青林書院



大コンメンタール刑法〔第三版〕第11巻 第209条〜第229条


大コンメンタール刑法【第三版】〔全13巻〕


大コンメンタール刑法〔第三版〕第11巻 第209条〜第229条
 
◆待望の[第三版]刊行開始
編・著者大塚仁・河上和雄・中山善房・古田佑紀 編
判 型A5判
ページ数680頁
税込価格9,180円(本体価格:8,500円)
発行年月2014年09月
ISBN978-4-417-01635-9
在庫有り
  
在庫があります

■解説
◆我が国最大級の刑法典注釈書。第二版完結から7年余り,待望の[第三版]
 刊行開始!
◆全13巻に改訂・増補を施し,現行刑法典の全容を解明する!
◆精鋭執筆陣が進展する学説と蓄積する判例を網羅的に検討し,関連諸法令の
 動向も踏まえ,実務と理論研究の架橋をめざす!  

(第5回配本)


◎大コンメンタール刑法〔第三版〕【全13巻】構成表
第1巻〔序論・第1条〜第34条の2〕      第8巻〔第148条〜第173条〕
第2巻〔第35条〜第37条〕          第9巻〔第174条〜第192条〕
第3巻〔第38条〜第42条〕          第10巻〔第193条〜第208条の3〕
第4巻〔第43条〜第59条〕          第11巻〔第209条〜第229条〕
第5巻〔第60条〜第72条〕          第12巻〔第230条〜第245条〕
第6巻〔第73条〜第107条〕          第13巻〔第246条〜第264条〕
第7巻〔第108条〜第147条〕


■編集者
大塚  仁 名古屋大学名誉教授
河上 和雄 弁護士・元最高検察庁公判部長
中山 善房 元東京高等裁判所判事
古田 佑紀 神奈川大学法科大学院教授・元最高裁判所判事
 
■編集委員
河村  博 名古屋高等検察庁検事長
中谷雄二郎 大阪高等裁判所判事
 
■執 筆 者
和田 雅樹 函館地方検察庁検事正
飯田 英男 弁護士・元福岡高等検察庁検事長
江口 和伸 司法研修所教官
横畠 裕介 内閣法制局長官
酒井 邦彦 高松高等検察庁検事長
小島 吉晴 公安調査庁次長
半田 靖史 東京高等裁判所判事
竹花 俊徒 さいたま簡易裁判所判事・元静岡家庭裁判所長
荒井 智也 徳島地方・家庭裁判所判事補
伊藤  納 岐阜地方・家庭裁判所長
山室  惠 弁護士・元東京高等裁判所判事
保坂 和人 法務省刑事局参事官
(執筆順・肩書は刊行時)


■書籍内容
目次

第2編 罪
第28章 過失傷害の罪〔第209条〜第211条 前注〕
第209条(過失傷害)
第210条(過失致死)
第211条(業務上過失致死傷等)
 I 趣旨
 II 本条の罪に共通する問題
  1 過失に関する基本問題
  2 人
  3 死傷
  4 過失の共同正犯
 III 業務上過失致死傷罪(前段)
  1 業務
  2 業務従事者の注意義務(除く医療過誤)
  3 医療過誤
  4 法定刑
 IV 重過失致死傷罪(後段)
 V 過失運転致死傷罪(自動車運転死傷行為処罰法5条)
  1 自動車
  2 運転
  3 自動車運転者の注意義務
  4 法定刑
 VI 刑の免除(2項ただし書)
 VII 罪数
 VIII l公判上の問題点
  第29章 堕胎の罪〔第212条〜第216条 前注〕
第212条(堕胎)
第213条(同意堕胎及び同致死傷)
第214条(業務上堕胎及び同致死傷)
第215条(不同意堕胎)
第216条(不同意堕胎致死傷)
  第30章 遺棄の罪〔第217条〜第219条 前注〕
第217条(遺棄)
第218条(保護責任者遺棄等)
第219条(遺棄等致死傷)
  第31章 逮捕及び監禁の罪〔第220条〜第221条 前注〕
第220条(逮捕及び監禁)
第221条(逮捕等致死傷)
  第32章 脅迫の罪〔第222条〜第223条 前注〕
第222条(脅迫)
第223条(強要)
  第33章 略取,誘拐及び人身売買の罪〔第224条〜第229条 前注〕
第224条(未成年者略取及び誘拐)
第225条(営利目的等略取及び誘拐)
第225条の2(身の代金目的略取等)
第226条(所在国外移送目的略取及び誘拐)
第226条の2(人身売買)
第226条の3(被略取者等所在国外移送)
第227条(被略取者引渡し等)
第228条(未遂罪)
第228条の2(解放による刑の減軽)
第228条の3(身の代金目的略取等予備)
第229条(親告罪)
 
【補遺】 自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律
     (平成25年法律第86号)
 
    判例索引

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.