青林書院



新・商標法概説【第2版】


新・商標法概説【第2版】
 
実務家のための本格的概説書
編・著者小野昌延・三山峻司[著]
判 型A5判
ページ数640頁
税込価格6,912円(本体価格:6,400円)
発行年月2013年03月
ISBN978-4-417-01589-5
在庫有り
  
在庫があります
『新・商標法概説』〔第2版〕「補遺」完成!!

 平成24年以降の主要裁判例を追加するとともに,「外国ブランド商品の侵害問題」の解説と平成26年における商標法改正(平成26年法律第36号・第69号・第84号)の新旧対照表を補充した「補遺」を作成しました。ご入用の方はダウンロードしてお使いください。無償です。

■解説
 実務家のための本格的概説書。

◆重要な判決例や図版類を数多く採り入れ商標法の実務を浮き彫りにした最新版。

著者紹介


小野昌延

  1953年 京都大学法学部卒業
  1974年 特許庁・工業所有権審議会委員
  1975年 日本工業所有権法学会常任理事
  1978年 日弁連・無体財産権制度委員会委員長
  1999年 日本商標協会会長
  現 在 法学博士・弁護士
  

三山峻司

  1975年 中央大学法学部法律学科卒業
  2001年 日弁連・知的財産制度委員会(現知的財産センター)委員
  2008年 大阪弁護士会・知的財産委員会委員長
  現 在 弁護士・弁理士
      京都産業大学大学院法務研究科教授
      日本商標協会理事
      特許庁・工業所有権審議会委員

■書籍内容
第1編 序   論
第1章 序   説
 はじめに──商標保護の重要性
 第1節 標識の機能
 第2節 商標の意義
機‐ι犬粒鞠
供‐ι犬亮鑪
掘‐ι犬卜拈椶垢詆玄
 第3節 商標の機能
機,呂犬瓩
供‐ι犬裡海弔竜’
第2章 商標法の沿革と発展
 第1節 商標法の沿革
機〜亜 〇
供.侫薀鵐
掘.ぅリス
検. イ ツ
后.▲瓮螢
此_そ6ζ餌両ι庫
 第2節 わが国の商標法の沿革
機〜亜 〇
供〔声17年商標条例の制定まで
掘‐ι絃鯲磴茲蠡臉10年商標法まで
検‖臉10年商標法
后仝醜埔ι庫
此‐ι庫,良分改正
察(神3年の改正──サービス・マーク登録制度の導入
次(神8年・10年・11年の改正
宗(神14年・15年・16年の改正
勝(神17年の改正──地域団体商標制度の導入
第3節 商標法の国際的動向
機‐ι庫,旅餾歙
供.僖蠑鯡鶉;々業所有権の保護に関するパリ条約
掘‘段牟定
検‖森餞崗鯡鵑曚
后‐ι庫,半鯡鵑隆愀
此〆廼瓩両ι庫,糧展
第3章 商標法の概念
機‐ι庫,琉婬
供‐ι庫,遼仝
掘‐ι犬亡慙△垢詼[
第4章 商標法の体系的地位
機‐ι庫,搬召涼療財産権法
第2編 実体的商標法
第5章 商標権の成立
 第1節 登録主義と使用主義
機‥佻深腟舛琉婬
供〇藩兌腟舛氾佻深腟舛留莖
掘〇藩兌腟舛氾佻深腟舛糧羈
 第2節 商標の登録要件
機‐ι犬療佻人弖錣琉婬
供\儷謀要件
掘‐旦謀要件
検‥佻浸由の存否判断の標準時
后|賃両ι犬療佻人弖
此|楼菽賃両ι犬療佻人弖
第6章 商標権の主体
 第1節 商標権者
機仝⇒主体の要件(権利能力)
供仝⇒者適格
掘|賃両ι
検|楼菽賃両ι
 第2節 共   有
機‐ι幻△龍ν
供\賤兒藩儻△龍ν
掘…名鏤藩儻△龍ν
検ゞν商標権の権利行使
第7章 商標権の効力
 第1節 総   説
機‐ι幻△寮格
供‐ι幻△糧生
 第2節 商標権の効力
機‐ι幻△慮力
供\儷謀効力
掘‐旦謀効力
検仝⇒の限界からくる制限
后〆匿海砲茲蟆麌した商標権の効力の制限
此‖梢佑琉嫋権,特許権等又は著作権による制限
第3節 商標権の効力範囲
機‐ι幻△慮力範囲
供‐ι幻△慮力の判定
掘ゝ諾使用権
検)…蟷藩儻
后|簡殃権
 第4節 商標権侵害に対する救済
機‐ι幻△凌害
供/神犠ι覆諒孫塒入問題
掘〔瓜的救済
検〃沙的救済(罰則)
第8章 商標権の処分(商標権の移転)
 第1節 営業との分離
機‐ι幻△髪超
供 ̄超箸箸諒離
掘^榲召療佻燭噺告の廃止
 第2節 商標権の分割と移転
機‐ι幻△諒割
供‐ι幻△諒割と移転
 第3節 国若しくは地方公共団体等の商標権の譲渡制限
 第4節 公益事業の商標権の譲渡制限
 第5節 地域団体商標の商標権の譲渡制限
 第6節 共有者の持分譲渡
第9章 商標権の存続期間と消滅
 第1節 商標権の存続期間
機‖限慨間
供‖限慨間の更新
第2節 商標権の消滅
機‐ι幻△両談
供‐ι幻⊂談任慮彊
第3編 手続的商標法
第10章 総   説
 第1節 特 許 庁
機〜函 /
供/拡週擇喊拡輯
掘/該叉擇喊該佐
検/拡十餤官
 第2節 能力及び代理
機‥事者能力及び手続能力
供‖ 理 人
掘( 理 士
第3節 手続通則
機―駑狹の提出
供ヾ間及び期日
掘ヾ蟒馘提出の効力発生時期
検〜  達
后ー蠡海諒篝
此ー蠡海竜儔
察ー蠡海両儀僂搬街
次‐斂静の請求
第11章 商標登録出願
 第1節 総   説
機―弌 ヾ
供/魁 〆
掘/該困砲ける原則
 第2節 商標登録出願手続
機―亟蠅侶措亜
供―亟蠅涼碓
第3節 先願主義
機〆農莉亟蠅涼碓貊秧萓
供\茣蠎腟舛氾佻深腟繊使用主義
掘〇藩兌腟狙度
検,錣国の先願主義の内容
后‘影競合出願
此々餾歸佻申亟蠅箸諒斬
 第4節 先願主義の例外
機’醉会に出品した場合
供―亟蠅諒割
掘―亟蠅諒儿垢両豺
検.僖蠑鯡鹽に基づく優先権主張の場合
后〕彁殃儿垢里△詈篝欺亟蠅両豺
 第5節 出願公開制度
機―亟蠍開制度
供仝果(設定登録前の商標に基づく金銭的請求権)
 第6節 商標登録出願により生じた権利
機‐ι古佻申亟蠍△琉婬
供‐ι古佻申亟蠍△僚菠と制限
第12章 審   査
 第1節 審査主義と無審査主義
機/該瑳腟
供〔疑該瑳腟
掘ヽ胴颪両況
 第2節 審査官による審査
機/該困琉婬
供(式審査
掘ー詑凌該
検ゝ饑簍由
后^娶書の提出
此ゝ饑篋債蠅氾佻燭虜債
察/該瑳蠡海涼羯
 第3節 出願公告制度の廃止と情報提供制度
 第4節 登録異議
機‥佻唇杁朕塾制度
供‥佻唇杁弔亮蠡
掘‥佻唇杁弔凌該
検‥佻唇杁弔侶萃
后^杁朕塾制度と無効審判制度の異同
此‐霾鹹鷆\度
 第5節 登録許否の査定
機〆債蠅亮鑪
供‐ι古佻榛債
 第6節 登録料の納付
機‥ 録 料
供‥佻仁舛稜蕊
掘‥佻仁舛稜蕊婀限
検〕害関係人による登録料の納付
后ヾ納登録料の返還
此ヽ篩登録料
察‥佻仁舛稜蕊佞氾佻
 第7節 登   録
機‐ι古佻
供‥佻燭亮鑪
掘‐ι幻曲
検〆債蠅覆匹摩赱咾ある登録の効力
第13章 審   判
 第1節 総   説
機/拡柔度
供/拡修亮鑪
掘/拡柔禅畤裕擇喊拡柔禅瓩砲弔い討陵害関係
 第2節 不服申立ての審判
機ゝ饑篋債蠅紡个垢訖拡
供(篝気竜儔爾侶萃蠅紡个垢訖拡
 第3節 商標登録無効審判
機‐ι古佻燭量妓の審判
供‐ι幻存続期間更新登録後の無効審判
第4節 商標登録取消審判請求
機”垰藩僂砲茲訃ι古佻燭亮莨耽拡
供”埓技藩僂砲茲訃ι古佻燭亮莨耽拡
掘ヽ姐饋佑梁緲人などによる商標の不当登録に対する取消審判
第5節 審判手続
機/拡柔禅瓩諒式
供(式審査
掘‥  弁
検”堙法な審判請求の審決による却下
后/魁 〕
此ー蝓 ‖
第6節 再   審
機ー顱 〇
供〆匿海鮴禅瓩垢襪海箸できる場合
掘〆匿海寮禅甦間
検〆匿海砲茲蟆麌した商標権の効力の制限
后/拡修竜定などの準用
第14章 訴   訟
 第1節 商標関係訴訟
 第2節 行政訴訟としての商標関係訴訟
機‐ι庫,竜定する訴訟
供/碍莠莨蛋幣
掘〜幣戮亮鑪
 第3節 民事訴訟としての商標関係訴訟
機〜福 ‐
供(歔漢幣拏蠡
掘(現馗鷭侈仁
検‐攀鯤歔桓蠡

判例索引
事項索引

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.