青林書院



意匠・デザインの法律相談


最新青林法律相談


意匠・デザインの法律相談
 
編・著者小谷 悦司・小松 陽一郎・伊原 友己 編
判 型A5判
ページ数588頁
税込価格7,920円(本体価格:7,200円)
発行年月2021年02月
ISBN978-4-417-01805-6
在庫有り
  
在庫があります

■解説
新時代のデザイン知財法制を完全解説
◆令和2年改正意匠法までの知財法改正に完全準拠!!     
◆経験豊富な実務家,知財法学者による最新の裁判例も踏まえた最先端の解説!!
◆デザイナーやデザインを学ぶ方々の理解に資する平易な解説!!

      
はしがき
 『意匠・デザインの法律相談』(新・青林法律相談)は2004年6月に初版が,
2006年3月には増刷本(第2刷)が刊行されましたが,初版刊行から16年近く
が経過しました。
 この間,産業界を含む社会が大きく変化しました。今日では,デジタル革命,
AI,IoT,第4次産業革命,5G等の言葉が巷にも溢れ,デザインをコアとした
企業戦略の必要性がますます高まってきています。
 特許庁の「特許行政年次報告書2019年版」をみると,意匠・商標制度につい
て,「優良な顧客体験が競争力の源泉として重要性を高める中,デジタル技術を
活用したデザイン等の保護や,ブランド構築のため,意匠制度等を強化する。」
とされ,また,「製品の同質化(コモディティ化)が急速に進み,機能や品質の
みで,他者製品を凌駕するだけの差別化を図ることが困難な今日,米アップル
社や英ダイソン社をはじめとする欧米企業は,デザインによって新しい価値を
創造し,イノベーションを創出するとともに,自社独自の強みや技術,イメー
ジをブランド・アイデンティティとしてデザインによって表現することで,製
品の価値を高め,世界的な市場拡大に結び付けている。」と紹介しています(
同報告書117頁等)。
 さて,令和元年改正意匠法(令和2年4月からその多くの改正項目が施行さ
れています)は,「モノについてのデザインのみならず,コト(経験)のデザイ
ンを重視する」という観点から「空間デザイン」も保護しようとするなど,そ
の保護対象の拡大や保護強化等には目を見張るものがあり,10ヵ所もの極めて
重要な改正がなされ,これにより,ようやく世界的水準に達したといわれてい
ます。
この改正法の内容を十分に理解して有効利用し,ビジネスに反映させることが
喫緊の課題といえましょう。特許庁の「特許行政年次報告書2020年版」でも,
「使いやすい意匠制度の実現に向けた取組」として,意匠審査基準の改訂など
をアピールしています(同報告書125頁以下)。
 また,デザイン保護という観点からは,著作権法も非常に重要な知的財産法
ですが,この30年間でも,インターネットやデジタル技術対応ともいえる種々
の法改正が重ねられてきており,柔軟な権利制限規定も導入され,また応用美
術についての判例や学説も,かなり深化してきています。
 さらに,より広くデザインを保護・活用するためには,意匠法や著作権法の
みならず,商標法や不正競争防止法,特許法,実用新案法など知的財産法全般
の総合的な理解が必要であることはいうまでもありません。
 そこで,本書では,改正意匠法や著作権法プロパーの内容のみならず,意
匠・デザインという客体で括って広く知的財産法全体の視座からも検討する設
問をできるだけ増やしております。
 設問は,なるべく具体化し,また回答も客観的で平易であり,最新の判例な
どもふんだんに取り入れる,というコンセプトで編集にあたりました。
 また,広く意匠やデザインに関する仕事をされている各種デザイナーや,芸
術・建築分野の大学や専門学校などで勉強をしておられる方々にもご利用頂き
たいという思いから,執筆者各位には,難関な法律用語を多用するような解説
を控えて頂き,またなるべくビジュアルな資料も添えて頂くようにもお願いし
ました。
 本書の各設問の解説については,意匠・デザイン分野の知的財産法制を研究
されている学者の先生方,弁護士資格をお持ちで,かつ経済産業省(知的財産
政策室)や特許庁の法制専門官として各所管法令を普段から手掛けておられる
方々,さらには在野において実際にクライアントから,あるいは企業内で法律
相談やデザイン戦略の立案等に対応している法律実務家(弁護士,弁理士〔イ
ンハウスを含みます〕)にお願いしました。
 そして,設問も旧版を大きくブラッシュ・アップし,今日的なものを多く加
えて1.5倍に増やし,2分冊で出版することとしました。なお,複数の異なる
設問で講学上は同一の論点に属することについて記述されているところもあり
ますが,設問単位である程度,完結する解説となっていたほうが利便性が高い
と思われ,その利用しやすさを優先しましたのでご了承願います(関連する他
の設問番号も多く引用されていますので,適宜そちらと併せてご参照頂ければ
幸いです)。
 ご多忙の中,本書の趣旨にご賛同いただき,また令和の意匠法大改正が動き
始めた時機に後れることがないようにという思いから,編集者がタイトな出版
スケジュールを設定したにもかかわらず,快く執筆をお引き受けくださった執
筆者各位には心よりお礼申し上げます。
 また,設問の改訂・追加から出版に至るまで事務局として多大なサポートを
頂きました川瀬幹生先生,早稲田祐美子先生,服部誠先生,黒田薫先生,及び
大住洋先生には感謝申し上げます。
 本書が,意匠・デザインに関わる皆様方の座右の書の1冊となれば,望外の
幸せです。
 最後に,本書の出版にあたり大変御世話になった宮根茂樹編集顧問をはじめ
とする青林書院の関係者の皆様には心からお礼申し上げます。
令和3年1月
小谷 悦司
小松 陽一郎
伊原 友己


編集者
小谷 悦司(弁理士)
小松陽一郎(弁護士・弁理士・日弁連知的財産センター幹事)
伊原 友己( 弁護士・弁理士・日弁連知的財産センター副委員長・弁護士知財
       ネット事務局長)

出版事務局
■事務局長(著作権分野担当)
 早稲田祐美子(弁護士・日弁連知的財産センター副委員長)
■事務局顧問
 川瀬 幹夫(弁理士)
■事務局(商標・不正競争防止法分野担当)
 服部  誠(弁護士・日弁連知的財産センター事務局長)
■事務局(意匠法分野担当)
 黒田  薫( 弁護士・弁理士・産業構造審議会知的財産分科会意匠制度
        小委員会委員)
■事務局(総合調整)
 大住  洋(弁護士・弁理士・関西大学法科大学院特別任用准教授)
  
執筆者(執筆順)
松本 健男(特許庁制度審議室法制専門官)
伊原 友己(上 掲) 
小松陽一郎(上 掲) 
内田  誠(弁護士・弁理士) 
村田 真一(弁護士) 
早稲田祐美子(上 掲) 
諏訪野 大(近畿大学法学部教授) 
阿久津匡美(弁護士) 
青木  潤(弁理士) 
重冨 貴光(弁護士・弁理士) 
大塚 啓生(弁理士) 
齊藤 良平(弁理士) 
野村 慎一(弁理士) 
五味 飛鳥(弁理士) 
松井 宏記(弁理士) 
安立 卓司(弁理士) 
土生 真之(弁理士) 
小谷 昌崇(弁理士) 
並川 鉄也(弁理士) 
布施 哲也(弁理士) 
服部  誠(上 掲) 
西村 雅子(弁理士・国際ファッション専門職大学教授) 
木村耕太郎(弁護士・弁理士) 
青木 大也(大阪大学大学院法学研究科准教授) 
黒田  薫(上 掲) 
城山 康文(弁護士) 
高石 秀樹(弁護士・弁理士・カリフォルニア州弁護士) 
[令和3年1月1日現在]





■書籍内容
第 1章 意匠・デザインの重要性とその保護制度,企業戦略
第1 節 意匠・デザインの重要性とその保護制度
Q 1 ■意匠・デザイン重視の時代
⑴ 最近では,製造業の分野でも,デザイン重視の時代になってきた,といわれて
います。「モノからコトへ」というキャッチフレーズも耳にします。産業界におけ
るこのような変革の状況について,わかりやすく説明してもらえますか。
⑵ また,デザインやネーミングの素晴らしさが売上げに大きく貢献した例を紹介
してください。
Q 2 ■意匠・デザインと知的財産法制の全体像
 A社から,同社はまもなく新製品の開発が終わりそうな段階にきており,その機
能はもとより,デザインの極めて優れた携帯電話を発売することとなるので,他社
に真似をされないように,今のうちに使えそうなあらゆる知的財産権で十分に保護
しておきたいがどうすればよいか,との相談を受けました。機能や,デザインなど
は,それぞれどのような法律でどのように保護される可能性があるのでしょうか。
法律ごとにその概要を説明してください。
Q 3 ■意匠・デザインとその保護の限界
 工業デザインが意匠法で保護されることは知っていますが,意匠・デザインは意
匠法以外でもいろいろな法律で保護される可能性があると聞いています。では逆に,
どのような意匠・デザインがどのような法律で保護されない可能性があるのか,そ
の保護の限界(侵害だと言われた場合の対抗手段など)について整理して教えてく
ださい。
Q 4 ■ゲームデザインと知的財産権
⑴ 私はゲームデザイナーになり,新しく恋愛シミュレーションゲームを開発する
こととなりました。ゲームソフト全体,そのストーリー性,主人公のキャラクター
,背景画面,BGM などは法的に保護されるものでしょうか。
⑵ 主人公を織田信長にし,その名前とイラストを結合させて商標登録をとりたい
なあと思いますがいかがでしょうか。主人公に現存する有名人の名前を使ってもい
いものでしょうか。
⑶ よく知られた音楽をゲームのBGM に使うことは許されるでしょうか。
⑷ 世間では,主人公の能力値を無限にする行為が勝手に行われることがあると聞い
ていますが,許されるでしょうか。
⑸ ゲーム実況動画を配信することはゲームに関する知的財産権の侵害にはならな
いのでしょうか。
Q 5 ■意匠法による意匠・デザインの保護
⑴ 工業製品のデザインは主として意匠法で保護されると聞いていますが,そもそも
意匠法とはどのような法律なのですか。その制定・改正の歴史も簡単に説明してくだ
さい。
⑵ 令和元年に意匠法が大きく改正されたそうですが,その改正の背景・目的と,改
正内容の特徴を総括してわかりやすく説明してもらえますか。また,今後の課題とし
てはどのようものがあるのでしょうか。
Q 6 ■商標法による意匠・デザインの保護 ・
 商標法は,自己の商品を他人の商品と区別するために自己の商品に用いるマーク(
標識)を保護する法律であると聞いています。商標法の概要と,商標法で意匠・デザ
インが保護されることがあるかどうかについて,教えてください。
Q 7 ■著作権法による意匠・デザインの保護
 著作権法は,本来は美術や音楽等を保護する法律と聞いています。そもそも著作権
法が保護しようとしている対象にはどのようなものがありますか。特に意匠・デザイ
ンも保護されるのでしょうか。
Q 8 ■著作権法による応用美術の保護
⑴ 応用美術とか工業的量産品とかいわれるデザインはどのようなものですか。裁
判例の流れや国際的動きについてもそのポイントを教えてください。
⑶ 私は工業デザイナーですが,会社の指示に従って非常にスマートなスタンド灰
皿とAI で英会話ができるかわいい人形を作り出しました。工業デザインは意匠法で
保護されると聞いていますが,量産されるこれらの商品も著作権法で保護されますか。
Q 9 ■不正競争防止法による意匠・デザインの保護
 不正競争防止法はどのような法律ですか。そして,その法律では意匠・デザインは
どのように保護されるのでしょうか。
Q10 ■デザインと営業秘密
⑴ 商品デザインは,一般的には商品の試作や製造を外部に委託したり,広告宣伝した
り,販売を開始することによって広く知られることにとなりますが,企業秘密として保
護できる場合はあるでしょうか。
⑵ 商品のデザインを契約で営業秘密として保護することのメリットはあるでしょうか。
Q11 ■パブリックドメイン
⑴ 意匠法や著作権法により独占権が付与されたイラストや商品の形態などの意匠・デ
ザインは,どの程度の期間,保護されるでしょうか。
⑵ 意匠法や著作権法による保護期間が経過したとき,その意匠・デザインはパブリ
ックドメインとして自由に使用してよいのでしょうか。
Q12 ■ライセンサーが意匠権等を売却する場合,ライセンシーはどうすべきか
 私の勤務するA社は,意匠権や著作権を有するB社と意匠権通常実施権設定契約や
著作権利用許諾契約を締結し,かなりの設備投資も行って大々的にビジネスを展開し
てきましたが,最近になって,ライセンサーのB社からこの意匠権と著作権をC社に
譲渡するとの連絡を受け,たいへん困っています。何とかならないものでしょうか。
第2 節 企業における意匠・デザインの管理等
Q13 ■企業における意匠・デザインの活用
 私の会社ではこれまで技術開発を重視し,特許権は積極的に権利化し,活用してき
ました。しかし,市場では製品のデザインを重視する傾向が高まっているので,意匠
などにも目を向ける必要があるのですが,意匠権などに関する経験に乏しい状態です。
⑴ 意匠法ではその保護対象が最近変わったと聞きました。その点も踏まえて企業に
おける意匠・デザインについての基本的な考え方や活用方法,管理方法等について教
えてください。
⑵ また,他社の「デザイン」著作物を利用したいがその作者がわからないような場
合にも便利な制度があると聞きましたので,その点もご紹介ください。
Q14 ■職務創作意匠・職務著作の取扱いなど
⑴ 当社では最近になって社内デザイナーが増えてきました。そこで,社内で創作さ
れた意匠・デザインについてどのような取扱いをすればよいのか,留意点についてお
教えください。
⑵ 当社では,外部のデザイナーにデザインの制作の委託をする場合も増えてきまし
た。外部にデザインの制作を委託した場合,完成したデザインの引渡しを受けるだけ
で特に問題はないでしょうか。
⑶ 当社に所属しているデザイナーがデザインした制作デザインが大ヒットしたので
すが,この制作デザインは,社内の他のデザイナーにその制作デザインの一部を修正
させていたものでした。誰の権利になるでしょうか。このデザイナーが,外部のデザ
イナーの場合はどうでしょうか。
Q15 ■工業デザインの自主登録制度など
 当社は,古い伝統的な着物や帯,あるいは現代にマッチした斬新な柄の衣服も製造
販売しています。毎年,多数のデザインを創作していますが,商品のライフサイクル
も短く,意匠法を利用することに限界を感じています。ライフサイクルの短いデザイ
ンについて,他の法律で保護されることはあるでしょうか。また,業界内だけに通ず
る自主登録制度を運用している例があると聞いていますが,ご存じなら教えてくださ
い。

第 2章 意匠法による意匠・デザインの保護
第1 節 意匠登録の一般的要件
Q16 ■意匠登録出願件数等
⑴ 日本では,意匠登録出願はどの程度利用されていますか。
海外はどうでしょうか。
⑵ 意匠登録出願をした場合,順調に審査が進めば,どの程度で意匠公報が発行
されますか。その登録査定率はどの程度でしょうか。
Q17 ■意匠権獲得のための手続
⑴ 意匠権を取得するためには,どのような手続が必要ですか。
⑵ わが社は建築設計業者ですが,設計に当たって,意匠調査をしておく必要はあ
りますか。調査の必要があるとすれば,どのような調査ができますか。
⑶ 特許法等では出願公開制度で先願にどのようなものがあるかを調べることがで
きるでしょうが,商標法や意匠法ではどうなっていますか。
⑶ 出願から登録になるまでの手続の概要と代理人費用も含めた費用を教えてくだ
さい。
Q18 ■意匠登録の要件
⑴ 令和元年の意匠法改正では,意匠法による保護対象が大きく拡充されたようで
すが,ポイントをわかりやすく説明してもらえますか。
⑵ 会社の命運をかけた新製品のデザインを創り上げ,意匠権をとりたいと思いま
す。どのような意匠が意匠権の対象となるのでしょうか。
Q19 ■意匠権の存続期間
⑴ 令和元年改正意匠法で,意匠権の存続期間が変更されたようですが,出願係属
中のものも含め,どのように変更されたか説明してください。
⑵ 関連意匠の存続期間はどのようになっていますか。
第2 節 特別な意匠登録要件
Q20 ■空間デザイン(建築物及び内装)
⑴ 令和元年改正意匠法では,不動産である建築物や内装について,その全体と部
分意匠が認められるようになったそうですが,その具体例や限界を教えてください
。ここでの建築物は,屋根や柱,壁があるものに限られるのでしょうか。また,橋や
煙突等も意匠法上の建築物に入るのでしょうか。
⑵ 日本庭園や競技場,ゴルフコースは意匠登録が認められますか。
⑶ 内部に什器もないようなショールームも内装の意匠として登録されるでしょうか。
Q21 ■建築物
⑴ 外壁の周りにツタを張り巡らせた建築物を創作したのですが,ツタごと建築物の
意匠として出願することはできますか。
⑵ この場合,時間の経過とともにツタは成長していきますが,その度に出願をしな
くてはならないのでしょうか。
⑶ ツタではなく,外壁の周りに木を植えた場合はどうでしょうか。
Q22 ■内  装
⑴ 内装の意匠と組物の意匠は,いずれも一意匠一出願の例外とのことですが,どこ
が違うのでしょうか。
⑵ 内装の意匠で要件とされている「内装全体として統一的な美感を起こさせる」と
は,どういう場合を指すのでしょうか。
⑶ 個人のユニットを六角形にし,これを蜂の巣状に配置するオフィスデザインを創
作しました。これを内装の意匠の部分意匠として出願するとき,ユニットをいくつま
で含めると,統一的な美感の要件を満たすのでしょうか。
Q23 ■画  像
⑴ 意匠法では,画像についてその保護が拡充されてきたようですが,現在では,ど
のような画像デザインが保護され,どのような画像は保護されないか,物品から離れ
た画像も保護されるのか,具体例を示して説明してください。
⑵ 映画等のコンテンツそのものも保護されますか。
⑶ 物品に記録・表示されていない画像の保護の可能性について,諸外国の例を紹
介してください。
Q24 ■部分意匠
⑴ スプーンの柄の部分だけのような部分意匠制度の概要とその制度の利用方法を
教えてください。部分意匠の意匠登録出願は多いでしょうか。
⑵ 全体意匠と部分意匠ではどちらが強い権利といえそうでしょうか。
⑶ 完成品の中に組み込まれている部品のデザインは保護されますか。
Q25 ■関連意匠・基礎意匠
⑴ わが社は,同じデザインコンセプトで数種の具体的デザインを考えたり,一貫
したコンセプトに基づいてデザインを開発し続け長期間のモデルチェンジをしていま
すが,最初の出願意匠に類似する意匠についても他社に実施されたくありません。う
まく権利をとる方法があるでしょうか。
⑵ 令和元年改正意匠法では,「本意匠」,「関連意匠」,「基礎意匠」等の用語が
出てきます。条文も複雑なので整理してわかりやすく説明してください。
⑶ 令和2年4月1日より前に関連意匠出願していた場合には,その出願や存続期間
はどのようになりますか。
⑷ 関連意匠の連鎖中に第三者の意匠出願がなされていた場合,関連意匠の保護に影
響しますか。
Q26 ■組物の意匠
⑴ 組物の意匠が意匠法でどのように保護されてきたか,簡単にまとめてもらえます
か。
⑵ 私は家具メーカーのデザイナーですが,応接家具セットや嫁入りタンスセット等
,複数の物品からなるセット商品に関し,個々の物品ごとに意匠出願すればその費用
が嵩み困っています。令和元年改正意匠法ではかなり効率のよい出願ができるように
なったそうですが,その方法について説明してください。
Q27 ■ノウハウ・秘密意匠
 特許法・実用新案法・商標法では出願をすると割と早く出願内容が公開されてしま
う可能性があると聞いています。当社の商品は厳しく安全性を要求されるもので,デ
ザインができてから実際の商品化まで数年を要します。出願を早くして早期権利化を
図りたい反面,商品化までの一定期間はデザインを伏せておきたいのですが,何かよ
い方法はありますか。
第3 節 登録要件判断の実務
Q28 ■工業上利用性
 意匠法によって保護され得る意匠は,意匠法3条1項の柱書規定の「工業上利用す
ることができる意匠」に限るとされていますが,この具体的な意味を教えてください
。農産物はどうなりますか。
Q29 ■新規性
 新規性の規定である意匠法3条1項各号の規定につき詳しく説明してください。特
に3号では類似の意匠があれば新規性がないとしていますが,出願意匠とこれに先行
する意匠との類否の判断はどのようになされるのでしょうか,具体的に説明してくだ
さい。2項では創作非容易性の規定もあり,その関係がややこしそうな感じがしてい
ます。
Q30 ■新規性喪失の例外
⑴ 先日,外部で開かれた展示会に弊社の発売予定商品を展示し,お客様の評判がよ
かったので意匠権をとりたいと考えています。「出願前に他人に見せてはダメ」と聞
いたような気がしますが,救済の方法はありますか。
⑵ 別々の展示会に2回展示しましたが,このような場合,意匠法で保護を受ける
にはどうすればよいでしょうか。
⑶ 新規性喪失の例外が認められる期間に第三者が類似の意匠を出願していた場合
でも,意匠法の保護が認められますか。
Q31 ■新規性喪失の例外と関連意匠
 展示会に展示した意匠を意匠登録出願し,これを本意匠として,関連意匠を次々
としていこうと思っています。手続の点で注意すべきことがあれば教えてください。
Q32 ■創作非容易性
⑴ 意匠法3条2項の創作非容易性に関する登録要件について,令和元年改正意
匠法では,「創作非容易性水準の引上げ」がなされたそうですね。他の産業財産権法
と同じような規定に変わったようですが,その改正内容を教えてください。
⑵ 意匠登録出願の審査において,どのような出願意匠が創作容易と判断されるの
でしょうか。
⑶ 創作性がないと主張する際に,ウェブアーカイブによる公知意匠の立証をする
ことも考えられますが,何か注意しておくべき点がありますか。
Q33 ■先願の地位
 先願に関する意匠法9条1項及び同条2項の登録要件としての先願の規定,並びに
同条3項の先願の地位の規定の趣旨を具体的に説明してください。また,意匠法3条
の2の登録要件の意味がよくわかりません。具体例を示してわかりやすく説明してく
ださい。
Q34 ■一意匠一出願
⑴ 容器に具材を入れて冷やし固めた容器付き冷菓は,1つの出願で意匠登録を得る
ことができるのでしょうか。
⑵ クッキーとお皿を所定のレイアウトで詰め合わせた詰合せセットの場合はどうで
しょうか。
第4 節 出願手続等と権利化
Q35 ■手続の流れ
⑴ 出願から意匠権発生までの実務手続において特に留意すべき点を教えてください。
⑵ 意匠出願中の意匠についてライセンスをする予定ですが,早く権利になってほ
しいと思っています。早期に権利化を図りたい場合の手段を具体的に教えてください。
Q36 ■先行公知意匠の調査の注意点
 意匠に関する調査目的(侵害回避,登録可能性,無効理由探索等)ごとの内外国調
査方法と費用の概略につき教えてください。特に,意匠権の保護対象が新たに広がっ
た関係で,建築物意匠・内装意匠・物品と切り離された画像意匠の調査に関し留意す
べきことがあれば教えてください。
Q37 ■出  願
 出願手続に関し,以下の点に分けて教えてください。なお,願書以外に特徴記載書
を提出することは有用かについても具体的に説明してください。
ヾ蟒
⊃淕漫ぜ命燭虜鄒で留意すべき点(部分意匠を含めて)
I要図と参考図の区別
い劼雰繊じ本の提出方法
ァ岼嫋△坊犬詈品又は意匠に係る建築物若しくは画像の用途」,「意匠の説明」
には何を書けばよいのでしょうか。
ζ団У載制度の意義と書き方
Г修梁称碓佞垢戮事項
Q38 ■拒絶理由への対応
 半年前に行った意匠登録出願について特許庁から拒絶理由通知書が送られてきまし
た。どのように対応すればよいのでしょうか。詳しく教えてください。
Q39 ■補  正
 願書の記載事項及び図面につき,補正が認められる範囲及び時期を教えてください。
Q40 ■出願分割と変更
⑴ 一意匠登録出願の分割制度を利用することのメリットを教えてください。
⑵ 意匠登録出願の分割が認められる場合と認められない場合を,具体的に教えて
ください。
⑶ 特許出願と意匠登録出願相互の出願変更について教えてください。
Q41 ■本意匠と関連意匠の補正
 1件の本意匠とその本意匠に類似すると思われる4件の意匠計5件を関連意匠と
して出願したところ,そのうち,1件の関連意匠が本意匠と類似するものとは認め
られない旨の拒絶理由通知を受けました。この場合,どのように対応したらよいの
でしょうか。その他,関連意匠の補正に関し,留意すべき点を教えてください。
Q42 ■審  判(査定系)
⑴ 意匠登録出願をしたところ,引用意匠に類似するから登録できない旨の拒絶査
定処分を受けてしまいました。私としては,私の出願意匠と審査官引用の意匠とは
類似するものではないと思うのですが,打つ手はあるのでしょうか。教えてくださ
い。
⑵ 拒絶査定不服審判をした場合,どの程度登録が認められるでしょうか。
Q43 ■審判(当事者系)・判定
⑴ 弊社所有の意匠権に対し,A社から,出願前に頒布したA社のカタログに掲載
されている意匠と類似するから無効理由があるとする無効審判請求を受けました。
この場合,どのように対応すればよいのでしょうか。
⑵ 無効審判請求をしたそのA社が,弊所所有の意匠権とはまったく関係のない事
業をしている場合は,どうでしょうか。
⑶ 弊社所有の別の意匠権について,B社とライセンス交渉をしていますが,意匠
権の有効性について議論となっています。特許庁に判定してもらう制度があるよ
うですが,その手続,メリット・デメリットを説明してください。
Q44 ■審決取消訴訟のポイント
⑴ 特許庁での審判の結果に不服がある場合,いつまでに,どこの裁判所に,どの
ような手続をすればよいでしょうか。費用・審理手続の特徴・審理期間などについ
て,わかりやすく説明してください。
⑵ その判決にも不服がある場合,どうすればよいでしょうか。
⑶ 判決が確定すると,その後はどうなりますか。

第 3章 商標法による意匠・デザインの保護
Q45 ■商標登録出願
⑴ 当社は,自社が製造,販売するランプに「ヒョウザン」という名称で,ランプ
を製造,販売しています。指定商品を「ランプ」とし,当社の製造,販売するラン
プの図柄とその左下に「ヒョウザン」という文字を付した結合商標の商標登録出願
を行ったところ,指定商品を同じくする「ショウザン」の登録商標が引用されて,
拒絶査定を受けてしまいました。当社は,商標登録できないのでしょうか。
⑵ 当社のランプは,いわゆるリプロダクション品であり,20世紀初頭以降に世界
的に流行したインテリア品を真似て完成させたデザインを採用しています。この事
実は,商標登録の可否に影響するでしょうか。
Q46 ■商標法におけるデザインの保護
 デザインであっても商標的な意味合いを持てば商標法による保護をも受けること
ができるものと聞いています。どのようなデザインがどのような条件下で商標法で
も保護されるのでしょうか。実例を挙げて説明してください。
Q47 ■「新しいタイプの商標」とデザインの保護
 2015年から始まった,いわゆる「新しいタイプの商標」(「動き商標」「色彩のみ
からなる商標」「ホログラム商標」「位置商標」「音商標」)制度は,デザインの保護
という観点からも利用できると思います。実際にどのような条件がそろえば登録で
きるのか,特許庁の審査の動向を踏まえて説明してください。
Q48 ■立体商標の保護
 立体商標として登録された例が多数あるようですが,商品の表面等にトレードマ
ークとみられる文字商標や図形商標の平面商標が付されていない商品や商品の包装,
容器の形状は登録されにくいと聞いています。特許庁での実際の取扱いを審判決例
を挙げて説明してください。

第 4章 権利の行使と効力の制限
第1 節 意匠権の行使
Q49 ■意匠権の効力範囲
⑴ 図面や写真によって表された意匠権の効力はどこまで及ぶのでしょうか。ま
た,意匠権を侵害するというためには,どのような条件を満たしていなければな
らないのでしょうか。
⑵ 意匠図面に参考図が記載されていることがありますが,意匠権の効力にどう影
響しますか。
Q50 ■意匠の類似の範囲⑴
⑴ 弊社において製造販売している物干器に関し,A社から「A社所有の登録意匠
に類似しているから意匠権を侵害する」旨の警告状が送られてきました。弊社の
物干器の意匠とA社の登録意匠とは全体形状は一見似ているように見えますが,
部分,部分ではかなり相違しています。果たして類似するといえるのでしょうか。
⑵ 登録意匠とそれ以外の意匠が類似かどうかは,誰を基準に判断するのでしょうか。
⑶ 登録意匠と侵害対象品の形態とを比較するのに,文章で表現しなければならな
いようですが,なかなか難しいと思われます。何か表現するのに役立つ資料があ
るでしょうか。
Q51 ■意匠の類似の範囲⑵
⑴ 容器のデザインは非常に似ているが,表面の文字が大きく相違する場合,意匠
の類似判断にどう影響するでしょうか。
⑵ 登録意匠と非類似であっても,その登録意匠を利用する関係にあれば意匠権の
侵害になると聞きました。登録意匠の類似と利用はどのように違うのでしょうか。
Q52 ■画像・建築物の意匠の類似の範囲
⑴ 画像の意匠の類否判断について教えてください。画像の意匠と画像を物品や建
築物の部分として含む意匠とが類似する場合もあるのでしょうか。
⑵ 建築物の意匠の類否判断の場合はどうでしょうか。
Q53 ■画像・建築物の意匠の実施
⑴ 自己が有する意匠権に係る画像意匠と類似の意匠について,第三者がどのよう
な行為をすると当該意匠権の侵害となるのでしょうか。
⑵ 建築物の意匠の場合はどうでしょうか。
Q54 ■内装の意匠の権利範囲
⑴ 共通の形態処理を施した,机と椅子と間仕切りを含むオフィスの内装について
意匠登録を得ました。この場合,同じような机と椅子と間仕切りを使用したオフ
ィスであっても,その配置が違う場合は,この意匠権は及ばないことになるので
しょうか。
⑵ 構成要素である机の製造販売行為に対して,内装の意匠の意匠権に基づいて権
利行使をすることは可能でしょうか。
Q55 ■部分意匠の類似範囲
 部分意匠の類否判断についてはどのようになされるのでしょうか。例えば,冷蔵
庫の上部扉左端の上下方向中央部に取っ手の部分意匠がある場合,侵害対象品の取
っ手が上部扉左端の下端に位置している場合は結論に影響するでしょうか。
Q56 ■類似意匠及び関連意匠の効力
⑴ 従来の類似意匠と現行の関連意匠の効力の異同について説明してください。
⑵ 「関連意匠がたくさんあると意匠権の効力が強くなるよ」と言われたことがあ
りますが,本当でしょうか。
Q57 ■意匠権の間接侵害
⑴ 令和元年改正意匠法は,意匠法38条で間接侵害の見直しをしたとのことです
が,どのような改正がなされたのか具体例を挙げて説明してください。
⑵ 意匠権侵害対象品をばらして販売することも違法ですか。
Q58 ■意匠権の効力の制限
 意匠権にも効力の制限があると聞いていますが,どういう場合でしょうか。
Q59 ■タイムスタンプ
⑴ 私はコンテンツクリエーターですが,私の作品の創作年月日を立証できるよう
にしておくとどのようなメリットがありますか。
⑵ タイムスタンプという言葉を聞いたことがありますが,どのようなことです
か。わかりやすく説明してください。
Q60 ■意匠権と並行輸入
⑴ 特許権や商標権についての並行輸入に関する最高裁判決があるのを知っていま
すが,意匠権の並行輸入問題はどのように考えられるでしょうか。
⑵ わが社は,アメリカの有名な掃除機販売会社A社における総代理店ですが,量
販店であるB社が,わが社が取り扱っているA社の素晴らしいデザインの掃除機を
アメリカ内の商社から輸入し安価で販売を始めました。このB社に対し,A社の上
記掃除機についての日本の意匠権についてわが社が設定登録を受けている専用実施
権に基づいて,B社の販売行為を差し止めることが可能でしょうか。
⑶ わが社はA社のブランドロゴについても商標権使用許諾を得ていますが,この
掃除機に印刷表示されているブランドロゴに着目して,B社の販売行為の差止めは
できないでしょうか。
  
キーワード索引(第鬼)
判例索引(第鬼)(日本のみ)


Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.