青林書院



家事調停の実務


家事調停の実務
 
編・著者紙子達子・野本俊輔・羽成守 編
判 型A5判
ページ数618頁
税込価格5,400円(本体価格:5,000円)
発行年月2014年09月
ISBN978-4-417-01633-5
在庫有り
  
在庫があります

■解説
家事事件手続法による新しい調停制度をわかりやすいQ&Aで解説。

●家事調停の経験が豊富な執筆陣が実務を詳解。
●手続の総論的な問題や,各種事件において争点に
 なりやすいポイントを網羅。


編者

紙子 達子:弁護士・慶應義塾大学法学部卒業
野本 俊輔:弁護士・中央大学法学部中退
羽成  守:弁護士・中央大学法学部卒業

執筆者(執筆順)

吉葉 一浩:弁護士・慶應義塾大学法学部卒業
中谷 仁亮:弁護士・上智大学法科大学院修了
紙子 達子:(上掲)
三神 光滋:弁護士・明治大学大学院法学研究科博士前期課程修了
金澄 道子:弁護士・中央大学法学部卒業,お茶の水女子大学大学院修士課程修了
久保  貢:弁護士・北海道大学法学部卒業
三枝 恵真:弁護士・慶應義塾大学法学部卒業
兼川 真紀:弁護士・早稲田大学法学部卒業,政策研究大学院大学修士課程修了(政策研究)
澄川 洋子:弁護士・明治大学大学院法学研究科博士前期課程修了
広瀬めぐみ:弁護士・上智大学外国語学部卒業
山田 攝子:弁護士・早稲田大学法学部卒業
中村規代実:弁護士・慶應義塾大学法学部卒業
加藤 祐司:弁護士・早稲田大学法学部卒業
牛島 聡美:弁護士・中央大学法学部卒業,ニューヨーク大学客員研究員
           (2000年〜2001年)
   
−お奨めの関連する書籍−

民事調停の実務
◆調停委員経験者と法律家が,実務を詳細に解説!
編・著者:羽成 守・野本俊輔 編
発行年月:2013年07月
税込価格:4,104
在庫:品切れ



■書籍内容
目 次

第1編 家事調停手続総論
第1章 家事調停の基本
Q1 家事調停事件の種類
 家事調停事件には,どのような事件がありますか。また,どのように分類されますか。
Q2 家事調停事件の管轄裁判所
 家事調停事件の管轄裁判所は,どのように定められていますか。
Q3 移送と自庁処理
 家事調停事件の移送とは何ですか。また,自庁処理とは何ですか。
Q4 調停機関
 家事調停を行う調停機関には,どのようなものがありますか。
Q5 調停委員会
 調停委員会とは何ですか。その組織と権限はどのように定められていますか。
Q6 家事調停委員
 家事調停委員にはどのような人が選ばれますか。その地位等はどうなっていますか。
Q7 家事調停官
 家事調停官とはどのような人ですか。どのような権限をもちますか。
Q8 家庭裁判所調査官
 家庭裁判所調査官とはどのような人ですか。家事調停にどのように関与するのですか。
Q9 医師である裁判所技官
 医師である裁判所技官とはどのような人ですか。家事調停にどのように関与するのですか。
Q10 裁判所職員の除斥・忌避・回避
 裁判官の除斥・忌避・回避とは,どのような制度ですか。
 調停委員や他の裁判所職員についても,
 同様の制度がありますか。
Q11 事件記録の管理等
 家事調停事件の記録はどのように作成・管理されますか。
Q12 事件記録の閲覧等
 家事調停事件の記録の閲覧,謄写等はどのような扱いになっていますか。
Q13 当事者能力・手続行為能力
 家事調停手続における当事者能力及び手続行為能力とは何ですか。
Q14 法定代理人の権限
 家事調停手続において,法定代理人にはどのような権限が認められていますか。
Q15 法定代理人の利益相反
 家事調停手続において未成年者又は被後見人とその法定代理人との間に利益相反があるときは,
 どのような扱いになりますか。
Q16 手続法上の特別代理人
 手続法上の特別代理人とは,どのような制度ですか。
Q17 手続代理人の資格
 家事調停手続において,弁護士でない者を手続代理人にすることができますか。
Q18 手続代理人の地位及び権限
 家事調停手続において,手続代理人の地位及び権限はどのように定められていますか。
Q19 子の手続代理人
 家事事件手続法では,どのような場合に子が自分で調停に参加したり,
 代理人を選任することができるようになったのでしょうか。
 両親の離婚事件や面会交流事件で自分の意見をいうことが
 できますか。
Q20 裁判長による手続代理人の選任
 家事調停手続において,裁判長が手続代理人を選任するのはどのような場合ですか。
Q21 手続代理人の利益相反
 家事調停手続において手続代理人の利益相反があるときは,どのような扱いになりますか。
Q22 補 佐 人
 家事調停手続における補佐人とは,どのような人ですか。どのような場合に許可されますか。

第2章 調停手続
Q23 調停の申立て
 家事調停事件の申立ては,どのように行いますか。
Q24 申立ての併合
 申立ての併合は,どのような場合に認められますか。
Q25 申立書の写しの送付
 家事調停の申立書の写しの送付は,どのように行われますか。
Q26 調停前置主義と必要的付調停
 調停前置主義とは何ですか。また,必要的付調停とは何ですか。
Q27 任意的付調停
 任意的付調停とは何ですか。
Q28 調停手続の非公開
 家事調停手続の非公開とは,どういう意味ですか。
 どのような場合に傍聴が許可されますか。
Q29 調停期日とその指定等
 調停期日とは何ですか。期日の指定や変更は,どのようになされますか。
 調停の場所は,どのように定められていますか。
Q30 調停手続の併合・分離
 家事調停手続の併合・分離は,どのような場合に行われますか。
Q31 申立ての変更
 申立ての変更は,どのような場合に認められますか。
Q32 調停期日の進行方法(双方立会いの手続説明,別席・同席調停)
 調停期日はどのようにして始まりますか。期日に当事者は同席するのでしょうか。
Q33 主張書面・証拠資料の提出
 当事者の主張書面や証拠資料を提出する時はどのような注意が必要ですか。
 また調停ではどのような扱いになりますか。
Q34 当事者参加
 当事者参加とは何ですか。どのような場合に,当事者参加が認められるのですか。
Q35 利害関係参加
 利害関係参加とは何ですか。どのような場合に,利害関係参加が認められるのですか。
Q36 調停手続からの排除
 家事調停手続からの排除とは何ですか。
 従来行われていた家事調停手続からの脱退との違いは何ですか。
Q37 調停手続の受継
 家事調停手続の受継とは何ですか。どのような場合に,受継が認められますか。
Q38 電話会議システム等による調停手続
 電話会議システムによる調停手続とは,どのようなものですか。
 また,テレビ会議システムによる調停手続とは,どのようなものですか。
Q39 調停手続における事実の調査(法56・58,規44)
 調停の手続の中で行われる事実の調査は,どのような場合にどのように行われるのですか。
Q40 調停手続における証拠調べ(法56,規44)
 調停の手続の中で証拠調べについては,どのような定めがあり,
 実際はどのような場合に実施されるのでしょうか。
Q41 調停手続における調査嘱託(法62,規45,法64,民訴法186)
 調停の手続における裁判所の調査嘱託とはどのようなことですか。
Q42 調停手続における子の意思の把握等(法65)
 子の意思の把握とはどのようなことで,どのように規定されているのですか。
Q43 調停手続における中間合意(法253)
 調停手続において中間合意がされるのはどのような場合ですか。
Q44 調停手続上の裁判に対する不服申立て
 調停手続においてなされた裁判の不服申立てとしてはどのような方法がありますか。
Q45 高等裁判所における調停手続
 養育費の審判の抗告審である高等裁判所で審理係属中ですが,
 当事者間で合意ができそうなので,諸条件をつめるため調停手続にしたいのですが,
 可能でしょうか。

第3章 調停手続の終了
Q46 調停手続の終了事由
 家事調停事件の終了事由にはどのようなものがありますか。
 また,それぞれにつき,家事調停事件の終了時期はいつですか。
Q47 調停合意の成立と効力(法268,規130)
 調停が成立するには何が必要ですか。
 また,成立した調停の効力はどのようなものがありますか。
Q48 調停調書の更正(法269)
 離婚調停事件における慰謝料の分割払いの条項に計算違いがあり,
 調停調書が誤った記載になっています。
 どうすれば良いですか。
Q49 調停条項案の書面による受諾(法270,規131)
 調停の期日に遠方のため出頭するのが困難な当事者がいるのですが,
 調停を成立させることは可能ですか。
Q50 調停をしない措置(法271,規132機
 離婚の調停を申し立てられたのですが,相手方は,
 手続を引き延ばしているとしか思えません。何か方法がありますか。
Q51 調停の不成立(法272,規132供
 調停の不成立はどのような場合におきますか。
Q52 調停申立ての取下げ(法273)
 調停を申し立てたのですが,一向に進展がありません。取下げは可能でしょうか。
Q53 当事者の死亡
 相手方から家事事件の調停を起こされましたが,相手方が死亡しました。
 どのように対応すればよいでしょうか。

第4章 合意に相当する審判
Q54 合意に相当する審判の手続
 合意に相当する審判とはどのような手続ですか。
 その対象となる事件にはどのようなものがありますか。
Q55 合意に相当する審判に対する不服申立手続
 合意に相当する審判に対する不服申立手続はどのようなものですか。
Q56 合意に相当する審判の効力
 合意に相当する審判の効力はどのようなものですか。

第5章 調停に代わる審判
Q57 調停に代わる審判の手続
 調停に代わる審判とはどのような手続ですか。
 その対象となる事件にはどのようなものがありますか。
Q58 調停に代わる審判に対する不服申立手続
 調停に代わる審判に対する不服申立手続はどのようなものですか。
Q59 調停に代わる審判の効力
 調停に代わる審判の効力はどのようなものですか。

第6章 調停手続における保全手続
Q60 調停前の処分はどのような場合になされますか
 調停の申立てをすると,調停前の処分ができるようになったと聞きましたが,
 どのような場合に利用できますか。調停前の処分は,当事者の申立てが必要ですか。
Q61 調停前の処分の効力(法266)
 調停前の処分が出ると,強制執行ができるのでしょうか。
 調停前の処分に不服のときには,どのようなことができますか。
Q62 審判前の保全処分とは(法105)
 審判の申立てをしないと,審判前の保全処分の申立てはできないのでしょうか。
 できれば調停での話合いをじっくりやりたいと思っているのですが,
 調停中に不動産が処分されてしまうと困るのです。
Q63 審判前の保全処分の手続(法106,規75)
 調停中に申し立てる審判前の保全処分では,どのような書類を作成し,
 どのような資料を提出すればよいのでしょうか。
 裁判所は当事者の提出した資料だけで判断をし,事実の調査は行われないのでしょうか。
Q64 審判前の保全処分の効力
 調停中に,審判前の保全処分の審判が出ましたが,強制執行はできますか。
 調停が不成立になり,審判移行したときには,効力を失いますか。
Q65 審判前の保全処分に対する不服申立て
 審判前の保全処分に対し,審判が出ましたが,
 不服のときにはどのようにしたらよいのでしょうか。
 即時抗告をすれば,執行停止になりますか。
Q66 民事保全法による保全手続
 家事事件で保全処分をしたいのですが,家事事件手続法に定められた
 「調停前の処分」と「審判前の保全処分」しか利用できないのですか。

第7章 履行確保
Q67 履行勧告
 調停で養育費の支払の合意ができていたのに相手方が支払ってくれません。
 強制執行するしかないのでしょうか。家庭裁判所を利用してできることはありますか。
Q68 履行命令
 家庭裁判所に履行勧告をしてもらったところ,半年位は養育費を支払ってくれていたのですが,
 また支払が止まってしまいました。もう少し強力な制度はないのでしょうか。
Q69 強制執行
 調停での合意若しくは確定した審判で定められた内容及び審判前の保全処分による内容を,
 強制的に履行させるためには,どうしたらいいですか。

第2編 家事調停手続各論
第1章 夫婦関係事件
Q70 夫婦関係調整(円満)調停
 ささいなことで夫婦喧嘩となり,その後夫が私と子どもをおいて出て行き,
 1人住まいをしています。私は夫と元の生活に戻りたいのですが。
Q71 離婚調停
 家業に協力しない妻と夫婦喧嘩ばかりしているので離婚したいのですが,
 妻と離婚についての話合いができません。
Q72 離婚原因
 離婚調停を申し立てることができるのはどのような場合でしょうか。
Q73 有責配偶者からの離婚請求
 有責配偶者からの離婚が認められるのはどのような場合でしょうか。
Q74 内縁関係調整調停
 婚姻の届出をしないまま長年夫婦として暮らしてきたけれども,その関係を解消したいとき,
 調停を利用できるでしょうか。手続を教えてください。
Q75 離婚調停に伴う付随調停事項1
 離婚調停を申し立てるつもりですが,子どもの今後のことなども一緒に決めたいと思います。
 そのような調停ができるでしょうか。
Q76 離婚後の紛争調停
 私たち夫婦は離婚しました。引越し先で落ち着くまで,荷物をそのままにさせておいてもらいたい,
 後日引き取らせてもらいたいといわれ,了解しましたが,離婚後1年が経過して,
 何度連絡しても荷物を引き取ってくれません。そろそろ気持ちの整理をつけて再出発したいと
 思いますが,話し合う方法はあるでしょうか。
Q77 財産分与調停
 離婚の届出はしたけれども,財産分与が終わっていないというような場合で,
 調停を利用したいと思います。財産分与調停とはどのようなものでしょうか。
Q78 年金分割調停
 離婚の届出をしました。年金分割の合意もしたいと考えていますが話合いがうまく進みません。
 年金分割調停申立てとはどのようなものでしょうか。
Q79 離婚慰謝料請求調停
 夫の浮気が原因で協議離婚しました。夫に慰謝料を請求したいのですが,どうすればよいでしょうか。
Q80 婚姻費用分担請求調停
 小学生の息子を連れて家を出ました。夫は,私が勝手に出て行ったのだから生活費を渡す必要は
 ないと言います。夫に生活費の請求をしたいのですが。
Q81 婚姻費用算定表
 婚姻費用算定表とはどういうものですか。どのように利用するのですか。
Q82 婚姻無効・取消調停(法282)
 彼から,結婚しなければ私の過去をネットに公表すると脅され,婚姻届にサインしてしまいました。
 婚姻を取り消すにはどうしたらいいですか。
Q83 協議離婚無効・取消調停
 半年前に夫が私に無断で離婚届を出していたことを知りました。
 私は夫と離婚するつもりはないのですが,どうしたらよいでしょうか。
Q84 婚姻関係存否確認調停
 別居中の夫と離婚することが決まり,夫から署名済みの離婚届が送られてきたので,
 私が離婚届を提出しました。ところが,離婚届が受理された前日に夫が自殺していました。
 この場合,離婚は成立しているのでしょうか。
Q85 婚姻関係事件の戸籍手続
 夫と調停離婚しました。子どもの親権者は私です。この後,戸籍の手続はどうすればよいのでしょうか。

第2章 婚外男女関係事件
Q86 婚約不履行による損害賠償請求調停
 結婚する約束をして交際していましたが,突然,結婚しない,別れようといわれました。
 相手にはどんな請求ができますか。
Q87 不倫相手に対する慰謝料請求調停
 夫の不倫相手に慰謝料を請求したいのですが,どのような方法がありますか。調停でできますか。

第3章 実親子関係事件
Q88 親権者の指定・変更調停
 親権に争いがある場合,親権者指定はどのような基準でなされますか。
 いったん決まった親権者を変更する場合はどうでしょうか。
Q89 監護者の指定・変更調停
 夫婦が別居する際に,どちらが子と一緒に暮らすか,子の取合いになっています。
 どのような法的手続が考えられますか。また,親権者でない者が子の世話をしたい場合に
 どのような申立てが考えられますか。
Q90 養育費調停
 養育費は子どもがいくつになるまで請求できますか。その法的な根拠は何でしょうか。
 養育費の金額を変更したい時にはどうしたらよいですか。
Q91 養育費算定表
 養育費はどの程度の金額を払うのか決まっていますか。
 養育費算定表で決まる金額よりも少なかったり多かったりするのはどのような場合ですか。
Q92 面会交流調停
 面会交流調停はどのように進みますか。面会交流が認められるための要件は何ですか。
 面会交流を支援する第三者機関などはありますか。
Q93 認知・嫡出否認調停(法283)
 婚姻をしていない男女間に生まれた子について,実父がこれを認める場合の手続及び
 これを認めない場合にとるべき手続にはどのようなものがありますか。
Q94 認知無効・取消調停
 迫られて認知をしてしまいましたが,実際の父子関係がない場合に,認知の無効を調停で
 主張することはできますか。取消しはどうでしょうか。
Q95 実親子関係存否確認調停
 夫婦が結婚している間に生まれた子に,実の父子関係がない場合,これを確認するための
 申立ては嫡出否認の訴えだけでしょうか。親子関係不存在確認の訴えで対応すべきなのは
 どのような場合でしょうか。
Q96 実親子関係事件の戸籍手続
 子どもが生まれたらどのように戸籍を提出するのでしょうか。認知をした場合はどうでしょうか。

第4章 養親子関係事件
Q97 離縁調停
 養子縁組を解消したいのですが,当事者間で話合いができません。
 離縁するには,どのような手続をしたらよいのでしょうか。
Q98 縁組無効・取消調停
 戸籍全部事項証明書を取り寄せたところ,甥が養子として私の戸籍に入っていました。
 無理やり養子縁組届を作成させられた記憶はありますが,届出を承知した事実はありません。
Q99 協議離縁無効・取消調停
 養親である私の知らない間に,協議離縁届が提出され受理されたことを知りました。
 どのような手続を踏まなければならないでしょうか。
Q100 養親子関係存否確認調停
 離縁の届出をしたにもかかわらず養親子関係の実態のない養子が戸籍に記載されています。
 相続に備えて戸籍を訂正して身分関係を明確にしたいのですが,どのような手続が必要でしょうか。
Q101 養親子関係事件の戸籍手続
 養親から離縁調停を申し立てられました。離縁には応じるつもりですが,
 永年使ってきた氏を変えたくありません。可能でしょうか。

第5章 親族関係事件
Q102 扶養請求調停
 年金が少なく生活が苦しいので,息子たちに生活費の援助をしてもらいたいのですが。
Q103 親族間紛争調整調停
 夫の両親が建てた二世帯住宅で同居するようになってから,夫の両親とギクシャクするように
 なりました。以前のような良好な関係を取り戻したいのですが。

第6章 遺産分割事件
Q104 遺産分割調停の申立て
 A子の亡父甲は遺言を残していなかったので,母乙,兄Bと妹Cと話合いで父の遺産を分けたいと
 考えていますが,兄Bは母及びACら妹と仲が悪いため話合いがまとまりそうにありません。
 そこで,A子は裁判所に持ち込んで解決したいと考えています。どのような手続がありますか。
 また,どのように申し立てればよいでしょうか。
Q105 遺産分割調停の手続手順
 遺産分割調停の手続は,どのように進められるのですか。調停が不成立に終わった場合,
 あらためて審判の申立てが必要ですか。また,審判までにどのようなことが行われ得るのでしょうか。
Q106 相続人の範囲
 遺産分割調停で相続人の範囲を確認する必要があるのはなぜですか。
 また,どのようにその範囲を確認するのですか。当事者となるのはどの範囲ですか。
 共同相続人中に熟慮期間中の者や所在不明,長期間生死不明の者がいる場合,
 どのように対応すればよいですか。
Q107 相続人の不存在
 亡父甲の遺産分割について,A子が母乙,兄B及び妹Cを相手に遺産分割調停を申し立てたのですが,
 兄Bと母乙・AC姉妹との対立が深く,話合いがまとまらないまま調停手続の期日が重なっていた
 ところ,同調停手続の途中でBが死亡しました。Bは独身で,乙及びA,Cは従前対立が激しかった
 Bの遺産について相続する意思はなく家裁で放棄申述手続をしたので,Bには相続人がいないこと
 になります。この場合,亡父甲の遺産分割におけるBの相続分や係属している調停手続は
 どうなるのですか。また,B自身の遺産の処遇はどうなるのでしょうか。
Q108 相続分の譲渡・放棄
 相続分の譲渡・放棄とは何ですか。また,譲渡・放棄した当事者は調停・審判手続に
 関与し続けることができるのでしょうか。その際,相続分の譲渡・放棄の真意の確認方法は
 どのようにするのですか。
Q109 遺産の範囲
 どのような遺産が相続の対象となるのですか。遺産分割の対象とは異なるのですか。
Q110 遺産分割の対象財産(遺産の範囲と異なる)
 遺産分割の対象となる財産の範囲は,遺産の範囲と異なると聞きましたが,どのように異なる
 のでしょうか。具体的にはどのような財産が遺産分割の対象となるのでしょうか。
Q111 使途不明金
 相続開始前に一部の相続人が被相続人名義の預金を引き出し,使途不明金があることが判明した
 ため,このままでは遺産の範囲が確定しません。調停手続との関係においてどのように対応する
 べきでしょうか。
Q112 遺産から生じる果実
 遺産から生じる果実(相続開始後の賃料,利息及び配当金等)は遺産分割の対象財産になるのでしょうか。
Q113 遺産の評価
 遺産の評価はなぜ必要ですか。また,調停実務上,評価の基準時や方法はどのようにされていますか。
Q114 特別受益⑴
 特別受益による持戻しとはどのような制度ですか。特別受益は遺産分割にどのような影響を与えるのですか。
Q115 特別受益⑵
 共同相続人について特別受益が問題となるのはどのような場合ですか,また特別受益にあたる遺贈,
 贈与にはどのようなものがありますか。
Q116 特別受益⑶
 超過特別受益と遺留分侵害とはどのような関係に立ちますか,また超過特別受益額は
 誰がどのように負担しますか。
Q117 特別受益⑷
 特別受益の評価はどのような時点でするのでしょうか。
Q118 寄与分⑴
 寄与分とはどのような制度ですか。寄与分は遺産分割にどのような影響を与えるのですか。
Q119 寄与分⑵
 寄与分が主張できるのは誰ですか,またどのような寄与が特別の寄与といえますか。
Q120 遺産分割の方法
 遺産分割の方法にはどのようなものがありますか。共有物の分割とはどのように異なりますか。
Q121 遺産分割と登記
 相続開始後,相続財産である不動産について遺産分割がなされたのですが相続を原因とする移転登記を
 していませんでした。そうしたところ,この不動産を取得しないこととなった相続人の債権者がその
 持分を差し押さえてしまいました。

第7章 遺留分減殺事件
Q122 遺留分の意義,遺留分侵害額の計算,遺留分算定の財産
 遺留分とはどのような制度ですか,遺留分侵害額はどのように計算されますか。
Q123 遺留分減殺の順序と減殺の割合,減殺請求後の法律関係
 複数の遺贈,死因贈与,生前贈与がある場合に減殺請求はどのようにするのですか。
 また,減殺請求後の法律関係はどのようになりますか。
Q124 価額弁償⑴
 遺留分減殺請求がなされた場合に,金銭を支払って解決する価額弁償という制度があるとのことですが,
 どのような内容のものですか。
Q125 価額弁償⑵
 価額弁償額についての遺留分権利者と遺留分義務者の利益の調整について判例上様々な工夫がなされて
 いるとのことですが,どのような工夫なのでしょうか。
Q126 遺留分と特別受益・寄与分
 遺留分侵害額の算定にあたり,寄与分が考慮されていません。このことは実際の家事調停や訴訟において
 どのような意味がありますか。

第8章 その他の相続関係事件
Q127 遺産をめぐる紛争調停
 遺産分割を終えたのですが,相続人の1人が遺産分割の対象とした財産の内に自分の物があると
 言い出しました。
Q128 相続回復請求調停
 相続の放棄をした人から,相続の放棄は共同相続人が書類を偽造したものであるから無効であるとして,
 遺産分割調停の申立てがなされました。相続放棄の手続は既に15年も前のことであり,相手方の相続
 回復請求権は時効によって消滅していると思うのですが。
Q129 祭祀財産承継調停
 死亡した父がお墓を所有していましたが,このお墓を今後守っていく人はどのように決めれば良いですか。

第9章 渉外家事調停事件
Q130 渉外家事調停事件とは
 渉外家事調停事件とはどのようなものですか。どのような判断が加わりますか。
 また,調停前置主義は適用されますか。
Q131 渉外離婚調停
 渉外離婚調停は,どのような場合に日本でできますか。
Q132 渉外離婚に伴う財産的請求・養育費請求調停
 国際結婚をしましたが,離婚をする場合,財産的請求・養育費を請求するにはどうしたらいいでしょうか。
Q133 渉外子の引渡し・面会交流調停
 国際結婚をした日本人が配偶者の本国で住んでいましたが,家庭内暴力を受けたことから,
 16歳未満の子どもを連れて日本に帰国しました。子どもを戻せと配偶者からいわれていますが,
 どうしたらいいですか。
Q134 渉外遺産分割調停
 ⑴ 日本で暮らしている日本人である母が,外国で投資用不動産を所有していましたが,
   死亡しました。相続はどのようになるでしょうか。
 ⑵ 日本人である母が,外国で暮らしていましたが,日本に不動産があった場合の相続はどうですか。

巻末資料:養育費・婚姻費用算定表
事項索引

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.