………………………………………………………〔永井 紀昭〕/ 654
[特―79]植物新品種の育種過程における反復可能――黄桃事件
     (最高裁〔三小〕平成12年2月29日判決)
     ………………………………………………………………〔伊原 友己〕/ 663
[特―80]無効理由が存在することが明らかな特許権に基づく請求――キルビー事件
     (最高裁〔三小〕平成12年4月11日判決)
     ………………………………………………………………〔井関 涼子〕/ 676
[特―81]無権原の出願人名義変更者に対する特許権持分移転登録請求――
生ゴミ処理装置事件
     (最高裁〔三小〕平成13年6月12日判決)
     ………………………………………………………………〔飯村 敏明〕/ 687
[特―82]共有者の1人が提起する特許異議申立取消決定取消訴訟
     (最高裁〔二小〕平成14年3月25日判決)
     ………………………………………………………………〔浅井  憲〕/ 695
[特―83]特許権侵害訴訟と準拠法――FM信号復調装置事件
     (最高裁〔一小〕平成14年9月26日判決)
     ………………………………………………………………〔石黒 一憲〕/ 702
[特―84]勤務規則等の定めと相当の対価――オリンパス事件
     (最高裁〔三小〕平成15年4月22日判決)
     ………………………………………………………………〔尾崎 英男〕/ 707
[特―85]専用実施権を設定した特許権者が当該特許権に基づく差止請求権を行使する
ことの可否について――生体高分子事件
     (最高裁〔二小〕平成17年6月17日判決)
     ………………………………………………………………〔重冨 貴光〕/ 716
[特―86]均等論の適用要件
     (最高裁平成17年10月4日上告棄却・上告不受理決定)
     ……………………………………………………………〔布井 要太郎〕/ 724
[特―87]特許庁担当官の過失と損害額
     (最高裁〔三小〕平成18年1月24日判決)
     ………………………………………………………………〔高橋  眞〕/ 738
[特―88]職務発明につき外国で特許を受ける権利の譲渡に対する相当対価請求
     (最高裁〔三小〕平成18年10月17日判決)
     ………………………………………………………………〔宮脇 正晴〕/ 747
[特―89]特許権の消尽
     (最高裁〔一小〕平成19年11月8日判決)
     ………………………………………………………………〔横山 久芳〕/ 756
[特―90]訂正の主張と特許法104条の3及び再審事由
     (最高裁〔一小〕平成20年4月24日判決)
     ………………………………………………………………〔熊谷 健一〕/ 782
[特―91]複数の請求項に係る訂正請求と請求項ごとの許否判断――
発光ダイオードモジュール事件
     (最高裁〔一小〕平成20年7月10日判決)
     ………………………………………………………………〔田中 昌利〕/ 789

あとがき
小野昌延先生略歴・主要著作目録
執筆者紹介

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.