青林書院



信託法の要点


信託法の要点
 
編・著者武智克典 [編著]
判 型A5
ページ数308
税込価格3,240円(本体価格:3,000円)
発行年月2012年04月
ISBN978-4-417-01556-7
在庫有り
  
在庫があります

■解説
信託法を学ぶ学生や、信託業務に初めて携わることとなった担当者・法曹実務家など、
これから新たに信託法を学ぶ者が信託の仕組みや信託法の基本的な考え方を理解できるよう
62の項目でわかりやすく解説した。

■書籍内容
■【主要目次】
第1章 総 則
1 信託の意義及び方法
2 信託の効力の発生
3 詐害信託の取消し
4 否認権の特則
5 その他
   
第2章 信託財産
1 信託財産の公示
2 信託財産の範囲
3 信託財産の附合等
   
第3章 受託者
1 信託事務遂行義務
2 善管注意義務
3 忠実義務
4 公平義務
5 分別管理義務
6 信託事務の処理の委託
7 帳簿作成義務等
8 他の受益者に関する情報を求める権利等
9 受託者の損失てん補責任等
10 法人役員の連帯責任
11 損失てん補責任等に関する消滅時効等
12 受託者の違法行為の差止請求権
13 検査役選任請求権
14 受託者の権限の範囲
15 受託者の権限違反行為の取消し
16 費用等の補償請求権
17 報酬請求権
18 受託者が複数の信託に関する規律
19 受託者の解任及び辞任
20 解任及び辞任以外の受託者の任務終了事由
21 合併又は会社分割による受託者の変更
22 前受託者等の義務等
23 新受託者の選任
24 受託者の交代に伴う法律関係
25 信託財産管理者
   
第4章 受益者・受益権
1 受益者の利益の享受
2 受益の放棄
3 受益者を指定し又は変更する権利
4 遺言代用の信託
5 いわゆる後継ぎ遺贈型の受益者連続
6 信託管理人等
7 信託行為の定めによる受益者の権利の制限
8 受益権取得請求権
9 受益者が複数の場合の意思決定方法
10 受益権の譲渡
11 受益債権についての物的有限責任
12 受益債権と信託債権との優先劣後関係
13 受益債権等の消滅時効等
   
第5章 委託者
1 委託者の権利
2 委託者の相続人の権利義務

第6章 信託の変更
1 信託の変更
2 信託の併合
3 信託の分割
   
第7章 信託の終了
1 信託の終了
2 信託の清算
3 信託財産の破産
   
第8章 特殊な類型の信託
1 自己信託(信託宣言)
2 事業信託
3 セキュリティ・トラスト
4 受益証券発行信託
5 限定責任信託
6 民事信託
7 目的信託
8 公益信託


【編集者・執筆者紹介】
武智 克典(たけち かつのり)〔弁護士 武智総合法律事務所〕
西岡佐依子(にしおか さえこ)〔弁護士 いろは法律事務所〕
正田 真仁(しょうだ まひと)〔弁護士 稲葉総合法律事務所〕
小室 太一(こむろ たいち) 〔弁護士 武智総合法律事務所〕
清水 将博(しみず まさひろ)〔弁護士 武智総合法律事務所〕


Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.