青林書院



実務解説 借地借家法〔改訂版〕


実務解説 借地借家法〔改訂版〕
 
◆借地借家法の法律実務を体系解説!
編・著者澤野順彦 編
判 型A5判
ページ数528頁
税込価格5,076円(本体価格:4,700円)
発行年月2013年04月
ISBN978-4-417-01595-6
在庫品切れ
  
 品切れです

■解説
◆借地借家法の法律実務を体系解説!
◆借地非訟事件手続にかかる非訟事件手続法の改正に対応。
 重要判例についても随所で言及した実務解説書の決定版!
◆借地借家事件の紛争処理の実践的ノウハウがよくわかる!

■改訂版はしがき

 本改訂版は,平成20年以降の借地借家に関する最高裁判例(定期建物賃貸借の締結に際し交付すべき書面の内容に関する平成24年9月13日,更新料特約の効力に関する平成23年7月15日,敷引特約の効力に関する平成23年3月24日及び同年7月12日,自動改定特約がある場合の賃料減額請求額を算定する場合の基礎とすべき賃料についての平成20年2月29日の各判例)並びに借地非訟事件手続に係る非訟事件手続法の改正(平成25年1月1日施行)について触れることとし,その他若干の字句等の修正を行った。
 これからもわかりやすい借地借家法の実務基本書として,多くの読者の方々に参考にして戴けるのであれば,編者及び執筆者一同望外の喜びである。

平成25年3月
澤 野 順 彦


■執筆者紹介
澤野 順彦:弁護士,不動産鑑定士,
        (前)立教大学大学院法務研究科教授,法学博士
吉田 修平:弁護士
        政策研究大学院大学客員教授
荒木 新五:弁護士
        学習院大学大学院法務研究科教授
藤井 俊二:創価大学大学院法務研究科教授
        博士(法学),日本マンション学会副会長

■書籍内容
■目次
第1編 借地借家法の基礎知識
 第1章 借地借家法の沿革
  第1節 借地・借家法制定以前
  第2節 借地法・借家法の成立
  第3節 借地借家法の成立   
第2章 借地・借家法の内容
  第1節 はじめに
  第2節 借 地 法
  第3節 借 家 法
第3章 借地借家紛争の類型とその要点
  第1節 はじめに
  第2節 借地関係
  第3節 借地権消滅時に関する紛争
  第4節 借家関係
第2編 契約の締結
 第1章 借地権の設定
  第1節 普通借地権
  第2節 定期借地権
  第3節 事業用定期借地権
  第4節 建物譲渡特約付借地権
第2章 借家権の設定
  第1節 普通借家権
  第2節 定期借家権
  第3節 終身借家権
第3編 契約中の紛争処理
 第1章 借地に関する紛争とその処理
  第1節 総  説
  第2節 地代等の増減請求
  第3節 借地条件の変更
  第4節 借地上建物の増改築
  第5節 借地権譲渡・土地転貸
  第6節 土地の譲渡
  第7節 借地権又は土地の相続
  第8節 土地の用法違反・地代等の不払い
 第2章 借家に関する紛争とその処理
  第1節 総  説
  第2節 賃料の増減請求
  第3節 賃料債権の譲渡と差押え・担保不動産収益執行
  第4節 建物賃借権譲渡・建物転貸
  第5節 建物の譲渡・敷地借地権の消滅
  第6節 建物賃借権の相続・承継又は建物の相続
  第7節 建物の修繕・用法違反・賃料不払い
第4編 契約終了時の紛争処理
 第1章 普通借地権
  第1節 契約の更新
  第2節 正当事由
 第2章 定期借地権等
  第1節 狭義の定期借地権
  第2節 事業用定期借地権等の終了
  第3節 建物譲渡特約付借地権
 第3章 普通借家
  第1節 借家契約の終了と更新
  第2節 正当事由
  第3節 契約解除・合意解約
  第4節 原状回復
 第4章 定期借家(定期建物賃貸借)
  第1節 定期借家の終了
  第2節 定期借家の中途解約及び解除
  第3節 再 契 約
第5編 借地借家に伴う経済的問題
 第1章 借   地
  第1節 借地に伴う経済的問題
  第2節 借地権価格
  第3節 地  代
  第4節 借地の立退料
  第5節 更 新 料
  第6節 借地非訟事件に係る承諾料
  第7節 建物買取請求権
 第2章 借   家
  第1節 借家に伴う経済的問題
  第2節 借家権価格
  第3節 家  賃
  第4節 借家の立退料

 判例索引
 事項索引
 参考文献

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.