青林書院



知的財産法最高裁判例評釈大系[III] 著作権法・総合判例索引


知的財産法最高裁判例評釈大系[III] 著作権法・総合判例索引
 
編・著者小野昌延先生喜寿記念刊行事務局編
判 型A5
ページ数522
税込価格8,640円(本体価格:8,000円)
発行年月2009年10月
ISBN978-4-417-01496-6
在庫有り
  
在庫があります

■解説
知的財産法最高裁判例評釈大系 全3巻

〔I〕:[特許・実用新案法] 2009年10月刊行
〔II〕:[意匠法・商標法・不正競争防止法] 2009年10月刊行


ISBN978-4-417-01496-6

■書籍内容
目   次(第郡)


序   文…………………………………………………………〔フランシス ガリ〕/ 〓
  〃  ………………………………………………〔ゲルハルト シュリッカー〕/ 〓
凡   例

┌──────────────────────────────────────┐
│ 第5編 著 作 権 法 │
└──────────────────────────────────────┘
[著−1]レコードの有線放送――ミュージック・サプライ事件
  (最高裁〔大〕昭和38年12月25日判決・最高裁〔二小〕昭和38年12月25日判決)
     …………………………………………………………………〔木村  豊〕/ 3
[著−2]使用許諾拒絶と権利の濫用――東海観光事件
     (最高裁〔三小〕昭和47年2月4日決定)
     ………………………………………………………………〔小松 陽一郎〕/ 9
[著−3]翻訳依頼契約の趣旨――テレビ映画の翻訳事件
     (最高裁〔一小〕昭和48年11月22日判決)
     …………………………………………………………………〔大橋 正春〕/ 18
[著−4]偶然の暗合――ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー事件
(最高裁〔一小〕昭和53年9月7日判決)
     …………………………………………………………………〔小川 憲久〕/ 26
[著−5]著作権・著作者人格権の侵害――籠の鳥事件
(最高裁〔三小〕昭和54年6月12日判決)
     …………………………………………………………………〔木村 修治〕/ 33
[著−6]著作権の贈与――鳶魚全集印税請求事件
(最高裁〔三小〕昭和55年2月5日判決)
     …………………………………………………………………〔北岡 弘章〕/ 38
[著−7]写真の改変――パロディ事件第一次上告審判決
(最高裁〔三小〕昭和55年3月28日判決)
     …………………………………………………………………〔伊藤  真〕/ 44
[著−8]著作者人格権侵害に基づく謝罪広告請求の可否――医学論文事件
     (最高裁〔三小〕昭和57年7月6日判決)
     …………………………………………………………………〔金井 重彦〕/ 52
[著−9]生演奏の著作権侵害・著作権の行使により「受けるべき金銭の額に相当する額」の
     損害の額――「にほんの舘」事件
(最高裁〔二小〕昭和57年11月19日判決)
     …………………………………………………………………〔野一色 勲〕/ 64
[著−10]同一性保持権侵害と名誉毀損の競合――「民青の告白」事件
     (最高裁〔一小〕昭和58年12月1日判決)
     …………………………………………………………………〔岡  邦俊〕/ 80
[著−11]有体物の支配と無体物の支配――顔真卿自書建中告身帖事件
     (最高裁〔二小〕昭和59年1月20日判決)
     …………………………………………………………………〔斉藤  博〕/ 86
[著−12]龍渓書舎(国の著作物)
(最高裁〔二小〕昭和59年3月9日判決)
     …………………………………………………………………〔前田 哲男〕/ 95
[著−13]訴訟物―― パロディ事件第二次上告審判決
     (最高裁〔二小〕昭和61年5月30日判決)
     …………………………………………………………………〔大楽 光江〕/ 107
[著−14]カラオケによる歌唱――クラブ・キャッツアイ事件
(最高裁〔三小〕昭和63年3月15日判決)
     …………………………………………………………………〔近藤 剛史〕/ 117
[著−15]量産される家具のデザインと著作物性――ニーチェアーに関する著作権事件
(最高裁〔一小〕平成3年3月28日判決)
     …………………………………………………………………〔松尾 和子〕/ 128
[著−16]作詞・作曲者の認定方法――チューリップ事件
     (最高裁〔一小〕平成4年1月16日判決)
     …………………………………………………………………〔千野 直邦〕/ 137
[著−17]編集著作物の著作者―出版者の関与――智恵子抄事件
     (最高裁〔三小〕平成5年3月30日判決)
     …………………………………………………………………〔阿部 浩二〕/ 147
[著−18]著作権侵害罪(親告罪)の告訴権――海賊版ビデオ事件
(最高裁〔三小〕平成7年4月4日判決)
     ………………………………………………〔山本 隆司=井奈波 朋子〕/ 156
[著−19]英字新聞の日本語要約版の編集著作物性――
     ウォール・ストリート・ジャーナル事件
    (最高裁〔一小〕平成7年6月8日判決)
     ………………………………………………………………〔長谷川 俊明〕/ 163
[著−20]翻 訳――サンジェルマン殺人狂騒曲事件
(最高裁〔二小〕平成8年7月12日判決)
     …………………………………………………………………〔大橋 正春〕/ 171
[著−21]未公開撮影フィルム――三沢市勢映画製作事件
(最高裁〔二小〕平成8年10月14日判決)
     ………………………………………………………………〔久々湊 伸一〕/ 185
[著−22]公共図書館における複製――多摩市立図書館複写拒否事件
(最高裁〔一小〕平成9年1月23日判決)
     …………………………………………………………………〔龍村  全〕/ 190
[著−23]複製権侵害の要件としての「依拠」――キャドシステム無断複製事件
(最高裁〔二小〕平成9年2月14日判決)
     …………………………………………………………………〔金井 重彦〕/ 203
[著−24]編集著作物――メーカーリスト事件
(最高裁〔一小〕平成9年2月27日判決)
     …………………………………………………………………〔三山 裕三〕/ 216
[著−25]写真等を利用した図画が二次的著作物にあたるか,が問われた一事例――
     図画等使用禁止等上告事件
(最高裁〔三小〕平成9年7月15日判決)
     …………………………………………………………………〔椙山 敬士〕/ 230
[著−26]キャラクターの保護期間――ポパイ ネクタイ事件
(最高裁〔一小〕平成9年7月17日判決)
     …………………………………………………………………〔牛田 利治〕/ 235
[著−27]謝罪広告――「市史」事件
(最高裁〔一小〕平成9年7月17日判決)
     …………………………………………………………………〔辻田 芳幸〕/ 246
[著−28]写真の著作物性について
(最高裁〔一小〕平成9年10月9日判決)
     ……………………………………………………………〔早稲田 祐美子〕/ 261
[著−29]史書の体裁の刊行物と報告論文の同一性――石垣写真事件
(最高裁〔三小〕平成9年10月14日判決)
     ………………………………………………………………〔三尾 美枝子〕/ 268
[著−30]広義の混同の成否――アサヒロゴマーク事件
(最高裁〔一小〕平成10年6月25日判決)
     …………………………………………………………………〔齋藤 方秀〕/ 280
[著−31]反論文掲載等請求事件――本多勝一反論権事件
     (最高裁〔二小〕平成10年7月17日判決)
     ………………………………………………………………〔雨宮 沙耶花〕/ 288
[著−32]歴史的事実とドラマ――春の波濤事件
(最高裁〔一小〕平成10年9月10日判決)
     …………………………………………………………………〔高林  龍〕/ 294
[著−33]デザイン書体――ゴナ書体事件
(最高裁〔一小〕平成12年9月7日判決)
     …………………………………………………………………〔板倉 集一〕/ 302
[著−34]「ときめきメモリアル」事件最高裁判決
(最高裁〔三小〕平成13年2月13日判決)
     …………………………………………………………………〔松田 政行〕/ 312
[著−35]カラオケ・リース業者のカラオケ装置の引渡しの際の確認義務
(最高裁〔二小〕平成13年3月2日判決)
     …………………………………………………………………〔辰巳 直彦〕/ 323
[著−36]外国著作権の侵害に関する不法行為の国際裁判管轄権を肯定するために
     証明すべき事項――ウルトラマン事件 
(最高裁〔二小〕平成13年6月8日判決)
     …………………………………………………………………〔木棚 照一〕/ 340
[著−37]翻  案――北の波濤に唄う(江差追分)事件
(最高裁〔一小〕平成13年6月28日判決)
     …………………………………………………………………〔大家 重夫〕/ 354
[著−38]二次的著作物の利用に関する原著作物の著作者の権利――
     キャンディ・キャンディ事件
(最高裁〔一小〕平成13年10月25日判決)
     …………………………………………………………………〔松村 信夫〕/ 370
[著−39]頒布権に対する消尽原則の適用――中古ゲームソフト販売事件
(最高裁〔一小〕平成14年4月25日判決)
     …………………………………………………………………〔作花 文雄〕/ 385
[著−40]職務著作における「法人等の業務に従事する者」――RGBアドベンチャー事件
(最高裁〔二小〕平成15年4月11日判決)
     …………………………………………………………………〔上野 達弘〕/ 396

総合判例索引…………………………………………………………………………………  409

あとがき
小野昌延先生略歴・主要著作目録
執筆者紹介

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.