青林書院




近刊情報


個人情報保護法の法律相談


最新青林法律相談


個人情報保護法の法律相談
編・著者三宅 弘・小町谷 育子 著
発行年月2017年06月
ISBN978-4-417-01715-8
税込価格5,400円(本体価格:5,000円)
在庫印刷中
  
印刷中です

■解説
●改正された個人情報保護法を1冊で早わかり!!
●匿名加工情報,要配慮個人情報,国境を超えるデータ提供,名簿業者に対する規制など の新設規定を詳述。既存の条文も丁寧に解説し,施行令・規則・ガイドラインを網羅。
●2015年改正法の全面施行に対応!


はしがき
個人情報の保護に関する法律の改正法(以下「個人情報保護法」といいます)が,2017年5月30日に全面施行されました。2003年に制定されて以降,初めての改正です。
 改正法の狙いの一つは,パーソナルデータの利活用の促進です。個人情報の定義に個人識別符号を新設し,個人情報に該当するか否かを明確化するとともに,特定の個人の識別を低減した匿名加工情報という新しい類型を設けて個人情報から除外することにより,グレーゾーンをなくすことが意図されています。
 もっとも,個人情報保護法の目的は,本人の権利利益の保護が主目的であることに変わりはありません。改正法は,要配慮個人情報というカテゴリーを設け,その利活用に制限を加えています。名簿業者等による不正な第三者提供を抑止するために,確認及び記録の作成・保存の規定や個人情報データベース等不正提供罪も新設されました。解釈上誤解が生じていた開示・訂正・利用停止については,個人の請求権であることが文言上明示されました。本人の権利利益の保護に関わる相応の改正もなされています。 
 また,改正法は,個人情報保護法の執行体制を強化しました。マイナンバーを監督する特定個人情報保護委員会が改組され,独立の第三者機関である個人情報保護委員会が誕生し,個人情報取扱事業者による個人情報等の取扱いの監督は,主務大臣から同委員会に移りました。従来,他国にあるようなプライバシーや個人情報を保護する専門機関が,日本に存在しないことが問題になっていましたが体制が整いました。今後は,新たに設置されたこの個人情報保護委員会がその権限を十全に発揮し,本来の役割を果たしているか否かを注視する必要があります。なお,民間事業者の自主性を尊重する個人情報の保護の枠組みに変更はなく,認定個人情報保護団体はこれまで以上の役割を担うことを期待されています。
 さらに,改正法は,国際的な動向との整合性にも配慮をしています。一定の外国の事業者に個人情報保護法を適用し,併せて外国の第三者に対する個人データの提供が制限されました。個人情報保護委員会が外国の執行機関と協力する規定も設けられています。上述した各種の条文を含め,全体的に個人情報保護の水準を国際的なものへと引き上げる意向が見られます。改正法が,全体として国際的な水準を満たしているか否か,とりわけEUの個人データ保護法制と合致するか否かの検証は,今後の実務に委ねられることになります。
 本書は,以上の改正法の解説に焦点を置きつつも,改正前から存在する既存の条項についても丁寧に記述しました。施行令,規則及びガイドラインもできる限り網羅しています。改正前には,個人情報保護法の適用から除外されていた小規模事業者が,本格的な個人情報保護の対策を講じるための手引きとなれば幸いです。
 本書には,『個人情報保護法 逐条分析と展望』(青林書院,2003年)の逐条解説(小町谷執筆部分)の一部を再掲し,改正法に応じて加筆し執筆している箇所があります。新しい本に生まれ変わる中で,法律相談シリーズに仲間入りさせていただく形になりました。
 改正法の施行後に生じる課題や解釈上の問題点などについては,改訂の機会があれば加筆していく予定でおります。
 最後に,出版事情の厳しい中,本書の刊行に向けてご尽力いただいた青林書院編集部の森敦氏に厚く御礼申し上げます。
 2017年6月
 三宅 弘・小町谷育子


著者紹介
三宅  弘:弁護士・獨協大学特任教授
小町谷 育子:弁護士・ニューヨーク州弁護士



ケースから読み解く少年事件 -実務の技-


ケースから読み解く少年事件 -実務の技-
編・著者河原 俊也 編著
発行年月2017年06月
ISBN978-4-417-01714-1
税込価格4,536円(本体価格:4,200円)
在庫印刷中
  
印刷中です

■解説
 現在の少年事件実務家の知恵と技法!
◆少年事件担当の裁判官や調査官、少年矯正・保護担当者が執筆!
◆ひとつのストーリーを軸とした解説!
◆調査官はどのような点に留意して調査をするのか? 裁判官はどの
 ような事実を重視し て事実を認定し処遇を選択するのか? 少年
 矯正・保護担当者はどのような教育的働き 掛けを行い、少年を更
 生するのか?・・・
 外からは見えにくい少年事件の実際と実情を分かりやすく詳解!


はしがき
1 現に少年事件を担当している裁判官らによる事件処理の知恵,技
 本書の特色を一つだけ言うとすれば上記に尽きる。少年法については,
文献略語に掲げたものなど,優れた体系書や注釈書のほか,手続の流
 れに沿った解説書も多数公刊されている。しかし,本書は,執筆者で
 ある裁判官や家庭裁判所調査官が,いずれも大規模ないし中規模の家
 庭裁判所において現に少年事件を担当している者ばかりである点に特
 色がある。内容を見ても,特段目新しいものはないかもしれないが,
 現時点での標準的な少年事件処理に関する実務の知恵なり技を示すこ
 とができたと自負している。「私が何も新しいことを言わなかったな
 どと,言ってほしくない。素材の配置が新しいではないか。ジュ・ド
 ・ポーム(注:テニスの前身となった球技)をするときは,両方のプ
 レイヤーとも同じ球を使うが,一方がよりよい場所に球を打つ。」
 (パスカル『パンセ(中)』塩川徹也訳(岩波書店,2015)395頁)
 とまで言うのは言い過ぎだろうか。ともあれ,初めて少年事件を担当
 する裁判官,弁護士,あるいは少年法を勉強する法科大学院生などに
 とって,少年事件の実務ひいては少年法を理解する際の手掛かりにな
 れば幸いである。もちろん,少年事件を相応に経験,研究されている
 方も利用していただければ,編集者としてこれ以上の喜びはない。

2 ケースを基にした解説
  本書では,少年事件手続の一般的な解説に加えて,ケースの事件
 (特殊詐欺の現金受取役をした年長少年〔さしたる前歴を有しない。〕
 が詐欺の故意を否認するという,事実認定上も処遇選択上も相応に悩
 ましい事件である。最近比較的多く見られる。)が家庭裁判所に係属
 した後,調査官はどのような点に留意して調査するのか,裁判官はど
 のような事実を重視して事実を認定し,処遇を選択するのかという点
 にも重きを置いて解説している。また,家庭裁判所での審判後,少年
 院,保護観察での教育的措置などを受けながら,非行少年が健全な人
 間に戻っていく過程についても,少年矯正,少年保護担当者による解
 説を掲載している。すなわち,ケースのA少年が非行に及んだ後,家
 庭裁判所での調査,審判,少年院での矯正教育,そして保護観察とい
 う手続の流れでどのように更生していくのかを示している。架空の事
 例とはいえ,一つのストーリーを軸として解説することを通じて,読
 者が具体的なイメージの下,少年事件の実務を理解できるよう工夫し
 たつもりである。さらに,ケース以外でも実務上よくある事件,ある
 いは被害者配慮に関する事項については,別に項目を分けて解説した
 (ただし,在宅事件やぐ犯事件などについては,頁数の制約もあって
 十分に解説することができなかった。)。
 なお,ケースは,少年事件に携わる裁判官らの具体的な思考過程が考
 察できるように,実際の事例を念頭に置きながらも,大幅に脚色,編
 集し,かつ,リアルにしてある。当然,全て架空であることをお断り
 しておきたい。また,解説中,意見にわたる部分は執筆者の私見であ
 る。

3 「知の技法」はしがきから
  平成6年,『知の技法 東京大学教養学部「基礎演習」テキスト』
 が刊行され(小林康夫=船曳建夫編,東京大学出版会),この種の本
 にしてはベストセラーになった。この本のはしがきに以下のとおりの
 記述がある。この本の編集の理念は,むしろ「賞味期間」がせいぜい
 数年であるようなフレッシュな考え方とトピックを集めることにあり
 ました。固定的なスタンダードの確立を目標にしたのではなく(略)
 現在の知の在り方を正直に反映するものであることが企画されていま
 す。技術も技法も時代とともに変化するもので(略)あるからです。
  現在の少年事件処理の「技法」を集めた本書の編集理念についても,
 同じことを述べたい。少年法を始めとする本書で解説されている法律
 については,近時,立法の動きが激しく,今後もその動きが続くと予
 想される。そうであるとするならば,法改正やその背後にある国民の
 意識の変化などにつれて,本書で解説されている実務の在り方も変化
 していかざるを得ない。『知の技法』が平成10年に『新・知の技法』
 としてヴァージョンアップされたのに倣って,本書もいずれ改訂され
 ることを期待している。
  本書の作成に当たって,青林書院編集部の長島晴美さん,前任者の
 高橋広範さんには大変お世話になった。また,執務ご多忙の中,短期
 間で迅速に素晴らしい解説を作成していただいた執筆者の皆様にも心
 から感謝申し上げたい。

  平成29年6月
  河原 俊也


編著者
河原 俊也:横浜家庭裁判所少年部部総括判事

執筆者
藤根 桃世:名古屋法務局訟務部付
西田 俊男:前横浜家庭裁判所総括主任家庭裁判所調査官
奥田 哲也:奈良地方・家庭裁判所葛飾支部支部長判事
河畑  勇:東京家庭裁判所少年部判事
伊藤 敏孝:さいたま家庭裁判所少年部部総括判事
池上  弘:静岡家庭裁判所判事補
加藤  学:千葉家庭裁判所少年部部総括判事
等々力 伸司:長野少年鑑別所長
藤原 尚子:法務省矯正局少年矯正課補佐官
押切 久遠:水戸保護観察所長

(執筆・掲載順,肩書きは刊行当時)




Copyright © SEIRIN SHOIN All Rights Reserved.