青林書院



国家賠償訴訟


リーガル・プログレッシブ


国家賠償訴訟
 
編・著者深見 敏正 著
判 型A5判
ページ数324頁
税込価格3,456円(本体価格:3,200円)
発行年月2015年01月
ISBN978-4-417-01642-7
在庫有り
  
在庫があります

■解説
裁判実務の実際を理解するための必読の書。

●国家賠償訴訟入門の決定版。
●国家賠償訴訟の特殊な実務上の解釈・運用について,裁判官が,各問題点ごとに 
 裁判例を分析しつつわかりやすく解説。


はじめに 

 本書は,国家賠償法の解釈を中心とし,消滅時効等民法の適用,訴訟の運営等に
論究した国家賠償訴訟についての概説書である。法律実務家の書くものであるから
,判例の到達点を明らかにすることを中心に,国家賠償法の実務上の解釈,運用を
明らかにしようと努めた。そうしたことから,各問題点ごとに最高裁判例を中心に
裁判例を多く指摘したが,逐一原典に当たりながら本書を読む労苦を省くために,
できる限り最高裁判例の原文を引用した。その際,本文が横書きなので,差し支え
がない限り,漢数字は便宜上アラビア数字で表記し,個人名が記載された部分を引
用する場合には,アルファベットに置き換えて表記することとした。本書は,学兄
須藤典明判事とリーガルプログレッシブシリーズの第一冊目にあたる『LP民事保
全』の最終原稿を青林書院の長島晴美さんに渡した後に,執筆を始めたものである
。その後,東京地裁から大阪地裁,横浜地裁,徳島地裁と異動したこともあり,
『LP民事保全』が三訂版と版を重ねる中,執筆は遅々として進まなかったが,訟
務の要職を務められ,私の在籍部の部総括判事をされていた宗宮英俊元判事及び学
兄須藤典明判事から,適切な助言と励ましをいただき,8年以上の年月を経て,よ
うやく日の目を見ることができた。いろいろ更なる記載をしたい部分もあり,完成
した文献とはいえないかもしれないが,1つの区切りとし,仮に改訂の機会があれ
ば,更なる充実を図りたいと考えている。
 私は初任の東京地裁以来,行政調査官や訟務の要職を経験された部総括判事の方
々の指導を受け,また,訟務部門に在籍した際も,上司,同僚の方々から,国家賠
償法の解釈等について種々の教えを受けた。本書を読まれたこれらの方々からお叱
りを受けないかが心配ではあるが,現時点での私の国家賠償訴訟についての理解を
示すことで,今後の実務の進展に何らかの役割を果たすことができれば幸いに考え
ている。

平成26年12月10日
深見 敏正 



執筆者紹介

深見 敏正
徳島地方・家庭裁判所長




■書籍内容
目 次 

第 1 章 国家賠償訴訟の現代的意義と適用範囲

宜餡版綵訴訟の意義

   1 .国家賠償の意義
   2 .国家賠償訴訟の機能
 被害者救済機能
 適法性統制機能
 行政訴訟補完機能
 政策形成的機能

狭餡版綵法に基づく損害賠償請求権の性質及び歴史的沿革

   1 .国家賠償法に基づく損害賠償請求権の性質
   2 .大日本帝国憲法下での国家賠償
 国家無答責の原則
 国家無答責の原則の適用 
   3 .国家賠償制度に近接した制度
 損 失 補 償 
 安全配慮義務と国家賠償制度 
   4 .本書の構成
 国家賠償訴訟の始まり
 当事者及び裁判所がまず検討する事項
 論述の順序について


第 2 章 国家賠償法 1 条関係事件の要件事実

騎詰

   1 .不法行為法の特別法
   2 .使用者責任との相違
   3 .責任の性質  自己責任か代位責任か
   4 .国家賠償法 1 条 1 項関係事件の要件事実

狭駛瑤聾共団体の公務員

   1 .国又は公共団体の意義
 概説 
 普通地方公共団体 
 公共組合 
 特殊法人  
 行政機関に対する国家賠償請求  
   2 .公務員
 公務員の意義
 公務員の特定
係権力性

   1 .公権力の行使の意義
   2 .公権力の行使の意義についての見解
   3 .行政指導と公権力性

舷μ慨慙∪

更坩拈

左琉嬲瑤浪畆

   1 .過失責任主義
   2 .過失の意義
 客観的な義務違反  
 過失を客観的に捉えることの効果 
 組織的な過失
   3 .過失と違法性の関係
   4 .法の解釈の争いと公務員の過失

三稻\

   1 .違法性の意義
 不法行為法との差異
 保護されるべき権利, 利益  
 違法性判断の基準
 違法性判断の基準時
   2 .取消訴訟との関係
 取消訴訟の排他的管轄と国家賠償訴訟 
 取消訴訟の違法性と国家賠償訴訟の違法性
     (違法性一元説と違法性相対説) 
 抗告訴訟の判決の既判力と国家賠償 
   3 .規制権限不行使の違法
 問題の所在 
 規制権限不行使の違法についての考え方 
 判例の立場 

実山乙擇唹果関係

   1 .損害及び因果関係の意義
   2 .因果関係の立証
   3 .損害の特殊な問題
 差額説と立証の困難な損害  
 人格的な利益の侵害に基づく損害の問題 

縮泳,療用  過失相殺・消滅時効

   1 .民法の規定
   2 .過失相殺
   3 .消滅時効・徐斥期間
 消滅時効 
 除斥期間 

称犒進鵡融

   1 .総  論
   2 .国  会
 問題の所在等 
 判例の動向  判断基準
 内閣の法案提出 
 国会の質疑と名誉毀損 
   3 .司法作用及びその関連する領域
 裁 判 官
 裁判所書記官, 執行官及び公証人
 検 察 官
 警 察 官
 弁護士法23条の 2 に基づく照会と回答 
   4 .登記及び矯正関係
 不動産登記 
 矯正関係
   5 .厚生関係
 薬害訴訟 
 予防接種
 情報の公表 
   6 .学校事故
 はじめに 
 学校事故に対する国家賠償法の適用の可否
 教師等の学校関係者の故意, 過失
 体  罰 
   7 .行政指導
 行政指導の意義と行政手続法の規制 
 行政指導の違法性  
 行政指導の法的規制 


第 3 章 国家賠償法 2条関係事件の要件事実

騎機 \

狂の営造物

   1 .公の営造物の意義
   2 .動  産
   3 .自然公物
   4 .普通財産
   5 .事実上管理するもの

契瀉屐 管理の意義

険賃なの設置・管理の瑕疵

   1 .営造物の設置・管理の瑕疵の意義
   2 .事故発生の予見可能性もしくは事故発生の回避可能性
   3 .供用関連瑕疵
 供用関連瑕疵の意義と判例の動向 
 供用関連瑕疵と違法性の判断基準としての受忍限度論
   4 .侵害行為の公共性
   5 .危険への接近
   6 .国家賠償法 1 条 1 項との関係
 問題の所在 
 国家賠償法 1 条 1 項の責任と営造物責任の境界 

肯犒進鵡融

   1 .河  川
 管 理 者  
 水難事故  
 水害訴訟における河川の設置又は管理の瑕疵の意義
 損  害 
   2 .道  路
 道路の設置又は管理の瑕疵 
 損  害 
   3 .空港・基地訴訟
 管 理 者 
 空港訴訟 
 基地訴訟 


第 4 章 賠償責任者・求償

鞠綵責任者

   1 .国家賠償法 1 条 1 項, 2 条 1 項の損害賠償の責任主体
   2 .費用負担者の責任

狂務員個人に対する損害賠償請求の可否

携鏐霤格についての留意事項

元 償 請 求

 国家賠償法1条2項による求償 
 国家賠償法2条2項による求償 
 国家賠償法3条2項による求償 


第 5 章 訴えの提起とその審理  

橘瓜訴訟法の適用

響覆┐猟鶺

   1 .訴状の必要的記載事項
   2 .請求の趣旨と請求原因の記載方法
   3 .請求の理由
   4 .添付書類

慧事者

   1 .原告
   2 .被告

限緝充圈β緲人

   1 .弁護士・司法書士
   2 .指定代理人
   3 .公共団体

洪獲

   1 .訴状の審査
 訴えの提起と補正の促し
 加害行為の特定等と訴状審査のあり方
   2 .送達を受けた被告の対応
   3 .損失補償請求訴訟との併合の可否
   4 .被収容者からの国家賠償請求についての訴訟審理
 問題の所在 
 審理上の工夫
 文書提出命令の申立てへの対応

砂乎珍幣戮砲ける審理

   1 .問題の所在
   2 .大規模訴訟等に関する特則
 大規模訴訟の意義
 受命裁判官による人証調べ
  5人の裁判官による合議体
 審理計画
   3 .損害

讃據 ゝ

   1 .主張立証責任
   2 .文書提出命令
 国家賠償訴訟における文書提出命令 
 法律関係文書該当性と除外事由の優劣 
 公務員の職務上の秘密と文書提出命令 
 刑事事件の訴訟資料と文書提出命令 
   3 .人証

悉  了

   1 .判決
 国家賠償訴訟における判決の意義 
 仮執行宣言
   2 .和解
   3 .執行


第 6 章 相互保証主義

義蠍瀛歉攫腟舛琉婬

恭姐饋

   1 .外国人の意義
   2 .分裂国家

形蠍瀛歉擇琉婬

諺幣拆紊琉銘嵒佞

事項索引
判例索引

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.