青林書院



セクハラ・DVの法律相談〔新版〕


新・青林法律相談


セクハラ・DVの法律相談〔新版〕
 
実務的な観点からの解決策を提示!
編・著者石井妙子/相原佳子/佐野みゆき 編
判 型A5
ページ数484
税込価格4,320円(本体価格:4,000円)
発行年月2012年08月
ISBN978-4-417-01569-7
在庫有り
  
在庫があります

■解説
●直近の法改正や判例をフォローした好評既刊の最新改訂版!!
●複雑化・多様化する傾向にあるセクハラ・DV紛争の実体をふまえながら,
 実務的な観点からの解決策を提示!!最新の法改正の動向や新しい判例,
 統計データを収録し,ハーグ条約についても新規設問でフォローした最新改訂版!!


ISBN978-4-417-01569-7


編集者
石井 妙子  (第一東京弁護士会)
相原 佳子  (第一東京弁護士会)
佐野 みゆき (東京弁護士会)
 
執筆者(執筆順)
石井 妙子  (第一東京弁護士会)
寺前 隆 (第一東京弁護士会)
眸 克子  (東京女子大学教授,臨床心理士)
久保田 有子 (大阪弁護士会)
植木 智恵子 (第一東京弁護士会)
大澤 英雄   (第一東京弁護士会)
外井 浩志   (第一東京弁護士会)
相原 佳子  (第一東京弁護士会)
渡部 直樹 (第一東京弁護士会)
赤松 洋子  (第一東京弁護士会)
布施 憲子  (第一東京弁護士会)
安田 まり子 (第一東京弁護士会)

■書籍内容
主要目次

セクシュアルハラスメント編

機〜蹇 ]
Q1―セクハラが問題とされるようになった背景
Q2―セクハラの定義は。
Q3―セクハラの判断基準
Q4―ジェンダーハラスメント
Q5―セクハラと企業の法的責任
Q6―使用者責任と配慮義務違反の責任
Q7―加害者の法的責任
Q8―セクシュアルハラスメント被害等と被害者心理
Q9―アカデミックハラスメントとは
供“鏗下圓梁弍策等
Q10―被害者の対応方法等
Q11―被害者の相談・救済方法等。
Q12―会社の対応に対する救済方法
Q13―ストーカー被害への対応策。
Q14―刑事告訴
Q15―民事訴訟におけるプライバシー保護
Q16―セクハラによる退職と雇用保険
掘〇業主の措置義務・対応策等
Q17―均等法における事業主の措置義務
Q18―防止対策として取り組むべきこと
Q19―相談・苦情窓口の設置
Q20―社内恋愛と配慮義務。
Q21―婚約者・恋人等からの相談
Q22―調査過程における相談者への対応。
Q23―事実が確認できない場合の対応
Q24―事実が確認できた場合の対応
Q25―管理職としての留意点
検仝鎚婿例
Q26―セクハラの認定
Q27―「性的嫌がらせ」とは
Q28―排除的セクハラ
Q29―社内恋愛とえこひいき,周囲の社員への影響
Q30―社内不倫と懲戒処分
Q31―噂とセクハラ
Q32―セクハラと降職,解雇
Q33―調査方法とプライバシー
Q34―セクハラ被害者の処遇
Q35―セクハラ被害者とのトラブル
Q36―被害者の退職と会社の責任等
Q37―セクハラに起因するメンタルヘルス不調とその法的責任
Q38―労働組合対応
Q39―出向社員のセクハラ
Q40―職場外のセクハラと使用者責任
Q41―判例の慰謝料額の水準

ドメスティック・バイオレンス編

機〜蹇 ]
Q42―DV防止法とは
Q43―DV防止法の概要
Q44―ドメスティック・バイオレンスの現状・原因
Q45―DV防止法の対象となる被害者
Q46―DV防止法の対象となる行為
Q47―DV防止法の施行状況および今後の課題
Q48―ハーグ条約に関する国内担保法
供“鏗下圓梁弍策等
Q49―相談担当機関
Q50―告  訴
Q51―警察の対応
Q52―通  報
Q53―配偶者の暴力を理由とする離婚
Q54―配偶者等の隔離
Q55―ストーカー規制法とDV防止法との比較
Q56―電  話
掘(欷醋仁
Q57―保護命令の手続
Q58―接近禁止命令
Q59―退去命令
Q60―保護命令の効果
Q61―保護命令申立書と宣誓供述書の記載内容
Q62―夫が審尋に応じない場合
Q63―保護命令の告知等
Q64―再度の保護命令
Q65―不服申立て
Q66―保護命令の取消し
Q67―プライバシーの問題
検 ̄臀者の対応
Q68―心理・社会的ケア
Q69―配偶者の暴力について相談を受けた際の注意事項
Q70―配偶者を避ける場合の問題
后ー立の支援等
Q71―一時保護
Q72―支援の内容

法令・通知
相談窓口
キーワード索引

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.