青林書院



遺言執行と条項例の法律実務


遺言執行と条項例の法律実務
 
編・著者平田 厚 著
判 型A5判
ページ数340頁
税込価格4,950円(本体価格:4,500円)
発行年月2022年08月
ISBN978-4-417-01840-7
在庫有り
  
在庫があります

■解説
適切な遺言執行のための実務指針
●遺言内容に沿った遺言執行者の職務権限と義務を整理して解説!
●民法及び他の法令に規定されている遺言事項すべてに関する125
 の遺言条項例を掲載!
●必須の重要判例・裁判例を漏らさず盛り込む!


平田 厚 明治大学専門職大学院法務研究科教授
     弁護士:日比谷南法律事務所

 はしがき
 遺言の作成については,関連書籍が数多く出版されており,
インターネット上でも文例検索が可能な時代となっています。
一般的な遺言書を作成する場合には,それらの情報を活用すれ
ば足りるだろうと思います。しかし,遺言事項は,民法だけで
なくさまざまな法令に基づいて多岐にわたっています。それに
もかかわらず,書籍やネットで公開されている遺言文例は,案
外一般的な範囲に止まっているものが多いように思われます。
 そうだとすると,遺言に凝った内容を盛り込みたいとか,遺
言に特殊な条項を入れて工夫したいとか,遺言者の希望に対応
するための遺言文例としては,より広く遺言条項例を検討して
おいたほうがいいのではないかと思います。そのため,本書で
は,現在の法令に定められている遺言事項すべてについて条項
例を示すこととしました。
 民法が定める遺言事項の中には,それほど頻繁には活用され
ないであろうというマイナーな事項も多数存在していますが,
それほど頻繁には活用されないであろうとはいえ,民法が定め
ている遺言事項なのですから,その活用を検討してみるのも悪
くないだろうと思います。そのような観点から,本書では,マ
イナーな遺言事項も条項例として掲載することとしたわけです。
 遺言執行については,平成30年の相続法改正で条文が整理さ
れました。特に,改正前の民法1015条「遺言執行者は,相続人
の代理人とみなす。」という解釈が困難な条文が削除され,民
法1012条1項が「遺言執行者は,遺言の内容を実現するため,
相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権
利義務を有する。」と下線部のように明快な形に改正されたこ
とで,遺言執行の基本的な考え方はすっきりしました。
 しかし,遺言執行で行うべき内容がすっきりしたかというと,
必ずしもそうではないだろうと思います。なぜなら,遺言の内
容を実現するための行為は広範囲にわたっているため,どこま
でが遺言執行で行うべき行為なのかは,今後の裁判例を通じて
明確にしていかなければなりません。遺言執行については,遺
言自体に特記事項として遺言執行者の職務を定めておくことが
認められていますから,遺言書を作成する際には,どこまで遺
言執行者に担当してもらいたいのか明確にしておくことも重要
になります。
 もっとも,特定財産承継遺言の登記については,平成30年の
相続法改正によっても,遺言執行者の権限と相続人の権限とが
二重になっていますから,遺言執行者がどのような場合にどの
ような職務上の義務を負うべきかを明確にしていくべきでしょ
う。また,相続人に対する遺贈の登記についても,令和3年の
不動産登記法改正によって,相続人が単独申請することもでき
ると定められたため,そこでも遺言執行者の権限と相続人の権
限とが二重になっています。
 これまでの理解では,遺言執行者の職務権限と義務に関して
は,職務権限があれば義務を負い,職務権限がなければ義務を
負わないという二元的な理解であったかと思います。しかし,
特定財産承継遺言等のように,遺言執行者の職務権限と相続人
の権限とが二重になっている場合,遺言執行者の職務権限と義
務について多元的に理解する必要があると思います。したがっ
て本書では,遺言執行者の職務権限と義務について,遺言事項
ごとの多元的に理解する必要があるということを前提にまとめ
てみました。
 本書が出来上がるにあたっては,『独占禁止法の法律相談』
『終活と相続・財産管理の法律相談』に引き続いて,株式会社
青林書院編集部の鈴木広範氏のお世話になりました。鈴木氏に
は,本書の不十分な点を細かくチェックしていただきました。
感謝申し上げます。

 2022年7月 平田 厚


■書籍内容
第1部 遺言総論・判例
[第1章 遺言実体法]
軌筝世寮立と解釈 
 1「成立は厳格に,解釈は柔軟に」
 2遺言の解釈が問題となった事例
彊筝世琉貳姪有効要件
 1様式性
 2遺言能力
 3共同遺言の禁止
薫筝聖項の法定
鍵筝世諒式と個別的有効要件
 1普通方式遺言
 2特別方式遺言
弘筝世慮力
 1遺言の効力発生時期
 2遺言の撤回
 3遺言の無効・取消し
紺筝世糧羈嗚‥視点
 1フランス法の遺言制度
 2ドイツ法の遺言制度
 3イギリス法の遺言制度
 4アメリカ法の遺言制度
[第2章 遺言手続法]
軌筝世虜鄒・保管
 1遺言の作成
 2遺言の保管
彊筝世慮’А執行
 1遺言の検認
 2遺言の執行
 3二元的理解から多元的理解へ
薫筝戚妓確認訴訟等
 1訴訟要件等に関する裁判例
 2遺言能力に関する裁判例
[第3章 遺言に関する重要判例(裁判例)]
【判例 杠波従31・9・18民集10巻9号1160頁
【判例◆杠波従39・3・6民集18巻3号437頁
【判例】東京地判昭39・10・16判タ169号209頁
【判例ぁ杠波従43・5・31民集22巻5号1137頁
【判例ァ杠波従49・4・26民集28巻3号540頁
【判例Α杠波従51・7・19民集30巻7号706頁
【判例А杠波従54・5・31民集33巻4号445頁
【判例─杠波従55・12・4民集34巻7号835頁
【判例】最判昭56・9・11民集35巻6号1013頁
【判例】最判昭56・11・13民集35巻8号1251頁
【判例】東京高判昭57・3・23判タ471号125頁
【判例】最判昭58・3・18裁判集民138号277頁
【判例】最判昭61・11・20民集40巻7号1167頁
【判例】最判昭62・10・8民集41巻7号1471頁
【判例】最判平元・2・16民集43巻2号45頁
【判例亜杠波淑殖魁Γ粥19民集45巻4号477頁
【判例院杠波淑殖機Γ院19民集47巻1号1頁
【判例押杠波淑殖機10・19家月46巻4号27頁
【判例魁杙蓋家審平6・3・28家月47巻4号50頁
【判例粥杠波淑殖供Γ供24家月47巻3号60頁
【判例㉑】最判平8・1・26民集50巻1号132頁
【判例㉒】最判平9・11・13民集51巻10号4144頁
【判例㉓】神戸地決平11・6・9判時1697号91頁
【判例㉔】東京高判平12・3・16判タ1039号214頁
【判例㉕】最判平13・3・27判時1745号92頁
【判例㉖】最判平14・9・24判時1800号31頁
【判例㉗】最判平21・3・24民集63巻3号427頁
【判例㉘】最判平23・2・22民集65巻2号699頁
【判例㉙】大阪高決平26・4・28家判2号95頁
【判例㉚】最判平28・6・3民集70巻5号1263頁
第2部 遺言各論・条文・文例・執行
[第1章 法定相続の原則の修正]
義蠡蛙佑稜兔の遺言
 1相続人の廃除
  ア遺言による相続人廃除に関する民法の規定
  イ遺言による相続人廃除の文例
  ウ相続人廃除の遺言の執行
 2相続人の廃除の取消し
  ア遺言による相続人廃除の取消しに関する民法の規定
  イ遺言による相続人廃除の取消しの文例
  ウ相続人廃除の取消しの遺言の執行
響蠡格の指定の遺言
 1相続分の指定
  ア遺言による相続分の指定に関する民法の規定
  イ遺言による相続分の指定の文例
  ウ相続分の指定に関する遺言の執行
 2相続分の指定の委託
  ア遺言による相続分の指定の委託に関する民法の規定
  イ遺言による相続分の指定の委託の文例
  ウ相続分の指定の委託に関する遺言の執行
 3債務の承継
  ア遺言による債務の承継に関する民法の規定
  イ遺言による債務の承継
   (相続分の指定又は負担付特定財産承継遺言による)の文例
  ウ債務の承継に関する遺言の執行
薫篁妻割方法の指定の遺言
 1遺産分割方法の指定
  ア遺言による遺産分割方法の指定に関する民法の規定
  イ遺言による遺産分割方法の指定の文例
  ウ遺産分割方法の指定に関する遺言の執行
 2遺産分割方法の指定の委託
  ア遺言による遺産分割方法の指定の委託に関する民法の規定
  イ遺言による遺産分割方法の指定の委託の文例
  ウ遺産分割方法の指定の委託に関する遺言の執行
鍵篁妻割の禁止の遺言
  ア遺言による遺産分割の禁止に関する民法の規定
  イ遺言による遺産分割の禁止の文例
  ウ遺産分割の禁止に関する遺言の執行
稿段娘益の持戻しの免除の遺言
  ア遺言による特別受益の持戻しの免除に関する民法の規定
  イ遺言による特別受益の持戻しの免除の文例
  ウ特別受益の持戻しの免除に関する遺言の執行
唆ζ荏蠡蛙佑涼簡歙嫻い猟蠅瓩琉筝
  ア遺言による共同相続人の担保責任の定めに関する民法の規定
  イ遺言による共同相続人の担保責任の定めの文例
  ウ共同相続人の担保責任の定めに関する遺言の執行
三篶永侵害額の負担の定めの遺言
  ア遺言による遺留分侵害額の負担の定めに関する民法の規定
  イ遺言による遺留分侵害額の負担の定めの文例
  ウ遺留分侵害額の負担の定めに関する遺言の執行
[第2章 遺贈・特定財産承継遺言]
喫餝膂簑
 1全部包括遺贈
  ア包括遺贈に関する民法の規定
   ⑴包括遺贈・特定遺贈の区別
   ⑵遺贈の失効
   ⑶遺贈の効果
  イ全部包括遺贈の文例
  ウ全部包括遺贈に関する遺言の執行
   ⑴遺言執行者の職務
   ⑵目的財産の保全等
   ⑶対抗要件具備行為
 2割合的包括遺贈
  ア割合的包括遺贈に関する民法の規定
  イ割合的包括遺贈の文例
  ウ割合的包括遺贈に関する遺言の執行
 3負担付包括遺贈
  ア負担付包括遺贈に関する民法の規定
  イ負担付包括遺贈の文例
  ウ負担付包括遺贈に関する遺言の執行
尭団螳簑
 1土地の特定遺贈
  ア特定遺贈に関する民法の規定
  イ土地の特定遺贈の文例
  ウ土地の特定遺贈に関する遺言の執行
   ⑴目的財産の保全行為
   ⑵対抗要件具備行為
 2建物の特定遺贈
  ア特定遺贈に関する民法の規定
  イ建物の特定遺贈の文例
  ウ建物の特定遺贈に関する遺言の執行
   ⑴目的財産の保全行為
   ⑵対抗要件具備行為
 3区分所有建物の特定遺贈
  ア特定遺贈に関する民法の規定
  イ区分所有建物の特定遺贈の文例
  ウ区分所有建物の特定遺贈に関する遺言の執行
   ⑴目的財産の保全行為
   ⑵対抗要件具備行為
 4自動車の特定遺贈
  ア特定遺贈に関する民法の規定
  イ自動車の特定遺贈の文例
  ウ自動車の特定遺贈に関する遺言の執行
   ⑴目的財産の保全行為
   ⑵対抗要件具備行為
 5動産の特定遺贈
  ア特定遺贈に関する民法の規定
  イ動産の特定遺贈の文例
  ウ動産の特定遺贈に関する遺言の執行
   ⑴目的財産の保全行為
   ⑵対抗要件具備行為
 6株式の特定遺贈
  ア特定遺贈に関する民法の規定
  イ株式の特定遺贈の文例
  ウ株式の特定遺贈に関する遺言の執行
   ⑴目的財産の保全行為
   ⑵目的財産の管理行為
 7信託受益権の特定遺贈
  ア特定遺贈に関する民法の規定
  イ信託受益権の特定遺贈の文例
  ウ信託受益権の特定遺贈に関する遺言の執行
 8預貯金の特定遺贈
  ア特定遺贈に関する民法の規定
  イ預貯金の特定遺贈の文例
  ウ預貯金の特定遺贈に関する遺言の執行
   ⑴目的財産の保全行為
   ⑵目的財産の管理行為
   ⑶対抗要件具備行為
 9債権の特定遺贈
  ア特定遺贈に関する民法の規定
  イ債権の特定遺贈の文例
  ウ債権の特定遺贈に関する遺言の執行
   ⑴目的財産の保全行為
   ⑵対抗要件具備行為
 10種類債権の特定遺贈
  ア特定遺贈に関する民法の規定
  イ種類債権の特定遺贈の文例
  ウ種類債権の特定遺贈に関する遺言の執行
 11負担付特定遺贈
  ア特定遺贈に関する民法の規定
  イ負担付特定遺贈の文例
  ウ負担付特定遺贈に関する遺言の執行
 12配偶者居住権の特定遺贈
  ア配偶者居住権の特定遺贈に関する民法の規定
  イ遺言による配偶者居住権の特定遺贈の文例
  ウ配偶者居住権の特定遺贈に関する遺言の執行
 13配偶者居住権の存続期間
  ア配偶者居住権の存続期間に関する民法の規定
  イ遺言による配偶者居住権の存続期間の特則の文例
  ウ配偶者居住権の存続期間に関する遺言の執行
薫簑の特則
 1特定遺贈の承認・放棄
  ア特定遺贈の承認・放棄に関する民法の規定
  イ特定遺贈の承認・放棄に関する特則の文例
  ウ特定遺贈の承認・放棄に関する特則の執行
 2果実取得の特則
  ア果実取得に関する民法の規定
  イ果実の取得に関する特則の文例
  ウ果実取得に関する特則の執行
 3停止条件付遺贈の失効の特則
  ア停止条件付遺贈の失効に関する民法の規定
  イ停止条件付遺贈の失効に関する特則の文例
  ウ停止条件付遺贈の失効に関する特則の執行
 4遺贈の無効・失効の場合の財産帰属の特則
  ア遺贈の無効・失効の場合の財産帰属に関する民法の規定
  イ遺贈の無効・失効の場合の財産帰属に関する特則の文例
  ウ遺贈の無効・失効の場合の財産帰属に関する特則の執行
 5遺贈義務者の弁償の特則
  ア遺贈義務者の弁償に関する民法の規定
  イ遺贈義務者の弁償に関する特則の文例
  ウ遺贈義務者の弁償に関する特則の執行
 6遺贈義務者の引渡義務の特則
  ア遺贈義務者の引渡義務に関する民法の規定
  イ遺贈義務者の引渡義務に関する特則の文例
  ウ遺贈義務者の引渡義務に関する特則の執行
 7負担付遺贈の放棄・価額減少後の指示
  ア負担付遺贈の放棄・価額減少後の指示に関する民法の規定
   ⑴負担付遺贈の放棄後の指示
   ⑵負担付遺贈の価額減少後の指示
  イ負担付遺贈の放棄・価額減少後の指示の文例
   ⑴負担付遺贈の放棄後の指示の文例
   ⑵負担付遺贈の価額減少後の指示の文例
  ウ負担付遺贈の放棄・価額減少後の指示の執行
呼団蟶盪詐儀儖筝
 1全部特定財産承継遺言
  ア特定財産承継遺言に関する民法の規定
   ⑴いわゆる「相続させる」旨の遺言の意義
   ⑵いわゆる「相続させる」旨の遺言の効力
   ⑶いわゆる「相続させる」旨の遺言の派生問題
   ⑷特定財産承継遺言の明文化
   ⑸特定財産承継遺言の範囲と失効
  イ全部特定財産承継遺言の文例
  ウ全部特定財産承継遺言に関する遺言の執行
   ⑴目的財産の保全行為等
   ⑵対抗要件具備行為
 2割合的特定財産承継遺言
  ア特定財産承継遺言に関する民法の規定
  イ割合的特定財産承継遺言の文例
  ウ割合的特定財産承継遺言に関する遺言の執行
 3相続分の指定を含むもの
  ア特定財産承継遺言に関する民法の規定
  イ相続分の指定を含む特定財産承継遺言の文例
  ウ相続分の指定を含む特定財産承継遺言に関する遺言の執行
 4相続分の指定を含まないもの
  ア特定財産承継遺言に関する民法の規定
  イ相続分の指定を含まない特定財産承継遺言の文例
  ウ相続分の指定を含まない特定財産承継遺言に関する遺言の執行
 5不動産の特定財産承継遺言
  ア特定財産承継遺言に関する民法の規定
  イ不動産の特定財産承継遺言の文例
  ウ不動産の特定財産承継遺言に関する遺言の執行
   ⑴目的財産の保全行為
   ⑵対抗要件具備行為
 6預貯金の特定財産承継遺言
  ア特定財産承継遺言に関する民法の規定
  イ預貯金の特定財産承継遺言の文例
  ウ預貯金の特定財産承継遺言に関する遺言の執行
   ⑴目的財産の保全行為
   ⑵目的財産の管理行為
 7その他の財産の特定財産承継遺言
  ア特定財産承継遺言に関する民法の規定
  イその他の財産の特定財産承継遺言の文例
  ウその他の財産の特定財産承継遺言に関する遺言の執行
   ⑴目的財産の保全行為
   ⑵対抗要件具備行為等
 8未分割の相続財産の相続分に関する特定財産承継遺言
  ア特定財産承継遺言に関する民法の規定
  イ未分割の相続財産の相続分に関する特定財産承継遺言の文例
  ウ未分割の相続財産の相続分に関する特定財産承継遺言の執行
 9将来取得する予定の財産の特定財産承継遺言
  ア特定財産承継遺言に関する民法の規定
  イ将来取得する予定の財産の特定財産承継遺言の文例
  ウ将来取得する予定の財産の特定財産承継遺言の執行
 10換価清算型の特定財産承継遺言
  ア特定財産承継遺言に関する民法の規定
  イ換価清算型の特定財産承継遺言の文例
  ウ換価清算型の特定財産承継遺言の執行
 11負担付特定財産承継遺言
  ア特定財産承継遺言に関する民法の規定
  イ負担付特定財産承継遺言の文例
  ウ負担付特定財産承継遺言の執行
垢修梁召琉簑E
 1補充遺贈等
  ア補充遺贈等に関する民法の規定
  イ補充遺贈等の文例
  ウ補充遺贈等の執行
 2裾分け遺贈等
  ア裾分け遺贈等に関する民法の規定
  イ裾分け遺贈等の文例
  ウ裾分け遺贈等の執行
 3後継ぎ遺贈等
  ア後継ぎ遺贈等に関する民法の規定
  イ後継ぎ遺贈等の文例
  ウ後継ぎ遺贈等の執行
 4条件付遺贈等
  ア条件付遺贈等に関する民法の規定
  イ条件付遺贈等の文例
  ウ条件付遺贈等の執行
 5期限付遺贈等
  ア期限付遺贈等に関する民法の規定
  イ期限付遺贈等の文例
  ウ期限付遺贈等の執行
[第3章 相続以外の行為]
 軌貳椋眞痛/佑寮瀘
  ア一般財団法人の設立に関する法律の規定
  イ遺言による一般財団法人の設立の文例
  ウ一般財団法人の設立に関する遺言の執行
 彊筝誠託の設定
  ア遺言信託の設定に関する信託法の規定
  イ遺言信託の設定の文例
  ウ遺言信託の設定に関する遺言の執行
 景欷蔚蘯取人の変更
  ア保険金受取人の変更に関する法律の規定
  イ遺言による保険金受取人の変更の文例
  ウ遺言による保険金受取人の変更に関する遺言の執行
 乎作物の実名登録を受けるべき者の指定
  ア著作物の実名登録を受けるべき者の指定に関する法律の規定
  イ著作物の実名登録を受けるべき者の指定の文例
  ウ著作物の実名登録を受けるべき者の指定に関する遺言の執行
[第4章 身分関係行為]
 軌筝税知
  ア遺言認知に関する民法の規定
  イ遺言認知の文例
  ウ遺言認知に関する遺言の執行
 玉だ年後見人の指定
  ア未成年後見人の指定に関する民法の規定
  イ未成年後見人の指定の文例
  ウ未成年後見人の指定に関する遺言の執行
 刑盪佐浜のみの未成年後見人の指定
  ア財産管理のみの未成年後見人の指定に関する民法の規定
  イ財産管理のみの未成年後見人の指定の文例
  ウ財産管理のみの未成年後見人の指定に関する遺言の執行
 弧だ年後見監督人の指定
  ア未成年後見監督人の指定に関する民法の規定
  イ未成年後見監督人の指定の文例
  ウ未成年後見監督人の指定に関する遺言の執行
 杭怎承継者の指定
  ア祭祀承継者の指定に関する民法の規定
  イ祭祀承継者の指定の文例
  ウ祭祀承継者の指定に関する遺言の執行
[第5章 遺言執行行為]
軌筝声更埃圓了慊
 1遺言執行者の指定
  ア遺言執行者の指定に関する民法の規定
  イ遺言執行者の指定の文例
 2遺言執行者の指定の委託
  ア遺言執行者の指定の委託に関する民法の規定
  イ遺言執行者の指定の委託の文例
尭団蟶盪詐儀儖筝世亮更塋法の特則
  ア特定財産承継遺言の執行方法に関する民法の規定
  イ特定財産承継遺言の執行方法の特則の文例
薫筝声更埃圓良任権の制限
  ア遺言執行者の復任権に関する民法の規定
  イ遺言執行者の復任権の制限の文例
鍵筝声更埃圓複数ある場合の任務の執行
  ア遺言執行者が複数ある場合の任務の執行に関する民法の規定
  イ遺言執行者が複数ある場合の任務の執行の文例
弘筝声更埃圓諒鷭
  ア遺言執行者の報酬に関する民法の規定
  イ遺言執行者の報酬の文例
   
   事項索引/判例索引

Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.