青林書院




近刊情報


白熱・刑事事実認定 -冤罪防止のハンドブック-


白熱・刑事事実認定 -冤罪防止のハンドブック-
編・著者門野 博 著
発行年月2017年9月
ISBN978-4-417-01720-2
税込価格3,888円(本体価格:3,600円)
在庫印刷中
  
印刷中です

■解説
難解な“刑事事実認定”を分かりやすく伝える1冊!
冤罪の絶滅を願うすべての人の必読書!


門野 博: 弁護士(弁護士法人 りべるて・えがりて法律事務所)


はしがき
刑事事実認定は難しいといわれますが,若手の弁護士をはじめ,刑事事件
に意欲を持って取り組もうとされている法曹の皆様に,それを分かりやすく
伝えたいと願い本書を著しました。刑事事実認定に関しては,いろいろなタ
イプの書物が出されています。
 しかし,専門分野の先生方の書かれた論文はかなりの知識を持った方々で
も,読みこなすのは容易ではないように感じられます。具体的な事件のレポ
ートも大いに有用なのですが基礎的な知識がないと十分な理解にはなかなか
いたりません。また,あまりにも,まっとうすぎて,一から読み進めるには,
かなりの忍耐力を要するものもあります。そこで,事実認定に興味を持ち,
それを実践に役立てようとしている方々に,わくわくするような新鮮な気持
ちで読み進んでいただき,読み終えたときには,オールラウンドの基礎知識
が身につき,知らず知らずに,事実認定の何たるか,真髄みたいなものが伝
わっているようなそんな本が書けないかと考えました。私の,力の限界もあ
り,とても看板どおりのものができているとはいえませんが,どこまで成功
しているか,その最終結論はこの本を手に取ってくださった皆様のご判断に
お任せするほかありません。
 本書の副題(サブタイトル)を,「冤罪防止のハンドブック」としました。
言わずもがなですが,冤罪防止は刑事司法・刑事裁判の最重要の課題と言っ
ても決して言い過ぎではありません。今日,冤罪防止のためにいろいろな方
策が考えられてきています。
 しかし,私がこの本で,めざしたのは,本書を読んでくださった皆様に,
冤罪防止のための法律知識をより豊富に,そしてより確実にしていただいて,
それを,実際の実務でしっかりと活用していただきたいということに尽きま
す。冤罪発生の原因が分かり,それを防ぐための諸方策をいくら理解したと
しても,その実践の場において,それに立ち向かうときに,法律知識が不十
分であれば,それはとうていかないません。地道ではありますが,基礎知識
の重要性を大いに強調したいと思います。本書は,事実認定に関する
ものであり,基礎知識といっても事実認定に関係するものにとどまりますが,
少しでも,冤罪防止という大目標に貢献できれば,それに勝る喜びはありま
せん。
 以上のような本書の目的から,その構成には,多少の工夫を凝らしていま
す。その点に関しては,次頁の「本書の構成と活用法」で説明していますの
で,これを最初にお目とおしいただければと思います。それでは,皆様のご
奮闘をお祈りいたします。
 
 平成29年9月
 門野 博 
 


交通事故物的損害の認定の実際〔改訂版〕


交通事故物的損害の認定の実際〔改訂版〕
編・著者園部 厚 著
発行年月2017年09月
ISBN978-4-417-01725-7
税込価格3,564円(本体価格:3,300 円)
在庫印刷中
  
印刷中です

■解説
●物損はいかに認定・判断されているのか?
裁判官が,弁護士費用補償特約付自動車保険の普及で増加し様々な論点
がある物損被害の損害賠償請求事件の裁判例について,争点項目を細分
化して,よりわかりやすく整理。
最新裁判例を加えますます充実した,交通事故事件に携わる者に有用な1冊!


執筆者紹介
園部 厚:東京簡易裁判所判事


はしがき
 近年,自動車保険における弁護士費用補償特約の普及により,裁判所の交通
損害賠償請求訴訟事件が増加している傾向にある。従前は,請求額が余り多く
ない,交通事故の物損被害についての損害賠償に関する紛争については,弁護
士に委任すると,請求額に対して多額の弁護士費用がかかるため,当事者の意
図するような結果での紛争解決ができなくても,訴訟提起がなされることはな
かったのではないかと思われる。そのような物損被害についての損害賠償に関
する紛争が,弁護士費用補償特約付自動車保険に加入していたことにより,訴
訟提起時になんらの負担をすることなく,弁護士を代理人として訴訟提起がで
きるため,物損被害についての損害賠償請求の訴訟事件が増加している傾向に
あるようである。最近では,修理費等の請求額が十万円に満たない物損被害の
損害賠償請求事件も弁護士代理人付で訴訟提起されることも珍しくない。そし
て,そのような交通事故における物損被害についての損害賠償請求訴訟事件が
増加している中,そのような事件の当事者が,様々な請求・主張をし,様々な
論点が生じており,事件の審理時間も従前より長くなっており,最終的に自己
の主張について妥協をすることなく,判決で終了する事件も増えているとの指
摘もある。
 そのような状況の中,交通事故の物損被害についての裁判例を整理し,物
損について争いがあるものについて,その内容ごとに整理し,どのように認
定し,判断をしているかについて,まとめたものがあれば,物損被害につい
ての損害賠償請求訴訟の問題点を的確に把握し,事件を適正かつ迅速に処理
することに役立つのではないかと思い,本書を作成することとした。
 本書が,交通事故の物損被害についての損害賠償請求事件に携わる者にと
って,有用のものとなり,交通事故の物損被害についての損害賠償請求事件
の適切かつ迅速な処理に役立つものとなれば幸いである。

  平成27年6月
  園部 厚



Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.