青林書院



知的財産判例総覧2014


知的財産判例総覧2014
 
編・著者TMI総合法律事務所 編
判 型A5判
ページ数498頁
税込価格6,480円(本体価格:6,000円)
発行年月2016年08月
ISBN978-4-417-01694-6
在庫有り
  
在庫があります

■解説
TMIの知財部門が総力を結集!
2014年知財判例(最高裁・高裁・地裁)分析の集大成。
第鬼「特許法・実用新案法」−全117件の判例を解説する。

はしがきより
本書は,平成26年(2014年)における知的財産権分野の判決をほぼ網
羅的に取り上げて簡潔な解説を試みる企画の第一弾として,特許分野の
判決を取り上げるものである。本年の平成28年(2016年)には知財高裁
設立から10年を経過し,裁判の動向も落ち着くころかと思われつつも,
本書が対象とする平成26年には,通信技術に関するFRAND宣言と特許権
行使の関係の問題,そして医薬品特許の存続期間延長の可否,といった
大きな法律問題で知財高裁大合議判決が言い渡されたように,発展進化
する技術動向に従って,特許法を解釈する環境が複雑になっている。そ
のようななかでも,個々の判決の判断を理解するには,事案の把握が大
前提となる。特許訴訟においては,扱われる技術分野が様々であるにも
かかわらず,前提として認識しなければならない技術知識が争点となっ
ていないことが多く,当該技術分野に精通した者でなければ,事案の把
握にとまどうことが多いのではないだろうか。また,広く裁判の傾向を
論じるときには,大きく話題になった判決だけが取り上げられて,埋も
れた判決の地道な審理経過と判断努力の分析がおろそかとなり,全体の
様相を見失いがちとなる傾向がある。
 ▼続きを読む


本書では,手始めに,平成26年(2014年)の特許訴訟の判決をほぼ網
羅的に取り上げ,その事案を分かりやすく解説し,それを踏まえて判決
の判断を簡潔に示している。本書を総覧することによって,読者は,当
該年度の判決の全体像をつかむことができるであろう。興味をもつ読者
は,本書を手がかりにして判決の原文に当たり,さらには公開されてい
る特許公報や引用文献なども取り寄せて,事案の理解をより深めること
ができる。本書は,そのような意図で編集されている。
 TMI総合法律事務所では,特許訴訟や出願あるいは意見書作成をはじ
めとする知的財産権案件処理に長けた弁護士,弁理士が共同して個々の
事案処理に当たるとともに,直近の判決を,事案に即して分析し研究す
る場を定期的に設けている。せっかくのこの成果を事務所内に秘めてお
くのは忍びなく,一覧できる形にしようという動きが所内で盛り上がり,
同様に研究の場を設けている意匠権,商標権,著作権,そして不正競争
などの分野も合わせ,知的財産権分野の判決を総覧する形で著すことに
した。本書がその成果である関係各位にとって,本書が,知的財産権分
野の訴訟動向を深く洞察するための座右の書となることを願うものであ
る。
 最後に,青林書院の宮根茂樹編集長には,本書の企画から始まり,編
集の最後の詰めに至るまで大変にお世話になった。同編集長のお力添え
がなければ本書の刊行はなかったといえる。記してお礼を申し上げる次
第である。

 平成28年7月
 TMI総合法律事務所顧問弁護士 塩月 秀平


■編集者
TMI総合法律事務所
塩月 秀平(弁護士・元知的財産高等裁判所判事)
鳥海 哲郎(弁護士)
升本 喜郎(弁護士)
大貫 敏史(弁理士)
岡田  誠(弁護士)
佐藤 俊司(弁理士)
澤井 光一(弁理士)
佐藤 力哉(弁護士)
稲垣 勝之(弁護士)
小坂 準記(弁護士)

■執筆者(執筆順)

上野 さやか(弁護士)
金田 周二(弁理士)
吉川 雅也(弁理士)
伊藤 健太郎(弁理士)
田中 智典(弁理士)
澤井 光一(弁理士)
大石 幸雄(弁理士)
吉田 幸二(弁理士)
眤次]遜 癖柩士)
稲葉 大輔(弁護士)
関根 みず奈(弁護士)
田代 啓史郎(弁護士)
伊東 有道(弁理士)
野呂 悠登(弁護士)
森 博之(弁護士)
鷲尾  透(弁理士)
阪  和之(弁理士)
今井 健仁(弁護士)
山田  拓(弁理士)
友村 明弘(弁護士)
綾  聡平(弁理士)
赤堀 龍吾(弁理士)
竹内  工(弁理士)
呉竹  辰(弁護士)
津城 尚子(弁護士)
金山 梨紗(弁護士)
睛 義幸(弁護士)
斉藤 直彦(弁理士)
岡田  誠(弁護士)
酒井 仁郎(弁理士)
白石 真琴(弁理士)
江頭 あがさ(弁護士)
都野 真哉(弁理士)
北谷 賢次(弁理士)
栗林 知広(弁護士)
中野 亮介(弁護士)
佐藤 宏樹(弁理士)
盪魁‖臑◆癖杆郢痢
小田 智典(弁護士)
折田 忠仁(弁護士・弁理士)
鎌田  徹(弁理士)
松山 智恵(弁護士)
根本 浩(弁護士)
大貫 敏史(弁理士)
▲たたむ


■書籍内容
第1編 特許法・実用新案法

1 薬剤分包用ロールペーパ事件
2 マッサージ機事件
3 車椅子事件
4 無線アクセス通信システム事件
5 改善された衣類のような特徴を有する
  吸収性物品事件
6 帯電微粒子水による不活性化方法事件
7 電話番号情報の自動作成装置事件
8 メッセージ交換処理方法事件
9 フィッシング詐欺防止システムにおける
  本人確認迅速化補助システム事件
10 育苗ポット事件
11 サイホン式雨水排水装置事件
12 法面等の加工機械事件
13 手振れ補正機能交換レンズ事件
14 物流支援システムに係る相応の対価請求事件
15 レーザ加工装置事件
16 ビールの小出し装置事件
17 回転角検出装置事件
18 地盤強化工法事件
19 キノキサリンピペラジン化合物事件
20 蛍光体事件
21 カップリング装置事件
22 装身具用連結金具事件
23 高分子化合物事件
24 ソレノイド駆動ポンプの制御回路事件
25 DSPコード生成装置事件
26 オープン式発酵処理装置事件
27 オープン式発酵処理装置並びに発酵処理法事件
28 渋味マスキング方法事件
29 使用済み紙オムツの処理方法事件
30 粉粒体の混合及び微粉除去方法並びに装置事件
31 通気口用フィルター部材審決取消訴訟事件
32 ポリイミドフィルム事件
33 切餅事件
34 認証代行装置審決取消訴訟事件
35 ハイドロキシシンナム酸誘導体
  又はこれを含むトウキ抽出物を含有す
  る痴呆予防及び治療用の組成物事件
36 接触操作型入力装置に係る
  債務不存在確認請求本訴,
  損害賠償請求反訴事件
37 エチレンガス除去装置事件
38 フラッシュX線照射装置事件
39 靴下事件
40 移動通信システムにおける予め設定
  された長さインジケータを用いて
  パケットデータを送受信する方法及び装置事件
  (アップル対サムスン知財高裁大合議事件機
41 移動通信システムにおける予め設定
  された長さインジケータを用いてパケットデータ
  を送受信する方法及び装置事件
  (アップル対サムスン知財高裁大合議事件供
42 p型窒化ガリウム系化合物半導体の製造方法事件
43 多関節ロボット装置事件
44 排気ガス浄化システム事件
45 菜種ミールの製造方法事件
46 光触媒体の製造法事件
47 粉末薬剤多回投与器事件
48 ベバシズマブ事件 1
49 ネットワークゲーム用サーバ装置事件
50 高吸水高乾燥性パイルマット事件
51 職務発明対価請求事件
52 銅合金条事件
53 電子材料用銅合金事件
54 基板検査装置事件
55 フッ素置換オレフィンを含有する組成物事件
56 2室容器入り経静脈用総合栄養輸液製剤事件
57 スピネル型マンガン酸リチウムの製造方法事
58 付箋事件
59 スピネル型マンガン酸リチウムの製造方法事件
60 ガイドローラー事件
61 固体農薬組成物事件
62 移動体の操作傾向解析方法事件
63 照明装置事件
64 脱硫ゴムおよび方法事件
65 スカーフ面加工方法及び装置事件
66 流路切替ユニット事件
67 洗濯乾燥機事件
68 局所的眼科用処方物事件
69 イオンアシスト成膜方法事件
70 ロウ付け用のアルミニウム合金製の帯材事件
71 位置検出器及び接触針事件
72 動脈硬化予防剤,血管内膜の肥厚抑制剤
  及び血管内皮機能改善剤事件
73 引戸装置の改修方法及び改修引戸装置事件
74 マッサージ機事件
75 電話番号情報の自動作成装置事件
76 発明者名誉権に基づく補正手続請求事件
77 共焦点分光分析事件
78 預かり物の提示方法,装置およびシステム事件
79 窒化物半導体発光素子事件
80 知識ベースシステム,論理演算方法,
  プログラム及び記録媒体事件
81 誘電体磁器及びこれを用いた誘電体共振器事件
82 イレッサ錠(ゲフィニチブ)事件
83 誘電体磁器及びこれを用いた誘電体共振器事件
84 窒化物半導体素子事件
85 美容用ローラー事件
86 パチンコ台取付装置事件
87 粉粒体の混合及び微粉除去方法並びにその装置事件
88 縁なし畳及びその製造方法事件
89 オーガ併用鋼矢板圧入工法事件
90 水晶発振器と水晶発振器の製造方法事件
91 ジャカード経編地とその用途事件
92 アプリケーション・プログラム転送システム事件
93 白色ポリエステルフィルム事件
94 樹脂封止金型職務発明補償金請求事件
95 溶融鋳鉄設備事件
96 白カビチーズ事件
97 職務発明対価請求事件
98 シートカッター事件
99 アルコール飲料の風味向上剤事件
100 製品包装用パケット事件
101 電子装置へのアクセスを制御する
   マン・マシン・インターフェース事件
102 窒化ガリウム系発光素子事件
103 扁平形非水電解質二次電池事件
104 基板製品製造方法事件
105 食品の風味向上法事件
106 金属製ワゴン事件
107 太陽電池のバックシート事件
108 乾燥リポソームポビドンヨード組成物事件
109 流量制御弁事件
110 特許権移転登録手続等請求事件
111 固体麹の製造方法事件
112 ヘルペスの治療のためのPVP
   ヨウ素リポソームの使用事件
113 骨代謝疾患の処置のための医薬の
   製造のための,ゾレドロネートの使用事件
114 抵抗付温度ヒューズ事件
115 放射線低減方法及び放射線低減装置事件
116 マキサカルシトール製剤事件
117 液晶表示装置事件

   判例索引

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.