青林書院



フランチャイズ契約の法律相談〔第3版〕


新・青林法律相談


フランチャイズ契約の法律相談〔第3版〕
 
◆フランチャイズ契約の現状を余すところなく解説!
編・著者西口元・木村久也・奈良輝久・清水建成 編
判 型A5判
ページ数580頁
税込価格5,184円(本体価格:4,800円)
発行年月2013年07月
ISBN978-4-417-01600-7
在庫有り
  
在庫があります

■解説
◆成熟期を迎えつつも,新たな法的問題に直面しているフランチャイズ契約の現状を
 余すところなく解説。優越的地位の濫用,文書提出命令,フランチャイジーの労働
 者性等のホット・イシューに大胆に切り込むと共に,既存テーマも全面的にアップ
 ・デート!
◆かつてない使いやすさを実現した第3版!

■書籍内容
■編集者紹介 
西口  元(早稲田大学大学院法務研究科教授/
      弁護士 レークス法律事務所)
木村 久也(弁護士 長島・大野・常松法律事務所)
奈良 輝久(弁護士 四樹総合法律会計事務所)
清水 建成(弁護士 神谷町法律事務所)

■執筆者一覧(執筆順)
齋藤 朋子(弁護士 ディーエルエイ・パイパー東京
      パートナーシップ外国法共同事業法律事務所)
奈良 輝久(弁護士 四樹総合法律会計事務所)
神田  遵(弁護士 長島・大野・常松法律事務所)
若松  亮(弁護士 四樹総合法律会計事務所)
河野  敬(弁護士 河野法律事務所)
清水 建成(弁護士 神谷町法律事務所)
木村 久也(弁護士 長島・大野・常松法律事務所)
盒供〕昌(弁護士 平出・盒極[Щ務所)
西口  克(弁理士 ユニバーサル特許法律事務所)
黒田伸太郎(弁護士 黒田綜合法律事務所)
冨樫 憲正(弁護士 黒田綜合法律事務所)
男澤 才樹(弁護士 中山・男澤法律事務所)
林  紘司(弁護士 四樹総合法律会計事務所)
西口  元(早稲田大学大学院法務研究科教授/
      弁護士 レークス法律事務所)
宮坂 英司(弁護士 宮坂法律事務所)
毛塚 重行(弁護士 加藤法律事務所)
堂免  綾(弁護士 四樹総合法律会計事務所)

■目 次
第1章 総論

Q1 フランチャイズの歴史とその社会的経済的意義 
フランチャイズ・システムの発展の経過と社会的経済的意義は,どのようなものでしょうか。

Q2 フランチャイズの法的構成
フランチャイズ・システムはどのように定義されていますか。また,フランチャイズ契約の法的性質について教えてください。

Q3 フランチャイズと法律・業界の自主規制
フランチャイズ・システムを運用する場合に問題となる法律・業界の自主規制について教えてください。

Q4 類似システム
フランチャイズ・システム(ないしフランチャイズ契約)と類似したシステム(ないし契約)としては,どのようなものがありますか。

第2章 契約締結段階
Q5 契約締結段階において生じる問題 
フランチャイズ契約締結段階において,どのようなことが問題となっているのでしょうか。また,この問題について,どのような規制がなされているのでしょうか。さらに,実際にどのような形でこの問題が争われているのでしょうか。

Q6 フランチャイザーの情報提供義務 
契約締結段階におけるフランチャイザーの説明が不十分な場合,不法行為や信義則違反としてフランチャイジーがフランチャイザーに対して損害賠償請求を行うことができると言われていますが,フランチャイザーは,どのような場合にフランチャイジーに対して責任を負うことになるのでしょうか。

Q7 情報提供義務違反の場合の損害 
フランチャイズ契約を締結する際に,フランチャイザーのフランチャイジーとなろうとする者に対する説明が信義則上の情報提供義務違反とされた場合,フランチャイザーはどのような範囲の損害を賠償すべきでしょうか。また,損害賠償請求が認められても,過失相殺されることがあると聞きましたが,どのようなことでしょうか。

Q8 フランチャイズ契約締結に際しての留意点フランチャイズ契約を締結する際に,フランチャイザーはどのような点に注意して説明をすべきでしょうか。フランチャイジーになろうとする者はどのような点に注意すべきでしょうか。

第3章 加盟契約締結時の留意事項

Q9 イニシャル・フランチャイズ・フィーイニシャル・フランチャイズ・フィーとはどういうものでしょうか。
また,それとフランチャイズ契約におけるフランチャイジーのフランチャイザーに対するその他の金銭支払義務の関係について教えてください。

Q10 保証金をめぐる法律問題
保証金を徴収されるフランチャイズ契約が多いとのことですが,保証金とはどのようなものでしょうか。また,返ってくるのでしょうか。

Q11 テリトリー条項
フランチャイズ契約書にはテリトリー条項が設けられているものも多いとのことですが,テリトリー条項とはどのような条項でしょうか。テリトリー条項にはどのような法的問題があるのでしょうか。テリトリー条項違反になるのはどのような場合で,その場合,どのような法的効果が生じるのでしょうか。

Q12 商号・商標 
フランチャイズ・ビジネスにおいては統一したマークの下に運営が行われる場合が多いようですが,これはどういう意味を持つのでしょうか。

Q13 商標
商標を使用する上で留意すべきことはありますか。

Q14 名板貸しの問題
フランチャイザーがフランチャイジーの営業に関し,自己の商号,商標その他の標識等の使用を許諾している場合,フランチャイザーが,フランチャイジーの取引の相手方に対し責任を負うことがあるのでしょうか。

Q15 研修等の問題(初期研修)
フランチャイズ・システムに加盟する場合には,各種研修への参加が義務づけられると聞いておりますが,その内容及び法的問題点について教えてください。

Q16 フランチャイジーの店舗(設計・建築と管理責任)
フランチャイズ・システムにおいて,フランチャイジーは店舗を自由に建てられるのでしょうか。店舗の管理責任はフランチャイザーとフランチャイジーのどちらにあるのでしょうか。
また,フランチャイズ契約の終了後に店舗についてしなければならないことはあるでしょうか。

第4章 契約締結後の諸問題
Q17 ノウハウの付与 
フランチャイズ契約においてはフランチャイザーによるノウハウの付与が非常に重要だと聞いておりますが,その内容及び法的問題点について教えてください。

Q18 不正競争防止法
フランチャイズ・ビジネスと不正競争防止法との関係について教えてください。

Q19 広告・販売促進の問題
フランチャイズと広告・販売促進の問題について教えてください。

Q20 ロイヤルティをめぐる法律問題
フランチャイズにおけるロイヤルティとはどのようなものでしょうか。また,その算出方法にはいろいろなものがあるとのことですが,その代表的なものについて教えてください。

Q21 営業秘密
フランチャイジーが守らなければならない営業秘密というものはあるのでしょうか。また,それはどのようなものでしょうか。

Q22 会計管理 
フランチャイズ契約継続中,フランチャイジーの会計管理はどのようになされているのでしょうか。また,オープンアカウントとはどのような制度でしょうか。

Q23 顧客情報の管理
フランチャイザーの有する顧客情報については,どのような点に注意して管理すべきでしょうか。また,顧客情報を不当に取得されたり使用されたりした場合はどのような問題が生じるのでしょうか。

Q24 フランチャイザー,フランチャイジーの営業(1) 
フランチャイズ・システムを運用してゆく際に問題となる,フランチャイザー,フランチャイジー間特有の権利義務関係について教えてください。

Q25 フランチャイザー,フランチャイジーの営業(2) 
フランチャイズ・システムを運用してゆく際に問題となる,フランチャイザー,フランチャイジー間特有の権利義務関係について,特にフランチャイジーが調達する物品,フランチャイジーが販売する商品及び役務,その他フランチャイジーの営業に関する重要な項目の3点について教えてください。

Q26 第三者に対する責任(製造物責任)
フランチャイザー及びフランチャイジーに製造物責任法上の責任が発生することはあるのでしょうか。あるとすればどのような場合か具体的に教えてください。

Q27 経営権の拘束
フランチャイズ・ビジネスにおいて,フランチャイザーが,フランチャイジーの役員の選任など,単なる事業運営上の拘束を超えて,フランチャイジーの経営にかかわる事項に関与することには問題がないでしょうか。

Q28 ランニング時に締結される加盟契約以外の各種契約
フランチャイズ・ビジネスを運営してゆくに当たって,フランチャイザー,フランチャイジー間では加盟契約以外にどのような契約が締結されるのでしょうか。その内容を教えてください。

第5章 契約終了時の諸問題
Q29 期間満了及び更新
フランチャイズ契約に契約期間の定めがある場合には,契約は期間満了により終了するのでしょうか。契約が更新されるのはどのような場合でしょうか。

Q30 合意解約
フランチャイズ契約の合意解約について教えてください。

Q31 一方当事者による解約 
フランチャイズ契約の一方当事者が契約を解約することができるのはどのような場合か教えてください。

Q32 違約金をめぐる法律問題
フランチャイズ契約と違約金の関係について教えてください。

Q33 フランチャイズ契約終了後の処理
フランチャイズ契約が終了した場合に,フランチャイザー,フランチャイジーはそれぞれどのような処置をとる必要があるでしょうか。

Q34 契約終了後の競業避止義務及び秘密保持義務
フランチャイズ契約終了後のフランチャイジーの競業避止義務及び秘密保持義務について教えてください。

Q35 仮処分の問題
フランチャイズ契約の終了をめぐる仮処分の問題について教えてください。

第6章 契約上の地位の移転,M&A
Q36 フランチャイズ契約の譲渡
フランチャイジー又はフランチャイザーがその契約上の地位を譲渡する場合に発生する法律上の問題について教えてください。

Q37 フランチャイザーの先買権
フランチャイザーの先買権とはどのようなものでしょうか。また,どのような点が法律上問題となるかについて教えてください。

Q38 フランチャイザーのM&Aとフランチャイジーの対応
フランチャイザーのM&Aとフランチャイジーの対応について説明してください。

Q39 フランチャイズ契約におけるM&A関係の条項 
フランチャイズ契約におけるM&A関係の条項について説明してください。

第7章 倒産処理
Q40 フランチャイザーに対する民事再生・会社更生手続
フランチャイザーについて民事再生手続が開始された場合や会社更生手続が開始された場合に生じる法律上の問題点について教えてください。

Q41 フランチャイザーの破産
フランチャイザーについて破産手続が開始された場合に生じる法律上の問題点を教えてください。

Q42 フランチャイジーに対する民事再生手続 
フランチャイジーに対する民事再生手続が開始された場合に生じる法律上の問題点を教えてください。

Q43フランチャイジーの破産
フランチャイジーについて破産手続が開始された場合に生じる法律上の問題点を教えてください。

第8章 フランチャイズ・システムの再編(スクラップ・アンド・ビルド)
Q44 不採算フランチャイジーの適切な処理
不採算フランチャイジーの適切な処理方法について教えてください。

第9章 独占禁止法,下請法
Q45 フランチャイズと独占禁止法
フランチャイザーがフランチャイズ・システムを運営するに当たって,留意すべき独占禁止法の規定について教えてください。

Q46 拘束条件付取引 
フランチャイズ契約において,フランチャイジーに対面販売などの一定の販売方法を履践させることには法的問題はないのでしょうか。

Q47 抱き合わせ販売等 
フランチャイズ契約において,フランチャイザーが自己や自己の指定する事業者から商品,原材料等の供給を受けるよう求めることにはどのような問題があるでしょうか。

Q48 ぎまん的顧客取引,優越的地位の濫用など不公正な取引方法 
(1) 私は,コンビニエンスストア・チェーンを主催する大手フランチャイザーとの 間でフランチャイズ契約を締結し,フランチャイジーとしてコンビニエンスストア店舗を経営しています。取扱商品には賞味期限
等が定められた弁当や食品があり,期限間際にはなかなか売れませんし,売れ残れば廃棄損が生じてしまいます。そこで,できればタイミングを見て値引き等をしたいと思っています。フランチャイザーの担当
 者に相談しましたが,「フランチャイズ契約及びそれに基づくマニュアルには値引き販売の禁止が明記されている。販売価格を定めることは自由だが,期限間際で割り引いたりするのは当チェーンのやり方に反
 し,信用も毀損する行為なので,絶対にやめてほしい。」といわれました。廃棄損を減らすことは私の利益になり,ゴミが減ってエコにもなります。こうした禁止を定めるフランチャイズ契約等には問題はないのでしょうか。

(2) 私は,フランチャイジーに支払うチャージ(フランチャイズ料)は,私が店舗を経営して得た利益の一定割合として算定されると思っていたのですが,調べてみると,結果的に賞味期限の満了や陳腐化等により廃棄することとなり商品についても販売した商品の場合と同様に利益が生じたように計算され,チャージが生ずるような仕組みになっていることが分かりました。これについて,不当・違法な点はないのでしょうか。

(3) 店舗の業務のうち,公共料金その他の収納代行業務は,煩瑣なばかりで利が薄く,誤収納や現金取扱いによる強盗被害等のリスクを増やす点でも負担です。また,深夜も含め24時間の営業時間に伸長したことも,深夜の売上げは少ない反面,深夜労働の負担や強盗被害の危険が増大し,不利益にしかなりません。私は収納代行はやめ,深夜の営業も辞めたいのですが,フランチャイザーは,収納代行や深夜営業を行わないことは契約違反で解約の理由になるとそれらの業務を強要します。こうしたやり方に問題はないのでしょうか。

第10章 マルチユニット・フランチャイズ,サブ・フランチャイズ,国際フランチャイズの諸問題
Q49 サブ・フランチャイズ契約の諸問題
メガ・フランチャイジー,マルチユニット・フランチャイジー,サブ・フランチャイザーとはどのようなものですか。また,サブ・フランチャイズ契約とはどのような契約で,どのような条項が用意されるのでしょうか。

Q50 国際フランチャイジング 
フランチャイズ・システムを国際的に展開する際には,どのような方法があり,どのような点に注意すれば良いでしょうか。また,海外のフランチャイズ・システムを日本で展開する際には,どのような点に注意す
べきでしょうか。

第11章 そ の 他
Q51 管轄の合意,移送 
フランチャイズ契約において,管轄の合意,移送を定めることができるのでしょうか。その場合の法的問題点について教えてください。

Q52 文書提出命令
フランチャイズ契約締結に当たり,フランチャイザーから,将来の損益予想の参考資料として,同じフランチャイズ・チェーンに加盟する類似店の収益状況に関する資料の提供を受け,それを信じてフランチャイズ契約を締結しましたが,予想に反して売上げが伸びなかったので,フランチャイザーに対し,説明義務違反を理由として,損害賠償請求訴訟を提起しました。
この訴訟において,類似店の決算書の文書提出命令を求めることができるのでしょうか。

Q53 民法改正との関係 
現在,法制審議会において,民法(債権法)改正に向けた作業が進んでいると聞きますが,この改正が実現した場合,フランチャイズ契約については,どのような影響が生じると予想されますか。

Q54 フランチャイズ契約紛争と要件事実
フランチャイジーがフランチャイザーに対して,情報提供義務違反を理由とする損害賠償請求訴訟を提起した際の要件事実は何ですか。

Q55 主な契約項目とその留意点
フランチャイズ契約における契約項目の留意点について,解説してください。

Q56 フランチャイジーの労働者性
フランチャイジーが,フランチャイザーの労働者に当たるとして,労働基準法や労働組合法などが適用されることはありますか。

資 料 編
【資料1】JFA倫理綱領
【資料2】フランチャイズ契約の要点と概説(抄)
【資料3】中小小売商業振興法(抄) 
【資料4】中小小売商業振興法施行規則(抄)
【資料5】不公正な取引方法
【資料6】フランチャイズ・システムに関する独占禁止法上の考え方について
【資料7】流通・取引慣行に関する独占禁止法上の指針(抄) 
  
  事項索引
  判例索引


Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.