青林書院




近刊情報


コンメンタール家事事件手続法


コンメンタール家事事件手続法
編・著者秋武憲一・片岡武 編著
発行年月2021年10月
ISBN978-4-417-01822-3
税込価格7,590円(本体価格:6,900円)
在庫印刷中
  
印刷中です

■解説
第鬼 第1条〜第158条
<家事事件の実務家による,家事事件の実務に携わる人たちのための解説書>
●家事事件を担当し家事法を適用した裁判実務家による逐条解説書
●条文の解釈だけではなく,実務で当面する課題や問題点についても明快に解説
●家事事件の実務に携わる者必携!


はしがき
 本書は,家事事件の実務家が家事事件手続法を逐条解説したもの(コンメンタール
)である。
 家事事件手続法の解説書には,すでに立法に携わった人たちによるもの,家事事件
の研究者を中心とした人たちによるものなどいろいろ公刊されている。
 本書の特色は,解説者が実際に家事事件を担当し,家事事件手続法を適用した裁判
官(現又は元)であること,想定する読者が家事事件の実務に携わる人たちであるこ
とにある。つまり,本書は,家事事件の実務家による,家事事件の実務に携わる人た
ちのための家事事件手続法の解説書である。
 法律の紛争解決機能は,具体的事件に法律を適用することでなしとげられる。法律
の適用は,その立法趣旨,つまり,どのような目的で立法されたのか,どのような制
度であるかを知らなければならない。そのためには,我が国のみならず,各国におけ
る同趣旨の制度とその来歴,解釈・運用の実際等を知る必要もある。
 他方,家事事件手続法は,民法等の実体法が定めた内容を実現するための手続を定
めた法律(手続法)であるから,これを適用するについては,実体法の立法や制度の
趣旨等をも理解しなければならない。
 本書の執筆者は,全員が家庭裁判所において,裁判官として家事事件を担当し,家
事事件手続法を適用している。実務家は,担当事件について,事案ごとに,事実を認
定し,適用する法律,適用した結果の具体的妥当性と一般的普遍性を検討する。これ
は容易ではない。そのため,ときに悩み,苦しむ。しかし,実務家がこうしたことを
繰り返すことで次第に実務ができあがるのである。
 本書においては,家事事件の実務家が,条文の解釈だけではなく,実務において当
面する課題や問題点をも含めて解説するようにした。家事事件の実務に携わる人たち
の解釈適用の一助にしてもらいたいからである。その目的が十分果たせたかは自信が
ないが,問題があるとすれば,それは,執筆担当者ではなく,編集担当者の力不足に
よるものである。
 執筆者は,その大半が東京家庭裁判所における執務をしながら執筆した。実務を担
当する者にとって最優先にすべきことは,担当する事件を迅速かつ的確に処理するこ
とである。本書は,こうした状況で,しかも,折からの新型コロナウイルス感染の蔓
延のさなかに執筆したものである。執筆者には,いろいろと苦労,苦心があったもの
と思われる。ここに編集者を代表して執筆者の皆様に感謝と敬意を表する次第である。
 なお,令和3年4月21日に民法等の一部を改正する法律(令和3年法律第24号)
が成立し,同月28日に公布された。これにより民法の一部が改正され,これにともな
って家事事件手続法のうち,相続人の不存在に関する審判事件,相続財産の保全に関
する処分の審判事件,遺産の分割の審判の申立て及び遺産の分割の調停の申立ての取
下げの制限等についての改正がされた。これらについては,改正された旨を明示した
が,詳細な解説はしていないことをお断りする。ちなみに,これに先立って平成30年
7月6日に民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律(平成30年法律第72号)
が成立し,令和元年7月1日から施行されている。本書において改正法と記載してい
るのは,この平成30年法律第72号による改正のことである。
 本書の編集は,東京家庭裁判所で一緒に仕事をして以来,公私ともどもに親しくし
ている岡武弁護士(元東京家庭裁判所部総括裁判官)とともに行った。岡武弁護士は,
多忙であるにもかかわらず,執筆担当者の選定,全体の構成及び内容等の検討を担当
してくれた。大いに助けられ,また,励まされた。心からの感謝を申し上げる。
 同じく,東京家庭裁判所以来,家事事件の実務についての相談相手となってくれて
いる七尾聡書記官(元東京家庭裁判所家事首席書記官)には,同裁判所の総務課の皆
さんととともに統計数値をまとめていただいた。大変な作業であったと思われる。感
謝申し上げる。
 最後になったが,本書ができあがるについては,株式会社青林書院の長島晴美氏に
多大なる尽力を賜り,苦労をおかけした。氏の励まし,尽力がなければ,執筆者が多
数であり,しかも,コロナ禍の下での本書の出版はできなかった。心から感謝申し上
げる次第である。
  令和3年7月
編集者代表   秋武 憲一


編著者
秋武憲一:山梨学院大学法学部客員教授(元仙台家庭裁判所長)
片岡 武:弁護士(元東京家庭裁判所判事)

執筆者
(執筆順)
蘯菴人子:千葉地方裁判所判事
近藤ルミ子:弁護士(元東京家庭裁判所所長代行)
平城 恭子:東京地方裁判所判事
草野 真人:仙台家庭裁判所長
國分 隆文:東京地方裁判所判事
下澤 良太:東京地方裁判所判事
細矢  郁:東京家庭裁判所判事
松谷 佳樹:静岡地方・家庭裁判所浜松支部長判事
浅岡千香子:宇都宮地方裁判所判事
村井みわ子:横浜地方・家庭裁判所川崎支部判事
島田壮一郎:熊本家庭裁判所八代支部判事補
眈譟‖臙蓮大阪地方裁判所岸和田支部判事
渡辺 健一:札幌高等裁判所判事
吉田純一郎:東京高等裁判所判事
大島 淳司:元東京家庭裁判所判事
藤枝 祐人:静岡家庭・地方裁判所判事補
中井 彩子:裁判所職員総合研修所教官
楠 真由子:松山地方裁判所判事補
小西 俊輔:札幌地方裁判所判事
香川 礼子:横浜地方裁判所判事
山田 一哉:東京地方裁判所判事
水野 有子:広島家庭裁判所長
田野倉真也:東京地方裁判所判事
數間  薫:水戸地方・家庭裁判所麻生支部判事
關 隆太郎:東京地方裁判所判事
神野 律子:東京高等裁判所判事
山城  司:長野地方・家庭裁判所松本支部長判事
寺田さや子:松山地方裁判所判事
(2021年6月末日現在)



コンメンタール家事事件手続法


コンメンタール家事事件手続法
編・著者秋武憲一・片岡武 編著
発行年月2021年10月
ISBN978-4-417-01823-0
税込価格8,250円(本体価格:7,500円)
在庫印刷中
  
印刷中です

■解説
第挟 第159条〜第293条
<家事事件の実務家による,家事事件の実務に携わる人たちのための解説書>
●家事事件を担当し家事法を適用した裁判実務家による逐条解説書
●条文の解釈だけではなく,実務で当面する課題や問題点についても明快に解説
●家事事件の実務に携わる者必携!


はしがき
 本書は,家事事件の実務家が家事事件手続法を逐条解説したもの(コンメンタール
)である。
 家事事件手続法の解説書には,すでに立法に携わった人たちによるもの,家事事件
の研究者を中心とした人たちによるものなどいろいろ公刊されている。
 本書の特色は,解説者が実際に家事事件を担当し,家事事件手続法を適用した裁判
官(現又は元)であること,想定する読者が家事事件の実務に携わる人たちであるこ
とにある。つまり,本書は,家事事件の実務家による,家事事件の実務に携わる人た
ちのための家事事件手続法の解説書である。
 法律の紛争解決機能は,具体的事件に法律を適用することでなしとげられる。法律
の適用は,その立法趣旨,つまり,どのような目的で立法されたのか,どのような制
度であるかを知らなければならない。そのためには,我が国のみならず,各国におけ
る同趣旨の制度とその来歴,解釈・運用の実際等を知る必要もある。
 他方,家事事件手続法は,民法等の実体法が定めた内容を実現するための手続を定
めた法律(手続法)であるから,これを適用するについては,実体法の立法や制度の
趣旨等をも理解しなければならない。
 本書の執筆者は,全員が家庭裁判所において,裁判官として家事事件を担当し,家
事事件手続法を適用している。実務家は,担当事件について,事案ごとに,事実を認
定し,適用する法律,適用した結果の具体的妥当性と一般的普遍性を検討する。これ
は容易ではない。そのため,ときに悩み,苦しむ。しかし,実務家がこうしたことを
繰り返すことで次第に実務ができあがるのである。
 本書においては,家事事件の実務家が,条文の解釈だけではなく,実務において当
面する課題や問題点をも含めて解説するようにした。家事事件の実務に携わる人たち
の解釈適用の一助にしてもらいたいからである。その目的が十分果たせたかは自信が
ないが,問題があるとすれば,それは,執筆担当者ではなく,編集担当者の力不足に
よるものである。
 執筆者は,その大半が東京家庭裁判所における執務をしながら執筆した。実務を担
当する者にとって最優先にすべきことは,担当する事件を迅速かつ的確に処理するこ
とである。本書は,こうした状況で,しかも,折からの新型コロナウイルス感染の蔓
延のさなかに執筆したものである。執筆者には,いろいろと苦労,苦心があったもの
と思われる。ここに編集者を代表して執筆者の皆様に感謝と敬意を表する次第である。
 なお,令和3年4月21日に民法等の一部を改正する法律(令和3年法律第24号)
が成立し,同月28日に公布された。これにより民法の一部が改正され,これにともな
って家事事件手続法のうち,相続人の不存在に関する審判事件,相続財産の保全に関
する処分の審判事件,遺産の分割の審判の申立て及び遺産の分割の調停の申立ての取
下げの制限等についての改正がされた。これらについては,改正された旨を明示した
が,詳細な解説はしていないことをお断りする。ちなみに,これに先立って平成30年
7月6日に民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律(平成30年法律第72号)
が成立し,令和元年7月1日から施行されている。本書において改正法と記載してい
るのは,この平成30年法律第72号による改正のことである。
 本書の編集は,東京家庭裁判所で一緒に仕事をして以来,公私ともどもに親しくし
ている岡武弁護士(元東京家庭裁判所部総括裁判官)とともに行った。岡武弁護士は,
多忙であるにもかかわらず,執筆担当者の選定,全体の構成及び内容等の検討を担当
してくれた。大いに助けられ,また,励まされた。心からの感謝を申し上げる。
 同じく,東京家庭裁判所以来,家事事件の実務についての相談相手となってくれて
いる七尾聡書記官(元東京家庭裁判所家事首席書記官)には,同裁判所の総務課の皆
さんととともに統計数値をまとめていただいた。大変な作業であったと思われる。感
謝申し上げる。
 最後になったが,本書ができあがるについては,株式会社青林書院の長島晴美氏に
多大なる尽力を賜り,苦労をおかけした。氏の励まし,尽力がなければ,執筆者が多
数であり,しかも,コロナ禍の下での本書の出版はできなかった。心から感謝申し上
げる次第である。
  令和3年7月
編集者代表   秋武 憲一


編著者
秋武憲一:山梨学院大学法学部客員教授(元仙台家庭裁判所長)
片岡 武:弁護士(元東京家庭裁判所判事)

執筆者
(執筆順)
蘯菴人子:千葉地方裁判所判事
近藤ルミ子:弁護士(元東京家庭裁判所所長代行)
平城 恭子:東京地方裁判所判事
草野 真人:仙台家庭裁判所長
國分 隆文:東京地方裁判所判事
下澤 良太:東京地方裁判所判事
細矢  郁:東京家庭裁判所判事
松谷 佳樹:静岡地方・家庭裁判所浜松支部長判事
浅岡千香子:宇都宮地方裁判所判事
村井みわ子:横浜地方・家庭裁判所川崎支部判事
島田壮一郎:熊本家庭裁判所八代支部判事補
眈譟‖臙蓮大阪地方裁判所岸和田支部判事
渡辺 健一:札幌高等裁判所判事
吉田純一郎:東京高等裁判所判事
大島 淳司:元東京家庭裁判所判事
藤枝 祐人:静岡家庭・地方裁判所判事補
中井 彩子:裁判所職員総合研修所教官
楠 真由子:松山地方裁判所判事補
小西 俊輔:札幌地方裁判所判事
香川 礼子:横浜地方裁判所判事
山田 一哉:東京地方裁判所判事
水野 有子:広島家庭裁判所長
田野倉真也:東京地方裁判所判事
數間  薫:水戸地方・家庭裁判所麻生支部判事
關 隆太郎:東京地方裁判所判事
神野 律子:東京高等裁判所判事
山城  司:長野地方・家庭裁判所松本支部長判事
寺田さや子:松山地方裁判所判事
(2021年6月末日現在)




Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.