青林書院



体系化する知的財産法 (上)


体系化する知的財産法 (上)
 
全分野を体系的な視点からまとめ上げる!
編・著者辰巳 直彦 著
判 型A5判
ページ数352頁
税込価格3,672円(本体価格:3,400円)
発行年月2013年11月
ISBN978-4-417-01610-6
在庫有り
  
在庫があります

■解説
学生や資格試験受験者のテキストとして最適であると同時に
研究者・実務家にとってはより深い世界へと分け入る格好の案内役!


●はしがき
  ―恩師故北川善太郎先生に捧ぐ―
 本書は,法律の基礎知識を習得した上で知的財産法を勉強しようとする学部学生,院生や法科大学院生,弁理士試験を受験しようとする者,その他,知的財産法に興味を持って習得しようとする一般人の方はもちろん,知的財産法に興味を持ち又は専門とされている法律実務家や法律研究者を読者層としている。そして,法学研究者である筆者なりに法実践に関わる者として,しかし研究者として実務法曹を媒介として法実践に参与せざるを得ないという限界を自覚しつつ,知的財産法の全分野を体系的な視点からまとめ上げて執筆し,それを提示することを試みたものである。学部学生又は院生が本書を読むとき,最初はわからないところは飛ばし読みをしてよいし,何となくわかるだけでもよい。そして,もし繰り返し読む機会があれば,知的財産法の詳細に触れて,より深く勉強・研究して欲しいと思う。勉強とは繰り返しであることに尽きるからである。他方,法律実務家や法律研究者の方々には,筆者の知的財産法の体系的な視点と捉え方を読み取って頂き,いろいろとご批判・ご意見を頂戴できればと願っている次第である。いずれの読書層の方々の中でも,次世代の若い人達が,知的財産法について少しでも興味を持ち,また,すでに興味を持っておられる方々には,より深くその世界に分け入ってもらえれば,筆者としては幸いである。
                           2013年10月
                            辰巳 直彦
   
−お奨めの関連する書籍−


■書籍内容
●著 者
 辰巳 直彦(たつみ なおひこ)

●目 次

第1章 知的財産法と社会
 第1節 身の回りの知的財産
 第2節 知的財産,知的財産権,知的財産法
 【ピックアップ】 我が国における知的財産とその保護法
 第3節 近代における知的財産保護の必要性──主たる法律に則して
 第4節 知的財産の国際的保護の必要性
 第5節 我が国の現在の知的財産保護に当たっての立脚点

第2章 特許法――発明と特許要件
 第1節 特許権による発明保護
 第2節 発明の意義
  1 発明の定義
 【ピックアップ】インターネットを用いたソフトウェア関連発明 
  2 発明のカテゴリー
 第3節 特許取得の実体要件
  1 特許要件
  2 新 規 性
 【ピックアップ】用途発明についての新規性の認定〔スーパーオキサイドアニオン分解剤事件〕 
  3 進 歩 性
 【ピックアップ】進歩性の判断有無の仮想事例
 【ピックアップ】「選択発明」と「利用発明」
  4 産業上の利用可能性
 【ピックアップ】人の医療行為と医薬品・医療機器 
  5 不特許事由

第3章 特許手続
 第1節 特許取得手続
 第2節 発明者と特許を受ける権利
  1 発明者と特許を受ける権利
 【ピックアップ】特許を受ける権利の性質論──法的思考のために 
  2 特許を受ける権利の移転・承継・消滅
 【ピックアップ】特許を受ける権利の承継と対抗問題
  3 職務発明
  4 冒認出願と特許権
 第3節 出願手続
 1 書面主義
 【ピックアップ】発明の完成の要件としての「有用性」と,発明の構成要件としての「用途」 
 【ピックアップ】「実施可能要件」を満たさないとされた事例〔組ブロック事件〕
  2 出願の効果
  3 特別な出願
  4 出願公開
 第4節 特許出願審査
  1 出願審査手続
  2 補正
  3 特許権設定登録
 第5節 審判と審決取消訴訟
  1 審判
  2 拒絶査定不服審判
  3 訂正審判
  4 特許無効審判
  5 再 審
  6 不服申立てと審決取消訴訟

第4章 特許権の効力と活用
 第1節 特許権の効力
  1 専用権としての特許権
 【ピックアップ】物を生産する方法につき特許権が及ぶ「物」の範囲
  ─「直接生産物」だけか,それとも「間接生産物」を含むのか
  2 利用発明の実施制限
  3 特許権の消尽
  4 財産権としての特許権
  5 特許権の消滅
  6 特許権の制限
 第2節 特許権の活用と実施権
  1 概 説
  2 専用実施権
 【ピックアップ】専用実施権設定登録の意味
  3 通常実施権
  4 裁定通常実施権

第5章 特許発明の技術的範囲と特許権侵害
 第1節 特許発明の技術的範囲の確定(クレーム解釈)
  1 特許発明の技術的範囲
  2 特殊なクレームの特許発明の技術的範囲の確定
 第2節 無効理由と特許発明の技術的範囲
  1 歴史的経緯
  2 権利行使制限規定の新設
  3 審判と特許侵害訴訟
 第3節 均等論
 【ピックアップ】均等論のまとめ 
 第4節 間接侵害
 【ピックアップ】特許権の侵害主体
 第5節 特許権侵害に対する救済
  1 概説
 【ピックアップ】差止請求・損害賠償請求の訴訟物と既判力・訴権の濫用
  2 差止請求権
 【ピックアップ】特許権侵害の主張立証
  3 損害賠償請求権
 【ピックアップ】102条1項の算定例
  4 不当利得返還請求
  5 信用回復措置請求
 第6節 刑罰規定

第6章 実用新案法
 第1節 小発明の保護
 第2節 考案と登録要件
 第3節 実用新案登録手続
  1 考案者と実用新案登録を受ける権利
  2 出願及び登録手続
  3 訂正及び実用新案登録無効審判
 第4節 実用新案権の効力
  1 専用権
  2 実用新案権の制限と消滅
 第5節 実用新案技術評価
 第6節 登録実用新案の技術的範囲と侵害訴訟
  1 登録実用新案の技術的範囲
  2 侵害に対する救済
 第7節 刑罰規定

第7章 意匠法 
 第1節 工業デザインの保護
 第2節 意匠
 第3節 意匠登録要件
 【ピックアップ】部分意匠
 第4節 意匠登録取得手続
  1 創作者と意匠登録を受ける権利
  2 出願及び登録手続
  3 組物の意匠,関連意匠及び秘密意匠の登録出願
  4 審査主義
 第5節 意匠登録無効審判
 第6節 意匠権の効力
  1 専用権
  2 財産権としての意匠権
  3 意匠権の制限と消滅
 第7節 侵害訴訟
  1 登録意匠の範囲
  2 侵害に対する救済
 第8節 刑罰規定

第8章 種苗法
 第1節 植物新品種の保護
 第2節 保護の対象と品種登録要件
 第3節 品種登録出願手続
 第4節 育成者権の効力
 第5節 侵害に対する救済
 第6節 刑罰規定

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.